« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月27日

朝からセカンドライフ・ショック

先日のWBS、本日付の日経MJ一面で特集されていたセカンドライフ

これだけ露出が増えてくると、ついつい試してみたくなるのが人情。

早速、会員になって専用ソフトをダウンロードしたのですが、

あらまあ(・。・)

パソコンのスペック不足のためにソフトが起動できず、という試練に遭ってしまいました。

具体的には、パソコンの中に入っているグラフィックカード(ビデオカード)とやらが、「NvidiaのGeforce graphics cards」か「ATIのRadeon graphics cards」でないと動かないそうです。

この機能のために新しくパソコンを買うのもどうかと思って、いったんあきらめました。
でも、古すぎるパソコンも問題ですな・・・

とは言うものの、このセカンドライフですが、ぱっと見は「オタク系のオンラインゲームか何か?」のように見えます。

でも、実はぜんぜん違っていて、一言で言うと、「3Dのインターネット」という感じでしょうか。
(もちろん、ゲームもある模様。/という風に理解したと思ったら、基本的に「ゲーム」ということらしい・・・)

通常のインターネットは、文字で検索して写真や画像を見たりできます。
基本は文字です。

でも、セカンドライフの場合は、「基本が立体映像」というわけです。

つまり、「ネット上でショッピングをする。」という場合、通常は「文字」検索などをしてホームページに行って文字を読んだり写真を見ます。

一方、セカンドライフの場合は、画面の中に自分の分身を作って、それを歩かせるなり飛ばすなりして、立体的な画像の店舗に足を運ばせる。」という仕組みです。(らしい)

その分身で車の試乗もできるとか。
これはいかにもオタク系ゲームっぽいですが。

ですから、「ネットショップを持つ→ホームぺージを開設」がセカンドライフでは「ネットショップを持つ→立体店舗を作る」となります。

さらに、通常のネットショップは訪問しても、他に誰が来店しているかわかりません。

でも、セカンドライフは分身を来店させるので、他に来ている客が見えてしまいます。しかも、他の来店者と文字で会話(チャット)ができるのです。(ということでしょう。おそらく。)

「この店どうよ。」
「対応悪いらしいで。あのボケ店員。」
「やめとこか。」
「おう。別の店行こうや。」

まるで、リアル店舗のようですが、「すごい可能性を秘めている。」なんて報道されていました。

一応、今後、注目のトピックでしょう。

とは、書いたものの、はっきりその内容はつかめていないので、今回の内容を100%信じないようにご注意。

2007年04月25日

商品写真(画像)のコピー違法?

Q:商品の画像は自分で撮影したものしか使用できないのか?ネット上から同じ商品の画像をコピーしたら法律違反になるのか?

A:著作権のある画像の無断使用は違法です。第三者の作った画像は無断使用しないこと。くれぐれも注意してください。もちろん、著作権フリーの画像の使用は自由です。

ちなみに、商品製造メーカーなどが提供する商品画像を同業他店などが使っている場合、それを拝借すると著作権法違反になるかどうかはわかりませんが、当該店からクレームが来ることがあります。

なぜなら、製造メーカー提供の画像でも、お店側で大きさや解像度の変更、影などの装飾をつけたりなど、多少なりとも加工を加えている場合があるからです。

「うち(店)で苦労して加工した画像を勝手に盗むな。」というわけです。

実は、商品写真以外でも「商品説明文などが盗用された。」などのトラブルは日常茶飯事です。盗用した側は完全に悪者になります。限度を超えていると、訴えられても仕方がないでしょう。

できれば、自店オリジナルの画像を使うべきでしょう。そのほうがメリットも多いですし、堂々と使えます。

商品画像に関しては非常に手間がかかりますが、そこで手を抜いて盗用などすると、後々大変な手間が発生してしまいかねないのです。

悪者にならないようご注意ください。

という内容+αの返信をしたのですが、メルアドがエラーになったようです。
再送はしないので、こちらをご参考に。


2007年04月14日

MT拡張子.phpのエラー対処

MTテンプレート小粋空間を利用し、拡張子.phpを使った場合、

Parse error: parse error, unexpected T_STRING in 〜 on line 1

というエラーが出ます。

理由はよくわかりませんが、index、カテゴリー、エントリー等のテンプレートの一行目を以下の通り書き換えると解決します。

<?xml version="1.0" encoding="<$MTPublishCharset$>"?>

<?php echo '<?xml version="1.0" encoding="<$MTPublishCharset$>"?>'."\n" ?>

「<>」・・・はもちろん半角に変更

2007年04月13日

PHP利用 - 短縮URL超必殺技!

基本的に、短縮URLはネットショップ運営には関係ないでから、アフィリエイトなんかで使ってください。

今回紹介する、必殺技はPHPとtinyURLを使います。
PHPの知識は一切不要です。
コピペだけでOKです。

まず、結果ですが、こんな感じのリンクになります。

http://www.netshop7.com/blog/links/?2aa6ae

リンク先は、WADAXです。

もともとのリンクは以下の通り。

http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?va=2141297&sid=2210067&pid=874635386

■具体的方法

まず、空のメモ帳を用意します。(WINDOWS)
その中に以下の3行をコピペします。

<?php
header( "Location: http://tinyurl.com/".$_SERVER['QUERY_STRING'] );
?>

(「<>」・・・これは半角に戻してください。)

できたファイルに「index.php」とファイル名をつけます。
そして、例えば、「〜/links/」というフォルダを作って、その中へ、この「index.php」を放り込みます。

これで短縮圧縮URLの準備が完了しました。

次は、tinyURLで、長ったらしいアフィリエイトURLを短縮させます。

http://tinyurl.com/2aa6ae

こんな感じですね。

そして、このURLのケツの部分(下線)をコピーします。

http://tinyurl.com/2aa6ae ←この文字列

先ほど作った、自分のURLの後に、半角の「?」をつけて、さらに「2aa6ae」を足します。
すると、最終目的の自サイト内短縮URLになります。

http://www.netshop7.com/blog/links/?2aa6ae

以上です。

とても簡単ですね。
CGIをインストールするまでもなく短縮URLが出来上がります。

ちなみに、ドメイン名が短ければ短いほど、このリンクの長さも短くなります。

(例) http://cgi.vc/?2aa6ae

そして、今回は「index.php」としたので「/?2aa6ae」という形式になりましたが、「links.php?2aa6ae」という形式にしてしまってもOKです。

短縮URLで、アフィリエイト臭さがなくなります。
アフィリエイトなどで使ってみてください。


2007年04月04日

オーバーチュアー対策

シンスポンサードサーチの掲載ガイドライン。

今後、アフィリエイトの場合は、『アフィリエイト』である旨をタイトルまたは説明文に明記する必要があるというガイドラインが適用されます。

“本気の”ネットショップ運営者にとっては非常にありがたいことです。

さらに、サイト所有者の名前、電話番号やメール(問い合わせフォーム)を公開しないといけないので、多くのお気楽アフィリエイターが姿を消すことが期待できそうです。

ついでに、誘導先にポップアップウィンドウ、アンダーウィンドウ、別画面を表示することはできなくなります。

シンスポンサードサーチは、ネットユーザーと広告主とも満足できるようなサービスに近づきます。言い換えれば、ネット情報の信頼性向上につながります。

個人的には大歓迎です。

「よっしゃ、めちゃくちゃしたれ。」

と思っているネットショップオーナーも多いのでは?

今後が楽しみです。