« ネットショップ開業 | メイン | メンテナンス情報 »

2013年09月04日

ネーミングは小林製薬に学べ

新商品の開発時に悩むのがネーミングです。

ネーミングには、そこそこ自信があるんですが、最近の新商品のネーミングは失敗、といかないまでも、「しまった・・・」という、ちょっと後悔を含む感じ。

一応、小林製薬を意識しながら付けたんですが、同社のような突き抜けたネーミングはできませんでした。

TV番組で小林製薬のネーミング会議みたいなのを見たことがありますが、数人でブレストなどをして、最終的には社長が決定する、といった感じだったと思います。

次回は、もう少し人数を増やしてじっくり練りたいと思います。

普段、映画を見て感動することは少ないんですが(というか感動系の映画を観ない)、小林製薬のネーミングには、つくづく感動します。

「チン!してふくだけ」

・・・(涙)

チン!してふくだけで、電子レンジがきれいになるんですよ。

ネーミングに感動して、その機能性にも感動して。

感動の涙で前が見ませんな。

その他、お馴染みにの「洗浄中」シリーズに始まり、「ナイシトール」、「ガスピタン」、「トイレその後に」、「ブレスケア」など名作だらけです。

「トイレその後に」なんて名作中の名作で、ハンカチが手放せません。

「便座除菌クリーナ」なんかは、ネットショップのネーミング方法と全く同じで、まるで喜劇。逆に笑っちゃいます(笑)

次回こそ、はまり過ぎて笑えるようなネーミングを生み出したいと思います。

2012年12月05日

医者いらず

ショップサーブには関係ないのですが、メインのブログの調子が良くないので、こちらに新しいカテゴリを作りました。

題してネーミングのコツ

と言っても、ネーミングのコツやテクニックを紹介するのではなく、巷で見かけたいいネーミングの商品名やサービス名を勝手に載せてしまいます。

良いネーミングか悪いネーミングかの判断基準は個人的な感覚ですが、いけてるネーミングはいい売上を作るであろう(売上に貢献)と思えるものです。逆に、悪いネーミングは売上の足を引っ張る(その名前では売れない)であろうものです。

で、今回は、「◯◯いらず(要らず)」

「医者いらず」と言えば、りんごのことですが、この「いらず(要らず)」をつけると良いネーミングが作れるのではないかと思うのですがいかがでしょうか?

例えば、「税理士いらず」(ソフト名)

これ以上にない、非常に良いネーミングだと思います。

商品名を見ただけでも聞いただけで、説明不要で内容がわかってしまうというすばらしさ。

いろいろ応用ききそうですよね〜メインのキャッチコピーとしても行けそうじゃないですか?

「この□□を使えば◯◯いらず!」

世の中いらないものだらけですから、◯◯に入るものはいくらでもありそうですね。

追伸
税理士いらず・・・ダウンロードのソフトではなく、無料のオンラインサービスならヒットすると思うんですけど、いかがでしょうか。
http://www.z-irazu.jp/