« 2007年04月 | メイン | 2007年06月 »

2007年05月30日

本気のEストアー

サーバーが重いやないかい!

と不満をぶつける一方、Eストアの本気度は十分評価できます。

というのは、ショップサーブは「何もしなくても」人(お客さん)が勝手に集まってくるのです。

ネットショップは作るだけで何もしなければ人は来ません。
つまり、存在しないのと同じこと。

ここで言う「何も」は、集客のためのいろいろな手段のことを指します。
通常、集客するためには広告を出したり、一生懸命SEO対策を行ったりします。

「何もしなくても」というと語弊があるので、簡単に説明します。

(1)ショップを作る。
(2)ショッピングフィードへの出品手続きをしておく。
(*ショッピングフィードとは、簡単に言えば、集客力のあるショッピングモール。ショッピングモールと名が付いていても集客力のないモールも多い。)

これだけで、不思議と人が集まってきます。

つまり、何もしたくない怠惰なショップオーナーに代わって集客をしてくれるわけです。

なんて親切な。

もちろん、商品やサービスが売れたときのみ手数料が発生します。

たかだか5%です。

でも、これにクレジットカードが5%以上なら死刑宣告ですが、ショップサーブは、ご存知激安の3.7%〜。

独自アフィリエイトもそうですが、こういったところで、クレジットカード手数料の安さが生きてきているのです。

ショッピングフィードが代わりに集客、「こんなわがまま状態でいいのだろうか」と不安になってしまう一方、「もっと集めてくれ!」とさらにわがままに拍車がかかりそうです。

本気のネットショップ起業にもかかわらず、「激安レンタルサーバー+無料ショッピングカート」という残念なスタイルを選んでしまった方は、思い切って乗り換えをおすすめします。

2007年05月28日

貧困ネットショップを救う会

貧乏ネットショップから、NPO法人 貧困ネットショップを救う会に報告が寄せられました。

例えば、2007年4月の注文数はたったの7件。売り上げは10万円程度。趣味のアフィリエイトのほうがダンゼン利益が出ているような状況の、大変かわいそうな状況の貧民オーナーさん。

アクセスのとり方は非常に良いのですが、あまりに注文に結びつかないのが長年の悩み。

悩みを通り越して、あきらめモードに入って開き直っていたところ、ふと思いついたキャッチコピーを使ったところ、これまでにない手ごたえがあったとのこと。

確かに、いい感じかも知れないねぇ〜。

ちなみに、ネットショップの報告とデータは本物ですが、(NPO法人)貧困ネットショップを救う会という会は架空の団体です。商売で救われるためには、お金が必要です。

あと、貧困貧乏貧民、本人が使っている言葉。

ネットショップのキャッチコピー


2007年05月27日

商品写真撮影入門

商品写真をうまく撮る方法。
撮影テクニック無料講座?

http://www.rakuten.co.jp/sd/427162/

なるほど。

ネットショップ制作会社裏話

ネットショップも制作し、一般的なホームページも制作、運営代行するある会社の人の話です。

格安で請け負っていたために小さな商店や中小企業からの仕事が中心です。例えば、会社のサイトは1万円〜、ネットショップは5万円〜。そして、更新がある場合は毎月3000円〜1万円程度で管理運営を代行しています。

しかし、ここ数年ブログなども普及もあり、また自分でホームページソフトを使えるようになる人が増えてきたのか、個人商店を中心に「自前でやる」と、解約が相次いでいると言います。

去るものは追わずの姿勢なので、「どうぞどうぞ」と解約を受けて、売り上げも激減し、今では新規の仕事はほとんどない状況です。

ところが、解約されてしまった以前のお客さんのホームページを数ヵ月後、数年後に、興味半分で覗いてみると、自分で管理するどころか、更新もされず古い情報のまま放置され、「ホームページの管理できる急募!」とありました。

