« 2008年06月 | メイン | 2008年08月 »

2008年07月31日

GIFアニメーション活用

超初歩的なテクニックです。

ウェブサイトの1ページに掲載できる情報量には制限はありませんが、「見てもらえる情報」となれば限られてきます。

例えば、縦に長いページの下部はあまり見られません。逆にページを開いたときにぱっと目に入ってくる部分、つまり上部はよく見られます。

だから伝えたい情報はできるだけ上部に詰め込みたいわけです。となると、スペース的な制限が出てきます。

そこでGIFアニメーションを使えば、限られたスペースで多くの情報を伝えることができます。

GIFアニメーションを作る無料のソフトは簡単に入手できます。キャッチコピーや説明文などにも活用できます。作るのもとても簡単ですので困ったときにトライしてみてください。

http://homepage3.nifty.com/furumizo/giamd.htm

ネット通販伸び率下落論

原油は当分高値のまま。小麦や大豆に魚介類、その他の原料も高騰を続けています。新聞やニュースでは、それらが原因で消費が冷え込んできていると言います。

過去にも、「景気が減速している。」なんてニュースはよくありましたが、実際そのように感じたり、実感するようなシーンには出くわしたことがありませんでした。ところが、今回は本当っぽいって感じます。

交通量が激減してたり、レジャー関係も超混雑のはずが、そうでもないことが多いのは実感してます。タクシーのドライバーに必ず聞いてますが「車が減った」というのは全員一致です。

今後は一般的な消費活動に広く、じわりじわり影響が出てくる可能性が高いでしょう。そして、なんと、伸びに伸びてきたネット通販が、ついに横ばいか下落に転じる。過去に例を見ない事態が起きるかもしれませんね。こわ〜〜;

ビジネス用パソコン

だいたい「今あるパソコンを使う。」というパターンでしょうが、そのパソコン大丈夫ですか?Windows98とかWindows2000とかじゃないでしょうか。

動けばとりあえずは使えますが、古いパソコンは正直、壊れやすいですね。つい先日も、「人にもらった」というノートパソコンを使い始めた人がいました。

でも、2週間ほどで完全フリーズしてしまって再起不能。幸い肝心のデータはバックアップを取っていたので助かっています。(それにしても、今にも壊れそうなPCを人にあげるというのは不親切)

HP(ヒューレット・パッカード)やレノボ(元IBM)などはビジネスPCとして定評があるのでおすすめできます。

ちなみに、この記事はモバイル用のPanasonicのLet's note(Windows VISTA)から書いていますが、VISTAは非常に使いにくいです。とにかくOSは、Windows XPを選びましょう。早くしないとXPマシンは入手できなくなるかもしれませんね。

遅いけど感心したぞ

今月初旬ソネットのオンラインハガキサービスを使いました。決済はカードで行ったのですが、決済完了画面がエラーになっていたので、「エラーでっせ。」メールを送っておきました。

その後利用していないので修正されたかどうかは知りませんでしたが、今日になって「ご指摘のエラーについて修正が完了した。ありがとう。」というメールが届きました。

その対応の人間味に関心してしまいました。効率化の代名詞のようなアマゾンやヤフーではこのような対応はありえませんね。

おそらく担当スタッフの個人的な判断(バランス感覚)だとは思いますが、そういった人が働く企業は大丈夫なのかもしれません。何が?

ちなみに使っているメールソフトは、Becky!(ver.2.47)でした。

Becky!は定評があるので、アウトルックやアウトルックエクスプレスにうんざりしている人は、乗り換えてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、タレントのベッキーとは関係ありません。

