« メール間違いのお客さんには返信できない | メイン | 9月30日【特典付】★本日締め切り »

2007年09月29日

仕入れ あります

9月18日ですが、グーグルからご来店。

仕入れに関してはこれ以上特に何もないんですが、いつも思うのは「最初が一番難しい。」ということです。特に、まったく縁もゆかりもない業界に飛び込んだ場合、膨大なネット情報があるにもかかわらず、問屋やメーカーを突き止めるのに、非常に苦労する気がします。

でも、実は、「難しい」と思うのは勘違いで、冷静に振り返ってみると非常に簡単だったりします。つまり、未経験の業界ゆえ、目の前に、自分で勝手に大きなハードルを置いていたことに気づいたりするのです。

いったん業界に入ると、問屋、メーカー、同業者、関連業者などからの情報がわんさか入ってきます。そして、これらの情報はいくらネット検索しても出てきません。ネットの情報はいわば「表」。載らない情報こそ価値がある、といった感じです。

先日の「ホームセンターで、おもしろい商品を見つけたので、メーカー名だけチェックして帰ってきたものの、ネットでは有力情報がまったく得られなかった。」という日記そのものです。(実は、検索結果が3件ほど、しかも会社名しか出てこなかった。何を扱っている会社か?連絡先は?まったく手がかりがなかった。)

良い仕入れは、ネットから離れてオフラインで、つまりアナログな「足」で探してみてはいかがでしょうか。とんでもない商材に出会うかも知れません。

ところで、良い仕入れ先がネットで見つからない理由は幾つかあると思うのですが、そのうちのひとつが、「問屋やメーカーの人材不足」があげられると思います。「ネットに商材を流せば、新規の取引先が見つかる」ということはわかっていても、「それをやる人」がいないのです。「忙しくていない」場合もあれば、「得意な人がいない」場合もあるでしょう。

つい最近、やっとADSL回線を引いた会社がありました。それまで、その会社のネット回線は90年代式で、ヤフーのトップページでさえ、全部表示されるのに1分ぐらいかかるような状態でした。これでは、ネット上で「仕入れ、あります」とも言えないのも、うなづけますね。