ホーム > ブログ1 > 苦労して結局高くつく「無料」

苦労して結局高くつく「無料」

無料大丈夫?

無料は魅力的ですよね。「怪しいかな?」と思いつつも、つい飛びつきたくなりますよね。メールにネットショップに、ネット上にはいろいろな無料サービスがあります。無料サービスを提供する側は、言ってしまえば「無料戦略」という手法でビジネスを行っています。

無料だと人が集まりやすいので、さんざん集めといて収益化するという方法です。 それがうまくいけば、サービスも存続するのですが、意外に失敗している例も多いのです。失敗に巻き込まれないように、無料を上手に使いたいものです。

無料で絶望的な失敗

絶望的な失敗

過去にいろんな無料サービスを使ってきましたが、もっとも致命的というか、チーン(合掌)してしまったことがあります。それは、無料のネットショップです。

「無料でネットショップが持てる。」って魅力的じゃないですか。喜んでサービスを借りてネットショップを開店させました。商材は輸入雑貨系です。

当時は、その商材を販売しているネットショップが少なかったこともあって、すぐに商品は売れだしました。とてもいい調子で販売を続けていたのですが、ある日突然、何の予告もなくサービスが終了してしまったのです。

「え~~~~っ!?Σ(゜Д゜;≡;゜д゜) /」ですよ。

そこそこ人気のある店だったのですが、店主の意思に関係なく突然閉店です。商品データはもちろん、顧客情報も一瞬にして消去です。これまでの努力が水の泡とはこのことです。

無料サービスを提供していた会社からは何の説明もありません。ウェブサイトは閉鎖です。お金を払っていたら、「責任取れや。」という話になるのですが、ボランティアでやってくれていたわけですから、文句のつけようがありません。

学習能力なし

その失敗で凝りて、お金を払ってちゃんとしたサービスを使えばよかったのですが、学習能力はなかったようです。相変わらず無料信者で、今度は「無料ホームページスペース」というサービスを借りたのです。

当時は、レンタルサーバーは月額3000円くらいでも安い方だったのですが、容量がすくなく、写真データなどがすぐに一杯になっていました。

そこで、無料ホームページスペースを借りまくって、ネットショップ用のデータで使っていたわけです。

で、今度は何が起きたかというと、そのサービスが他社に買収されたのです。それだけなら、困ったことにはならなかったのですが、アドレスが変更になったのです。

例えば、元のサービスが「http://hogehoge-service.jp」だったのが、
買収後は「http://honyara-service.jp」になってしまったわけです。それで何が起きるかというと、商品写真が全部見えなくなるという悲劇が起こってしまったんです。こんな感じ↓

商品写真 NO.102

何百点もあった商品写真が一斉に非表示になってしまったのです。お店は営業中ですが、写真がなくてはお客さんも買いようがないので、ほとんど閉店状態です。徹夜でアドレス変更に励みました。で、この時点で、有料サービスへ移行すればよかったのですが、まだ無料信者です。

最終的には、この無料スペースのサービス終了しました(笑)そして、今度やちゃんと有料サービスを借りたのですが、またアドレス変更の作業に追われたのでした。

楽をするつもりでネットショップを始めたのですが、爆弾の可能性のある「無料」を安易に使ったがために、散々無駄な苦労をしてしまいました。

ようやくアホ終了したところ・・・

ネットショップは、昔ながらの「PCソフトを使ったホームページ制作」で作っていました。ホームページ・ビルダーを使っていました。(今そんなことする人はほとんどいない)。自作だったので、月額費用はサーバー代の2000円とクレジットカード決済の基本料の1500円と、月の運営コストは3500円程度でした。

ただ、長くやっていると「更新」という作業が、だんだん面倒になってくるんです。「もっともっと楽したい。」「仕事いや。遊びたい!」と思うようになったんですね。いちいちホームページビルダーで作業するのが苦痛になったんです。

何年、無料信者を続けたでしょうか。この辺で洗脳が解けて、ようやく脱会することができました。ネットショップは、運営ツールがひとつにまとまった ショップサーブにお店を引っ越ししました。

月額費用は12,000円ほどに跳ね上がりましたが、時間で言うと今まで5時間かけていたのが1時間で済むような感覚です。「ま~~こんなに楽できるのか!?(´Д` )」と思ったものです。今まで一生懸命PCソフトで作業していたのは、実に無駄な時間だったことを痛感しました。現在も10年以上ショップサーブを何の変更も、何のトラブルもなく使っています。

無料を使えば、お金はかからないけど、膨大な無駄な時間という勉強代を払った気がします。人間、失敗するまで気づかないものですね。

※2008.7.9の記事を大幅に加筆しました

↑ PAGE TOP