« 下代とは | メイン | ロングテールとは »

2007年02月06日

お客さんがメールを見ていない。

迷惑メールの増加で、各プロバイダーも対策を打っているようです。

でも、迷惑メールでないメールまでもフィルターにかかってしまう、という事態がまた起きているようです。したがって、「お客さんにメールをしたのにいっこうに返事がない。」ということが多発しています。

あるお客さん(プロバイダODN)によると、『メール文面に「http://〜」という文字列が入っていると受信しない。』といった設定がされていたとのことです。一方、ノートンというウィルスソフトに関しては「問題なく受信していた。」とのことです。

パソコンの苦手な人がこのようなフィルターを使っていたなら、「重要なメールも永遠に受信しなくなるのでは?」なんて思うのですが、どうなんでしょうか。その辺の通信に関することはよくわからないので、当該企業はしっかりして欲しいですね。

ネットバンキングのセキュリティーを高めたために、「便利なはずのネットバンキングが(三井住友銀行のように)逆に不便になった。」という話に似てるような気もします。皮肉ですね〜。