« 2013年01月 | メイン | 2013年04月 »

2013年03月27日

大捜索の末に

ショップサーブには入荷連絡メールという便利な機能があります。再入荷した商品の在庫数を入力するだけで、登録したお客さんに自動的にメール送信してくれます。

再入荷を待っているお客さんに、ダイレクトにメールするので購入率は抜群で、とても重宝しています。

ところが!

ところがです。

管理画面内で、その入荷連絡のメール・テンプレートを編集しようと思ったら、メールテンプレート編集画面にないじゃないですか。

え~~~~~???

大捜索活動です。

数分間、死に物狂いで探しましたが、発見できず。

仕方なくサポートに電話したら、まだ朝の9時台。

自動音声で「10時過ぎてからかけてこい」ときた。

早起きして損したわ。

結局ヘルプ見たらすぐわかったんですが、、、
(最初に見ろ)

発見場所はなんと「デザイン」のコーナー。

見るも無残な姿で・・・

いやぁ~やられました。

そんなところに隠されていてはわかりません。

メール・テンプレートの編集なんですから、メールテンプレートの編集の画面に置いてくださいよ。

そして、もうひとつ。

「入荷連絡フォームの編集」も「デザインコーナー」ではなく、「ページ編集」のコーナーに置いてください。

「アンケートフォームの編集」はちゃんと「ページ編集」のところにあるじゃないですか。

直感的に操作できる管理画面!

と、自信満々にアピールできるくらいのカイゼンをお願いしておきます。


PS
「お問い合わせフォームの編集」も、なぜか「デザイン」のコーナーにあります。これも「ページ編集」の中じゃないでしょうか?

他にもツッコミどころが出てきそうなのでもうやめときます・・・


2013年03月26日

社長からのメッセージ

Eストアーからのお知らせが届きました。

いかにもメルマガ!という体裁から、落ち着いた雰囲気のニュースレターに変更されて数ヶ月。

一番最後に社長の石村氏からのメッセージがあるじゃないですか。

今さら気づくとは、何と罰当たりな。

しかも、その内容はスゴイ。

今後、ネットショップをどのように運営していこうか悩んでいたところ、その解決策がズバリ書かれておりました。

正直、すっと楽になりました。

さすが業界トップランナー。

過去のニュースレターを引っ張りだして読まなければ・・・

estore.jpeg


さて、他で気になったポイントをピックアップ!

その1 ネットショップ大賞

マタニティーウェアのお店さん。ウェブページのカスタマイズがセンスいい。可愛くてお洒落。洋服屋さんは、センスがあるかないかで勝負がきまりますからね。


その2 写真撮影入門講座

東京や大阪に楽に来られる方、かつ、写真撮影がど下手な方。ネットショップの商品写真はめちゃくちゃ重要です。ヘタクソな写真は「買うな!」と言っているようなもの。

写真がど下手なことに気付いていない人が非常に多いので、まずは、分かる人に見てもらって、ど下手認定を受けたなら勉強しましょう。

ちなみに、私のように、写真撮影ど下手を認めて、自分で撮影することをあきらめるという選択もアリだと思います。餅は餅屋です。がんばりましょう。

2013年03月25日

お届け希望日非表示設定

新しい機能が追加されました。

例えば、土日祝日の出荷が休業日の場合、カート内で設定すれば、休業日をスルーして日程を選べるようになります。今までは、「◯日後から」という設定しかなかったので、より細かく正確に設定できるようになりました。

営業日カレンダーと連動させてくれるとありがたいのですが、連動なしです。ま、営業日と出荷日が別々のケースもあるので、そのほうが汎用性が高いですね。で、今回は機能追加はこれだけです・・・

最近は、このお届け希望日設定の必要性に疑問を感じています。

というのも、世界的に有名なあのオンライン・ブックストアーは、基本的には、希望日を選択する箇所がありません。(選択する場合は有料だったかな?)

さらに、配達希望日は、文字通り、運送会社は「希望扱い」で配達してくれているわけですが、これを、「指定日」と勘違しているお客さんもいるんですよねぇ~

で、何が起きるかというと、

「3月25日に指定したのに届かない!」

というクレームが発生するわけです。

メールで「まだ届きませんが、どうなってますか?」という問合わせなら、親切にお答えすれば済むのですが、やっかいなのがこれ↓

「指定日に届かないからキャンセルだ!(怒)」

これをメールで送ってくれたら事務的に楽に処理できるんですが、こういうのに限って、ご丁寧にお電話を頂戴致します。

「文句は運送会社に言ってくれ!」と言いたいですね。

でも、残念ながら、この日本語は日本語なのにまったく通じません(笑)

2013年03月07日

クレジットカード手数料。実は

ショップサーブのクレジットカード手数料は非常に安くありがたいです。

でも、代引き手数料や銀行振込手数料はお客さん負担にできるのに、なぜか、クレジットの手数料はお店持ち。

「これは納得いかん!」と、思ってきたのですが、最近、考え方を変えました。

「クレジットカードが使えますよ」というのは、ある意味、販促のフレーズですから、クレジットカード手数料は「販促費」という解釈することにしたのです。宣伝広告費でもいいですね。

「借金」と言わずに「キャッシング」と言えば印象が違うように、「手数料」とは言わず「販促費」と言えば気分も違いますからね。

いずれにせよ、

クレジットカード使えないのですか?じゃ買わないです。

というお客さんからのメールがきっかけで、クレジットカード決済の導入を決意したことを、急に思い出したので、とりあえずつぶやいてみました。

その後、クレジットカード決済の導入は、残念ながら、吉と出ております。

それも大吉ですわ。

残念すぎる。