« 2012年05月 | メイン | 2012年07月 »

2012年06月27日

背筋も凍る非常事態に備える

今回のファーストサーバの障害事件は、他人ごととは考えられないですね。当事者は今も大変な作業に追われている思います。今回のは、単なる接続障害というレベルではなく、バックアップのデータまでも飛んでしまったとかで、想定しうる最悪級の事態(その上をいく事態もある)と言えます。

簡単なホームページ(動的ページのない)なら、データが飛ぼうがサーバーが消えようが、データさえ持っていればどこのサーバーでも数分で再現できますが、CGIやPHP、データベースなどを組み合わせた動的な部分を多く含んでいると、今回のような事態が起きると復旧が大変です。

サーバ側の責任を追求したいところですが、「バックアップは自分でとれ。データが消失しても責任は取らない。」というのは、どこのサーバでも同じで、利用規約にもありますから、「自己責任」というのが基本ですね。で、例に漏れず、これはEストアーでも同じです。「17条の1」参照してください。

さて、そんなことより、運営者としては日頃こまめにバックアップをとっておくこと。それに尽きます。

・顧客データ
・商品データ
・バリエーション
・在庫管理

など

CSVもファイル形式でダウンロードできるものは、定期的にパソコンに落としておきましょう。となると、「全データを1クリックで保存できる」機能が欲しいですね。

あと、「完全に終わりの事態」のためには、ページデータの保存も行なっておきたいところですが、これは、はっきり言って、考えたくもないです。でも、どうしても、それを想定したい場合は、「ウェブサイト保存ソフト」(FTPではDLできないため)などを使って全ページを取得しておくと良いです。

2012年06月25日

“繁盛感”を演出するの3つ方法

お店の前の行列を見ると繁盛感が伝わってくるように、通販ショップの場合も、行列こそ作れませんが、ネットならではの演出法でに繁盛感をかもし出すことができます。勝手に3つピックアップしてみました。他にもあったと思いますが、今思い出せるものだけで。

(1)注文状況のリアルタイム表示

hanjyo.jpg

写真は楽天の人気店の注文状況のリアルタイム表示(最新100件)。何でもない平日の朝9時の段階で注文件数軽く100件を超えております。おそらく売りげも100万円もかるーく超えてそうです。

ショップサーブにも早くこの機能欲しいですね。もちろん、無料サービスとして。ただ、独立型ショップは利益率は高いけど注文数が、モール系に比べ少ないというがあるので、果たして繁盛感の演出になるかどうか!?不安な場合は、目で追えないくらいの高速スクロールでごまかしましょう(笑)


(2)お客様の声リアルタイム表示

こちらはあまり見かけませんが、注文状況同様iframe*を使ってお客様の声を表示させる手法です。お客さんからの声も「賑わってる感」を感じますし、何より安心感や信頼感につながりますね。


(3)スタンバってます表示

ツイッターで質問等を受け付け即回答。個人的に気に入っているのは、以前日経MJで紹介されていたスニーカー専門店だったと思いますが、「ON AIR」表示です。「ON AIR」のときは店長がパソコンの前にいますのでいつでもメール(チャット・メッセージ)、電話(スカイプ)してください。」といった表示です。

on_air.jpg

1、2に関しては自動表示ですが、3は生人間がスタンバイしておかないといけないのでちょっと大変です。でも、信頼感はアップですね。

※ショップサーブでiframeを使う場合、表示させるページはシンプルなものをHTMLソフトで作ってFTPで転送します。

2012年06月08日

無料セミナーで自分のレベル確認

あるコンサルタントがメルマガでこんなことを書かれてました。

「ノウハウ系のセミナーを活用できないのは、受講者のレベルがその域に達していないから。子供の塾でもレベル別にクラス分けされているが、大人のビジネスの世界にクラス分けはない。だから、的外れなセミナーを受けて豚に真珠状態。まずは自分のレベルを知ろう。」(うろ覚えなので引用ではありません。)

確かに、その通りですね。巧く言ってくれました。さすが実力派コンサルタントです。

さて、Eストアーでは、出店を検討している人(個人法人副業問わず)を対象にネットショップ出店無料セミナーを各地で開催しています。ある程度のことを知っている人にはバカバカしいほど初歩的な内容かもしれませんが、「何から始めれば良いの?」といった段階の方は、こういった初級セミナーを受けて、自分が今、どのレベルにいるか確認してみても良いのではないでしょうか。

(例)無料セミナーさえ難しすぎ → 出店とかやめたほうがイイ
(例)全て内容知っている → レベル十分!次のステップへ急げ!

これは、Eストアー以外の出店者向けセミナーでも全然OKですね。ヤフーショッピングも各地で出店セミナーやっているようです。