また、メールソフトといえば、JustsystemのShuriken(シュリケン)も有名ですね。

いずれも、OEよりは全然優れています。

2008年07月29日

SGペイメント メンテナンス情報

8月4日 AM1時〜6時、メンテナンスのためサービス停止

・この時間帯カード決済ができません。
・管理画面も使えません。

屋号(会社名)をつけよう

個人事業主として開業するなら屋号をつけましょう。
屋号は会社名みたいなものです。
基本的に何でもOK。

「短くてわかりやすい名前」が良いでしょう。

初めて決めたときは、かなり悩んでなかなか決まりませんでした。

ただ、当時は、効果的なネーミング方法なんてまったく知りませんでしたから、完全に失敗でした。以下の失敗例は参考になると思います。

×「かっこいい」をコンセプトにこだわった。

×英語を使った造語

×通常はローマ字表記

×第三者の多くは理解不能。

×「どーいう意味?」とよく聞かれた。

×文字数が多かった。

つけたときはカッコイイと思ったけど時間が経つとすっかり飽きて、しまいにはカッコウ悪いと思うようになりました。口に出すのも嫌になるほど・・・

考えてみると「×」はすべてネーミングとしては逆効果なんですね・・・積極的に失敗ネーミングをしているところは苦笑です。

2008年07月25日

メールテンプレート送信CGI

今検討中のCGIがあります。
名づけて「問い合わせ対応テンプレート自動送信CGI」

「CGIが人工知能を持っていて、問い合わせの内容を判断して適切なテンプレートを自動送信してくれる。」というような高度なものができれば良いのですが、これは無理。

問い合わせメールが入った場合、そのメール内にいくつかのメール送信用リンクがあります。問い合わせの内容を見て、どのテンプレートを使うか判断していずれかをクリック。1クリックだけでメールを送信するというものです。

メリットは「1クリック」

携帯からでも楽にメール送信ができます。

相当な時短になるはずです。


2008年07月24日

カートに入れると警告が出る

カートに入れると警告が出る

「ショッピングカートに入れる」ボタンを押したときに上のようなアラートがでることがあります。これはヘッダーやフッタの画像をSSLでない状態で表示させようとしている場合に起きます。

例えば、ショッピングカートボタンを押した際、ページは

https://shopping-cart〜〜〜

へ行こうとしているのですが、ヘッダーやフッターの画像は

http://www〜〜〜

の状態のままなので、アラートが出るわけです。

これを回避するには、ヘッダーやフッターなどの画像は、編集画面において「画像挿入」ツールを使って挿入します。そうすることで、通常ページからSSLページへ警告なしでスムーズに移れます。


小さなネットショップのチカラ

日経MJの水曜版を楽しみにしている人も多いと思いますが、最近はわりと小規模なネットショップの記事が多いような気がします。でも、売上は大きくなくても店力というかパワーがあります。「そこまでするか」というのが、これらのショップの共通点になっているように思えます。

銀行口座を開設しよう(いくつ必要?)

銀行口座は、個人事業ですから法人口座は作れません。「銀行口座はいくつ必要か?」という質問も多いですが、二つもあれば十分でしょう。

まずは、定番の楽天銀行

楽天が大嫌いな人も、この銀行は業績もまーまー評判も良く、ウェブバンキングも非常に使いやすいのでおすすめです。

そしてショップサーブ(レンタルの老舗)を利用するなら、楽天銀行の口座を開設しておけば、クレジットカードの売上金の振込手数料が無料になります(これは大きいよ!)。

あと一行は、できれば都市銀行を利用したいところですが、地方銀行でも特に問題はありません(借入の予定がある場合は地元銀行がいい)。もちろん、ウェブバンキングができることが条件です。

ちなみに、楽天銀行は屋号口座が簡単に開設できますが、都市銀行や地方銀行の場合は、窓口に行く必要があります。

振り込み手数料などを節約したい場合は、これもお約束の新生銀行ですが、ゆうちょ銀行同様、屋号口座の開設はできません。

あまり銀行口座が多くなると管理に手間がかかるので、最大3行くらいにとどめたいところ。

2008年07月23日

個人事業主の印鑑(はんこ)


意外に触れられることが少ないのが個人事業主の印鑑(はんこ)。個人事業主の場合は「個人」なんで、「山田」とか「佐藤」といった個人印で問題ないのですが、そこはあえて立派なハンコを作っておかないと・・・

まぁ、立派といっても1500円くらいからあるので、早めに作っておくのがおすすめです。この印鑑そのものは法的な意味ありませんが、事業を行っていくうえで非常に重宝することになる、かも知れません。

