« 楽天が崖っぷち!? | メイン | イーモバイルemobileの使用感 »

2008年07月17日

初心者の心得

今、初心者のときの自分に言うとしらなんだろう?と考えて見ました。

で、一番最初に思ったのが、「
素直だったらよかった。

知識もスキルもないバカのクセに、自分が一番正しいと思っているおめでたいヤツだったので、先輩や経験者のアドバイスを素直に信じなかったんですよね。その後、失敗を重ねて「ああ、そういうことだったのか。」と。

言われたときに、素直に実行していれば、くだらない失敗は避けて、もっとスムーズにお店の業績を伸ばすことができたのに、という感じです。先輩や経験者の言うことは、しっかり聞きたいところです。

そこから派生して、「もっと勉強すればよかった・・・

勝手な思い込みで行動しすぎた感があります。あーでもない、こーでもない、と試行錯誤するのは、けっこうなことなんですが、本1冊買えば、全部答えが書いてあります。そのための本ですから。

本来は、そういった知識をとことん吸収した先に、思考錯誤があるのに、頭はすっからかんの状態で試行錯誤したところで、何が出てくるわけもなく。

素人が、ネットショップを始めるのは、外国語を1からおぼえるような感じです。でも、ネットは普段から利用しているので、なまじ、わかっているような気がするわけです。ところが、実は、全然基本さえ知らないんですね。そこは、落とし穴かも知れません。

無知であることを自覚せよ、という感じです。

「クレジットカード決済の導入時期」についてもよく似ています。あるメルマガに書かれていたのですが、「ある程度売れてきてから導入しよう。」という初心者が多いのですが、実はこれが間違いの始まり。

最初から導入しないから「ある程度も売れない。」

結果、いつまで経っても売れないので、永遠に導入タイミングがわからない。しかも、そのことにまったく気づかないというオマケ付き。イタイ・・・

イケテない初心者のビジネス思考でいい結果が出るワケがないですよね。実績のある人のビジネス思考のマネをしなければ、と思いました。

最後は、強烈です。

役者になれ。

どういうことかというと、商売をする時は商売人を演じたほうがうまくいくということです。例えば、感情的な人が、そのままの性格で商売をするとトラブル多発です。お客さんが「不良品じゃないか!」とお怒りだった場合、感情的な人は「うるせー!おめーが不良品だ!文句言うなら買うなよ!ヴォケ」と返してしまうわけです。どこかにいそうですが、、、そういう人

そうではなく、腹のなかでは「アホかこの客」と思っていても、「誠に申し訳ございません。すぐにお取り替えいたします。」と返すのが、商売人を演じている役者というわけです。そういうメールを書いておけばお客さんは満足するわけです。

お客さんさえ、満足させてしまえば、年齢性別国籍人格関係なし、というわけです。これをもっと早く知っておけば、くだらない客に悩まされることもなかったのに、と思うわけです。

素直、勉強、演じる、これ以外にもポイントはありそうですが、初心者のころから、この辺りをマスターしていれば、だいぶ違いそうです。