しかも、驚いたことに、解約したほとんどのお店や会社が同じような状況にあると言います。

「ホームページの仕組みを理解して、ちょっとした作業をするのは簡単で、誰にでもできることなのですが、それを継続するのには、そういった適性がないと続かないのかも知れませんね。」と言います。

確かに、ネットショップに限らずホームページの更新管理は、細かい作業です。知識の更新もなければ、流れについていけなくなるので、ある程度事情通になっておく必要もあります。

細かいことが苦手、コンピューターはなんとなく苦手、こんな人には向いていない作業、あるいは業種なのかも知れません。

2007年05月20日

個人事業も出店可能に

ヤフーショッピング個人出店大手ショッピングモールyahoo! shoppingと聞くと、「とんでもない!自分にはムリムリ。」なんて思ってしまいそうです。

でも、yahoo! shoppingなら小さな個人事業主でも出店できるようになっています。

実は、出店企業を見てみると、「えぇ〜〜〜?こんなところが出店してるの?大丈夫?」といったような小さな個人や、夫婦でやってそうな零細個人商店までも発見ができます。(パン屋さんなんかは小さなお店が多いですね。)

初心者向けの安い出店プランがあるので、楽天よりもはるかに出店しやすいのでしょう。もちろん、出店は有料なので、「いきなりヤフーは不可能。」という方もいるでしょう。

でも、資料を読んで「ショッピングモールとは一体どんなものなのか?」を知っておくのと知らないのとでは、後に大きく差が出ます。カードの手数料やロイヤリティーの仕組みなんかは、ネットショップオーナーには必須の知識の代表格です。

今すぐ、無料出店資料をゲットしておこう。
行動の早い人は得をする。

2007年05月15日

WADAXはブログもイケルぞ

http://www.netshop7.com/cp-bin/blog/index.php

1クリックで導入。

余計な機能は省いて、非常にシンプルにできているブログなので、店長日記やニュースなどにおすすめ。

2007年05月11日

情報漏えいミスは金がかかる

3月に顧客99名分のメールアドレスをCCで送信して99人に公開してしまったCPI(Servision)から謝罪文とクオカード500円分が送られてきました。

初歩的なミス、クリックたったの1回で額面¥57420(内郵送費¥7920)の出費。

小規模ネットショップでは無駄な大出費となるので、絶対に避けたいことです。

今回のCPIのミスはダイレクトメールをメールソフトのCCで送ってしまった点です。

IT最前線の企業がなぜこのような超初歩的なミスを犯してしまったのかは、ご想像にお任せするとして、とにかくダイレクトメールやメルマガはメールソフト(アウトルック、ベッキー、シュリケン等)で送らない。

このルールを徹底して欲しいと思います。

メールソフトでも、BCCで送れば問題ないのですが、送信数が増えてくると通信面で問題が起きるので、そもそも「メールソフトで」というのを、やめることをおすすめします。

できれば、メルマガCGIや専用ソフトを使ってください。

反面教師の例として挙げておきます。

追伸
クオカードって使ったことがありません。
ギフトカードのほうが良かったです。
でも、図書券でなかったことが幸いです。

2007年05月09日

Yahoo! Shoppingリニューアル

ヤフーショッピングが秋にリニューアルするそうです。

「ブログ感覚で簡単に。」とあるので、管理系がぐっと使いやすくなるのでしょう。
さらに、制限まみれだったレイアウトやデザイン関係もテンプレートが用意されるとのこと。
あとは、自社の在庫データとの連動や検索系もだいぶ使いやすくなるようです。

現状の管理画面等は、お世辞にも「簡単」とは言えないのですが、これをきっかけに一気にユーザーを取り込んで、楽天を追い越すつもりです。(想像)

ふと考えて見ると、国内ダントツNO.1閲覧数の「Yahoo! JAPAN」を持っていながら、ショッピングは楽天に大きく水をあけられてるというのは、Yahoo!の怠慢とも言えるかもしれませんね。

とりあえず、大いに期待しておきましょう。

資料は早めに取り寄せておこう。
(個人事業主も出店可)