HTML生成 新着ニュース用CGI

ブログはやっていない。でも新着ニュースぐらいはアップしておきたい。そんな要望に応えてくれそうなCGIを見つけました。老舗CGI RESCUEさんから。

http://www.rescue.ne.jp/cgi/minibbs22/

新着ニュースCGIもともとは掲示板CGIですが、記事が一覧表示できるうえ、各記事はHTMLファイルが自動生成されますののでお知らせ以外にもメリットがあります。

また、最新記事には「NEW」マークが自動的につきます。しかも、CGIファイル1個という設置は究極の簡単さです。ただし、デザイン等を変更するには自作上級レベルのスキルが必要だと思います。

2008年07月19日

配布再開ということは

64ページにも及ぶ無料冊子。前回即完売。

そこまでは良くわかったんですが、再配布ということは「かなり契約率が高かった!」ということを意味しているんじゃないでしょうか。

ネットショップ開業入門

それにしても、こういう冊子は「売り込み」と感じてしまう人には効果がないんですよね。その点、「売り込み」色が極限までおえられていたのはチャレンジでしたが、良い結果だったようです。

500部”限定”を2回目リリースで1000部。3回目リリースなら、もう「限定」の信用性がなくなるので、3度目はなし。

2008年07月17日

イーモバイルemobileの使用感

イーモバイルどうよ。

とても良いと思います。モバイルはPHSのエアエッジなどしか知らない人にとっては考えられないくらい快適です。ただ、最大7Mと宣伝していますが、実際はその10分の1くらい。

それでも800kbps前後ですから、ウェブサイトを閲覧したりするのには、そんなにストレスは感じませんね。普通です。地域にもよるとは思いますが、500kbps以上出ていれば、とりあえずはウェブなりメールなりは問題なさそうです。

ちなみに、この記事を書いているときの回線も、もちろんイーモバイル。マクドやホテルなどの無線LANを頼らなくても、道端でも田んぼの真ん中でもネットに接続できます。

料金は月額4980円ですからほんと安くりました。後は、もうちょっとスピードアップと、サービスエリアの拡大。そして、2009年には、ソフトバンクがモバイル専用端末を発売、月額2980円でモバイルつなぎ放題のサービスを開始(これは妄想)。

初心者の心得

素直な人ほどうまくいく。

そんな気がします。

例えば、以前にも記事にしましたが「クレジットカード決済の導入時期」について、あるメルマガに書かれていたのですが、「ある程度売れてきてから導入しよう。」という初心者が多いのですが、実はこれが間違いの始まり。

最初から導入しないから「ある程度も売れない。」結果、いつまで経っても売れないので、永遠に導入タイミングがわからない。しかも、そのことになかなか気づかないというオマケ付き。

クレジットカード決済の導入時期のほかにも、ネット通販の開業における様々なことについて、諸先輩方からのたくさんのアドバイスがあります。これをどうするのか。ということですね。

楽天が崖っぷち!?

年に1回買うか買わないかの週刊誌を買いました。信憑性の程度はわかりませんが、とにかくそのキャッチコピーというか興味をそそる見出しにつられてついつい、といった感じです。

建設業界の話を読むと身内のことが心配になったり、利用中の新生銀行もヤバイふうなことがかかれてますし、知らないだけで周りには結構崖っぷちの大企業がごろごろしてるのかもしれません。

IT関連では、楽天がリストラを進めているとかいないとか?たまには、こういった雑誌を読むのも、ちょっぴり刺激になって面白かったです。

http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/

PHPのバージョンを調べる方法

PHPにはバージョンがあって、モノによっては動かないこともあります。「あれ?うちのサーバーのPHPのバージョンは何だっけ?」というとき簡単に調べる方法は以下の通り。

メモ帳に

<?
phpinfo()
?>

※もちろんすべて半角

と3行書いて、「info.php」としてサーバーにアップの後アクセス。だら〜っと英語でインフォメーションが出てきます。その一番上に「PHP VERSION 4.4.4」などと書かれています。

phpのバージョンを調べる方法
2008年07月16日

●はKYなヤツが多いから嫌い

●←とてもじゃないですが公開できない言葉。

orz

日常生活において、また仕事上嫌いな人は0人です。これは幸せです。●は大好きです。でも、特定の状況可で、●とかかわるときはできるだけ避けるようにします。どうしても避けられない場合は、差し障りのないような関わり方をします。かつて何度か●にかかわっていましたが、耐えられず強引に縁を切りました。

●の正体がわかる方はとても勘がいいか、同じように思ってる人かも!?

