ホーム > ブログ1 > ヤフオク。ますますドル箱状態!

ヤフオク。ますますドル箱状態!

「個人でネットショップを始めたい。でも、難しそう・・・」そんな、ちょっとびびりの方には、ヤフオクがおすすめです。「オークション」とは言いますが、別に1円スタートで出品する必要はなく、定価で販売しても全く問題ありません。ヤフーのプレミアム会員になるだけで始められます。月額たったの月額462円(税抜)(2016年10月現在)です。

現在はネットショップをやっているけど、もともとはヤフオクスタート」という人も多いのです。ヤフオクなら売りたいモノさえあれば3分後にはネット販売ができます。「何人が見たか?」というアクセス数もわかりますし、ウォッチリスト(お気に入り)に登録した人数もわかります。

ライバルが消えた?

実は、自分の業界で、ヤフオクに出しても売れない時期ってのがありました。理由は、他店も同じように大量に出品していて、自分の出品商品が完全に埋もれてしまっていたのです。

ところが、ここ数年、なぜかよく売れだしています。そして、調べて見ると以前はバンバン出品していた同業他店がいなくなっているのです。「これはもしかしてブルーオーシャン?」状態です。ブルーオーシャンとは、文字通り青い海です。レッドオーシャンの逆の意味なのですが、レッドオーシャンがライバルだらけで血みどろになっている海」と言えば、ブルーオーシャンは理解できると思います。

ライバルが消えてしまったのは、おそらく、ここ数年FACEBOOKやTWITTERなど、お店側で運営しないといけないメディアが増えたので、ヤフオクまで手が回らなくなったのではないかと思います。

ヤフオクのやり方

まずは商品写真です。販売する商品の写真を撮ります。最近はスマホのカメラも画質がよくなったので、ぶれのないように明るい場所で撮影します。余計なモノは売り込まないようにしたほうが、商品が良く見えるようになります。

写真さえ用意できれば、次は出品作業です。まずは、出品するカテゴリを選びます。

次は、出品情報の入力です。出品情報の中で一番重要なのはタイトルです。タイトルをどのように書くかで売れるか売れないかが決まります。タイトルに入れるのは、「その商品を探しているだろう人が検索する言葉(=キーワード)」を入れます。

その他価格や期間などを入力し、写真を登録(アップロード)して出品します。出品すると同時にネットに公開されます。モノにもよりますが早い場合は数秒で落札(購入)されることもあります。

商品が落札されたら

出品アイテムが落札されたら、落札した人にたいして、取引メールを送ります。と言っても、自分のメールは使わず、オークション内でメッセージのやり取りをします。

この度は落札ありがとうございました。

横浜市のホニャ・ララ男と申します。
お取引完了までよろしくお願いいたします。

今回の落札額49,980円をかんたん決済にてお支払下さい。
お支払が確認できしだい商品の発送を行います。

それではよろしくお願いいたします。

横浜市白樺区摩周湖1-2-3-6931
ホニャ・ララ男

こんな感じですね。

そして、支払が確認できたら商品の発送です。

梱包して発送するのですが、ネットショップを想定している場合は、丁寧できれいな梱包を心がけます。世の中、几帳面な人から大雑把な人まで、いろいろな性格の人がいますが、大雑把な性格の人の梱包は、ほんと大雑把です(笑)。几帳面な人が受け取ったらガッカリです。

「神経質で几帳面、きれい好き、おしゃれ好きなお客さんが商品を受け取る」くらいのつもりで梱包するとちょうど良いでしょう

史上最悪の梱包

余談ですが、以前、セミナーの音声のCDを購入したことがあります。オークションではないのですが、その梱包方法が史上最悪でした。 写メを撮っておけばよかったと思うほどです。

CDはプラスチックケースに入っていたのですが、プチプチで巻かれぞそのまま茶封筒に入れられていました。 そのせいで、届いたときは茶封筒は破れて中からCDが飛び出しそうでした。

さらに、茶封筒に封をしているのは黒のガムテープです。茶色でも品がないのに、もう、このセンスのなさに呆れました。さらに、宛名も下手くそな手書きです。

「商品はCDの中の音声なので聞けたらよい。」と思うのは大雑把な人です。でも、細かい人は、中身も重要ですが外見も重視します。そもそも、コンサルタントなのに、その辺の意識が低いのはどうかと思います。

売り方はめちゃくちゃうまいのに、肝心のコンサルの品質に疑問を感じますよね。案の定、セミナーの内容は、メルマガで煽ったほど濃くはなく、至って普通の内容でした。売り方は大事ですが、宣伝文句と内容が一致していないと後が続かないですね。

そんなこんなで、毎回話しはそれるのですが、まとめるとヤフオクはジャンルによってはドル箱になっている場合があります。見つけた者勝ちです。

↑ PAGE TOP