« 2013年05月 | メイン | 2013年07月 »

2013年06月25日

商品ごとに決済方法の設定が可能に

[新着]商品ごとに決済方法を設定できるようになります 8月予定

メーカーや産地直送商品のため代引きを利用できない場合や、発売前の予約販売のため決済方法を限定したい場合など、商品ごとに異なる決済方法を設定したいシーンで活用できます

これ。

待ちましたねぇ~

やっとつきますよ。

家具なんかを売っていると、メーカー直送で「代引きが使えない」というケースが多いんですよね。

その場合、「こちらの商品は代引き不可」なんて書くんですが、たまに、その注意書きを見ていないお客さんが代引きで注文されたりするんですよね。

そうなると、お客さんにメールです。

「代引き使えませんがどうされますか?」という感じで。

もう、これが結構手間。

代金引換は人気決済方法のひとつですから、頻繁に間違われます。

それがなくなるのは非常にありがたいです。


新しいテンプレートがリリースされます 今夏予定

最近のトレンドを意識したデザインで、カスタマイズ性やSEOを考慮したテンプレートを用意しています。テンプレートの一部のHTMLを編集できるようにし、より自由にカスタマイズできるようにする予定です。

これもある意味待ちましたが、今のテンプレートがテンプレートだけに、あまり大きな期待せずに実装を待ちたいと思います。

2013年06月21日

男の浮気心・・・誘惑に負けそう・・・

たまたまショップサーブ(Eストアー)を使ってます。

「こんな機能欲しいな。」

「こんなサービスあればいいのに。」

そんなとき、メイクショップの機能一覧を見ると、ことごとく網羅されてるんですよね~。ぜーんぶあるの。

もう目がハートマークよ。

S社190の機能に対して、メイ◯ショップは525機能ですよ。

浮気したくない理由がないのよ。

せめて半分くらいまで追い上げましょうよ。

隣の芝生が超青く見えて見えて・・・

想像を絶するスカイブルー。

ただ、現実問題、ショップシステムの浮気は、人間界ほどではないにしても、相当なリスクが伴います。ややこしいですね。

ヘタすると死活問題に発展することも・・・

見極めが非常に難しい。

当分妄想で過ごしますが、覚悟を決めた時は早いかも。

いや、遅いです。

S社さん、うかうかしていられませんよ。

いや、うかうかしてていいよ。

2013年06月12日

1点登録したらすぐに開店しよう

気温上昇。

消費活動もほぼMAXになりつつあります。

ザ・書き入れ時でございます。

ブログ書いてるヒマもないほどなんですが、ちょっと一息。

ショップサーブ(Eストアー)申し込みから開店までは1週間くらいでしょうか。

クレジットカードなどの決済関係は後回しにした場合です。

マニュアルにもありますが、まずは商品を1点だけでも登録します。

1点登録できたなら開店してしまいます。

開店した状態でどんどん商品を追加したり、決済関係を充実させて行ったりしていきます。

そうするのが一番効率的なやり方です。

しかも、早く公開することで、遅い場合に比べ集客面でもメリットがあります。

開店したことで、放置Pもしにくくなりますね。

これは、通常のウェブサイトも同様です。

公開して構築。

この4月に新しいサイトを作ろうと手をつけたんですが、「公開していない状態で作業を進めるパターン(全部完成してから公開)」を取ってしまったために、すでに放置Pです・・・

「だからいつも言ってるでしょ・・・」

とにかく、「商品1点登録と開店」まで一気にやってしまうことをおすすめします。

2013年06月04日

屋号口座なら楽天銀行

ショップサーブを利用するなら楽天銀行で口座を開設しておきましょう。

クレジットカードやコンビニ決済で回収した代金の振込口座に指定します。

そうすると振込手数料が無料になります。
(Eストアーからあなたの口座へ振込ときの手数料)

もし、楽天銀行以外の銀行を指定した場合、例えば、毎回420円の振込手数料で、年間5000円弱の費用が発生してしまいます。

でも楽天銀行なら0円なので年間5000円の節約。

個人のお客さんで楽天銀行に口座を持っている人は多いですから、振込用の口座としても使えます。

口座開設はタダです。

書類だけで簡単に開設できます。

ショップ運営は、(1)メインバンク、(2)楽天銀行、(3)ゆうちょ銀行

この3行あれば十分です。

個人的には、(1)、(2)で行きたいですね。

なぜなら、管理が大変だから・・・
(「口座を作りすぎて困った人」談)

今は、ゆうちょから普通の銀行に振込できますから、わざわざゆうちょで作る必要もないですし。

ちなみに、今回は楽天銀行の宣伝ではありません。

単なる節約の手段のご案内です。

節約する気がなければ、他の銀行で全然構いません。