以上、独り言。

カード決済の取り消し

クレジットカード決済の取り消し方法クレジットカード手数料が業界最安レベルのショップサーブ2。手数料が安いからといって品質が低いわけではありません。むしろありがたいことばかり。

例えば、カード決済において、「売上請求」ボタンを押した後に注文がキャンセルとなった場合、Eストアーに連絡すれば手続きを行ってくれます。(14日以内)

「それって普通?」と言いたいところですが、SGペイメントの場合は「取り消して続き用の書類を自分で作成して郵送」するという、とてつもない面倒な作業を行う必要があります(写真)。5%の手数料を払った上、この労働ですから、ショップサーブ2がいかにお得かわかると思います。

ちなみに、「売上請求」ボタンを押してない状態での注文キャンセルの場合は、ゴミ箱へ入れるだけで完了です。引き落としされることなく与信(オーソリ)は取り消されます。

CMSを選ぶ際は、「このような事務的な作業がどうなのか。」というのは非常に重要なポイントです。でも、そこまで細かく説明してくれているCMSは、ほとんどないのではないでしょか。

コピペ撲滅したい人向け

コピペ(コピー&ペースト)をしない日はないのではないでしょうか。

以下のツールもコピペには変りありませんが、「コピーの作業」はクリック1回に減らすことができます。メール以外のシーンなどで活躍するかもしれません。

http://myako.net/java2/hp/

仕組み:テキストエリアにあらかじめコピーするテキストを入力しておいてフォームボタンを押せば、クリップボードにコピーできます。後はペースト(Ctrl+V)。

大人気でも万能ではない

当サイトでは、少なくとも1週間に1件の申込があるほど、本気派には定番のショップサーブ2ですが、万能ではないのでちょこっと注意しておきたいところ。

例えば、納品書や請求書印刷はウェブ上から簡単にできます。でも、発送する商品に貼る送り状(配送伝票)の印刷はできません。

配送伝票の印刷をするには、まず、(1)印刷用のプリンターと(2)印刷用専用ソフト(ヤマト運輸B2[無料]やその他のソフト[有料])が必要です。

印刷の方法は、管理画面からその日発送するデータを「CSVファイル」としていったんパソコン上に取り出します。このCSVファイルを印刷ソフトに取り込んでプリンターで印刷。

ヤマト運輸のB2は「レーザープリンター」などで印刷可能ですが、同じヤマト運輸でも「複写式」の配送伝票に印刷するなら「ドットインパクトプリンター」が必要です。

2008年07月15日

CGIを開発する場合

CGIを新規で開発する場合、プログラミングを勉強する必要は一切ありません。必要なのは、CGIでどういったことができるか、という細かい知識だけです。

例えば、HTMLを生成することもできますし、特定のhtmlファイルをウェブ上から編集することもできます。「メールに写真を添付して商品情報といっしょに送信するだけで、商品ページが1ページできあがる。」なんてことも朝飯前(CGIにとっては)

そして、今日、ひとつ新しいことを知りました。トップページの人気ランキングなどを編集したい場合、「SSIやインラインフレーム、あるいはJavaScriptなどを使って表示させる。」というのが一般的に思えます。

ところが、こんなこともできるそうです。

(1) CGIでランキングのHTMLをCGIで作る

(2) 表示させたいファイルをCGIに取り込む

(3) ランキングHTMLと表示用ファイルを合成

(4) 更新(トップページなど)

すべてウェブ上で行えるので、便利なのは間違いないですね。

クロネコ送り状発行ソフトB2

クロネコB2個人事業主や法人利用限定のヤマト運輸の送り状発行ソフトB2をインストールしてみました。VISTAやXPのSP1にはインストールできないそうです。というわけでSP2マシンにインストール。

インストールするのに30分くらい。パソコンがフリーズしてるんではないかと思うような状態もしばしば。でも、何とか完了。ちなみに、スペックがよければ10分ぐらいらしいです。

まーまー直感的に使えそうなつくりでしたが、、、メニュー画面に戻ろうとするたびに以下のアラート。

b17.jpg

いちいち出てきてパソコンを壊しそうになったので終了。また、ヒマなときに触ってみます。

2008年07月14日

売上がアップするCGIとか

いろんな無料CGI配布サイトがあって、多種多様なCGIやPHPがダウンロードできます。でも、どこのサイトも、どのスクリプトも似たり寄ったり。「こっ!これはっ!」というCGIやPHPにはお目にかかれません。そこで、インストールするだけで売上アップに貢献しちゃう。そんな夢のようなCGIのアイデアを捻出中。もう過去のツールになりつつあるCGIですが、自称アイデアマン、灯台下暗しを狙います。

ソフトでメルマガ送信してみた

旧おてがる通販でメルマガを1000件弱送信してみました。A4二枚分くらいの内容で1000件はきついかなと思ったので3分割で送信してみましたが、それでも300件を送信するのに約40分。その間パソコンはというと、他の作業はやはり辛そうです。やっぱメルマガはCGIやASPを利用したほうが無難です。

ソフトを使ってメルマガを送信する場合「パソコンを使う」ので、送信中は電源を切ることはできません(パソコンがお仕事するから)。でも、CGIやASPによる送信なら、送信ボタンを押した後はPCの電源を切っても勝手に送信してくれます(お仕事はCGIやASPまかせだから)。パソコン上の作業にも一切影響しないので非常に効率的です。

今回1000件弱だったので2時間弱ですべて送信完了しましたが、これが1万件とか10万件などという話になってくると、メルマガ送信ソフト(パソコンソフト)を使うのは非現実的です。ソフトを使うのは最大500件くらいが限度かな、と思います。

2008年07月11日

注文方法を説明する

ネットショップを見て「ショッピングカートに入れる」というボタンがあっても「注文方法がわからない。」というお客さんがいます。

ウソみたいな本当の話です。

少数派だとは思いますが、そーいったお客さんのためにも注文方法のページはあったほうが良いでしょう。本来、ショップの構成としては「あるのが普通」ですが、手を抜いているケースも多いでしょう。

ステップ(1) 画面上の矢印をボタンの上に持って行ってマウスの左を押してください。・・・画面を確認して注文品が決まったなら〇〇を押して次の画面に進みます。・・・ステップ(5) メールが届くので必ず確認してください。・・・・

こういった説明は文字よりも、今なら動画にしてYouTubeなどにUPしておいたほうがてっとり早いかもしれませんね。

リスク分散は大切

ネットショップにも色々なリスクがあります。サーバーひとつとってもリスクがありますし、仕入れ先や卸先、また社会情勢などもリスクの要因。考え得るリスクを想定して日ごろからリスク分散対策をしておきたいところです。

2008年07月10日

スタッフさんいろいろ

新しいスタッフさんは、なんと自宅にネット回線もなければパソコンもなし。かろうじて携帯でネットができる状況。PCは昔ちっとさわったことがある程度。でも、今ではキーボードにもすっかり慣れたうえ、フォトショップもばっちり使えています。「やる気」は、例えスキルが不足していても、かなりの部分をカバーしてしまうようです。

ブログでネットショップ 2

ブログを使ったネットショップ。始めた当初は、かなりの可能性を信じていたそうですが、今は後悔しているとのこと。別の方も言ってましたが、「知れば知るほど壁が高くなる」状態。放置ではなく、一応運営はしている、と。まぁ〜何でもやってみないとわからないものです。

2008年07月09日

ブログでネットショップ

一時期ブログを使ったネットショップというのは流行りそうになりましたが、その後やはり廃れたようです。

「ブログでネットショップ?いまどきそんなヤツおれへんやろぉ〜。」

と思っていたのですが、いました。知人が教えてくれたのですが、見事に「ブログでネットショップ」。しかも、そこそこ繁盛しているような雰囲気。不思議に思って、詳しく聞いてみると、その業界ではカリスマ的なお方の個人的なブログでした。

ブログで簡単にネットショップを作る方法は以下の通り。(と思う)

(1) 記事として商品を掲載して「注文はメールで」と書く
(2) ショッピングカートを貼り付ける
(※こちらはHTMLとCGIが扱えることが必須条件)

(3)テンプレートごとごっそりネットショップ用に改造してしまう方法
※これはかなり高度な技術を要求されます。知人も本などを買って挑戦していたようですが挫折したみたいです。その後、見るも無残に放置されている・・・、いや本人は完成していると思っているのかも!?

苦労して結局高くつく無料

オープンソースのネットショップシステムは無料で入手できます。

EC CUBE
Zen Cart
osCommerce

あたりがメインですね。

かつては、個人的にも興味があって暇つぶしにいじってみたりしましたが、やっぱり無理。全然無理。手間はかかるは難しいわで時間ばっかりがかかってしまいます。

こういったオープンソースは常に進化しているので、歩調を合わせて最新の状態に保ちたいわけです。それをするためには、時々ニュースをチェックしてバージョンアップしているならそのプログラムを上書きするなどします。

もちろん、「自動アップデート」なんてサービスもあるのですが、これは有料。EC CUBEなどは月額で3500円くらい。

「お店のデザインも変えて見たいな。」なんて思ったなら、HTMLやCSSを一生懸命やらないといけないわけです。そしてこれも楽しようと思えばテンプレートが販売されています。

カード決済を導入しようと思えば、用意されている「モジュールをダウンロードしてインストールする。」

モジュールだ、ダウンロードだ、インストールだ、テンプレートだ・・・

もうこれは、ネットショップ構築オタクの領域と言えるのじゃないでしょうか。

これはオタクを否定しているわけではありませんが、専用の書籍も出版されているので、システムの構築そのものを楽しみたい方や、独自のシステムを作って販売したい人などには、ばっちりおすすめできます。

プログラマーのショップ

PHPで作ったショッピングカートに商品ページ毎に顧客のレビュー。かなり高機能なネットショップ。どこの会社が作っているのかとリンクをクリックすると個人事業主のプログラマー。ショップの特商法のページを見ると同一人物。あらら・・・これからネットショップを作ろうって人が見たら、「ネットショップってすべて自分で作るもの。」と勘違いしてしまいそうです。

ショッピングカートなんて自分で作らない。
ネットショップも自分で作らない。

すべて出来合い(既成)のものを「借りる」のが一番楽で最短のコース。ショップ開設の後が本番。開設後の運営力がすべてを左右する。

お金に余裕がない人はカラーミー収益目的のビジネスとして考えているならショップサーブ2

最近、この選択が王道に近いと思ってますし、知人や友人など、相談を受けたときはこの選択肢を示します。

ちなみに、「趣味として」や「趣味以上仕事未満として」ネットショップを考えているなら(あまり収益を目的としていない場合)、ブログを使ったり、FC2なんかで十分だと思います。

※FC2
http://cart.fc2.com/

バンドのオリジナルTシャツを販売したい。

結局のところ、何を選ぶかは目的や目標次第。

この選び方で、結果が大きく違ってきます。

So-netオンラインハガキ作成

So-netオンラインハガキ作成をためしに使ってみました。7月3日の15時に申し込んで、7月8日に「発送の準備ができました。」とメールで通知。今日あたりに「発送しました。」でしょうか。と言うことは申し込んでから届くまで1週間以上かかりそうです。

ウェブ上から申しこめるのは便利なのですが、1枚申し込むのに3〜5分くらい。申込のステップがいまひとつ洗練されていなくて、どんくさい感じです。1、2枚の場合、スピードを取るなら、自分ではがきを用意して送ったほうが良いかもしれません。

2008年07月04日

即日発送とはしたものの

「即日発送します」など、早い発送を謳っているお店もあると思います。ところが、すでに発送は終了しているのに「翌日を指定されてしまって」困った人もいるかと思います。

もちろん、当日発送の締め切り時間を表示していれば、そのようなことも少なくなるのですが、以下のJavaScriptを使えば、自動的に「当日発送は締め切りました。」といったメッセージを表示させることができます。

http://www.tagindex.com/javascript/message/time2.html

不可能な日付を指定される場合、これは、単にお客さんの「早く」という意思表示であったり、勘違いであったりということがほとんどですが、中には不可能にもかかわらず、指定した日に届くと思い込んでいる人もいます。そうなると、クレームが届くのはお約束です。

2008年07月03日

商品説明は明確な数値も必要

お待ちかねのTシャツが届きました。今回はヤフオクでしたが、その商品説明が良いヒントになりそうです。

今回の出品者は、Tシャツのプリントや生地の質について、「しっかりとしていて良い」といった感覚的な説明だけでした。

これだけでも良いのですが、さらに良くするには生地の正確な数値があれば良いと思います。Tシャツなら、「6.2oz.」とか生地の厚さを表す数字があります。

もちろん、Tシャツ専門店は当然のごとく、こういった数値も表記していますが、今回のオクの場合は趣味的に販売しているようで、その点が甘いようです。

Tシャツに限らず、他の商品でも同じことが言えます。

ちなみに、写真のように「茶封筒にガムテ」。個人的には、まったく気になりませんが、販売ジャンルは「ファッション」ですから、もうちょっと工夫して欲しいところですね。

2008年07月02日

ヤフオクでTシャツゲット

思わぬレアものに遭遇。しかも1500円という格安で売ってたので即買い。ん〜マイナーな趣味だと競争相手も少ないんで安くつきます。

で、出品者からのメールで引っかかった点が、、

こんな感じです。

『不良品とかあってもいきなり評価に書かないで、まずはご一報ください。』

ちょっと気に入らないことがあったら評価を荒らしまくる人。ここぞとばかりにクレー無をぷっぷとこきまくる。こういう人を恐れての一文だと思います。

評価を気にしながら戦々恐々で販売するのも、どうなんでしょう。やっぱ、責任無、楽ちんなネットビジネスという点では、アフィリやDSが王道かも知れませんね。

2008年07月01日

いたずら注文警告機能

Y!もいたずら注文警告機能が備わりそうですが、不具合が見つかったとのことでリリースは延期。

掲示板等への書き込みでお縄になる人がいますけど、例え匿名で書いても個人は特定されます。「どこの誰が何時何分に書き込んだか。」という情報はすべて記録されています。

ただ、これがある種の高度な知識とテクニックをもった人種だと、うまくかいくぐるのですが、そうでない人は匿名をいいことにイケナイことを書いてしまうと、あっと言う間に塀の中へ。

メールでばれるお店のレベル

メールでばれる会社のレベル↓

http://allabout.co.jp/career/corporateit/closeup/CU20040927A/

こんなメールが時々届きます。

卸価格は?

あのな、あんたの友達とちゃうで。

メールを書くときは、(1)件名、(2)宛名、(3)署名(あんたどこの誰?)は必須です。

もちろん本文も。

そして、文章は、拝啓〜敬具などのように、決して堅苦しくする必要はありませんが、できるだけ丁寧に。

上記の例は、お店宛に、「仕入れをしたい人から送られてきたメール」ってのはわかるのですが、どこの誰かがまったく不明で論外。即ゴミ箱。

『さいたま市で輸入雑貨店を営んでおります佐藤と申します。』くらいは書いて欲しいですね。

見ず知らずの会社や個人なりにメールするわけですから、基本的なルールを守らないと無視されて当然です。そうでないと、簡単にできる取引もできなくなります。

最初は丁寧なのに、メールをやり取りしているうちに、だんだん緩んでくだけて・・・、そんなケースもありますが、これもダメです。

http://allabout.co.jp/career/clerk/subject/msubsub_mailm.htm

どんなメールが良いのか悪いのかは、ウェブ上に教科書になるような情報がたくさんあるので、一読しておいたほうが良いでしょう。