« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月29日

やはり春に向けての起業準備か

今月のショップサーブの資料請求が大!大!大爆発。200件に迫る勢いです。契約も月末を中心に増えてきてます。12月〜1月あたりは、開業熱というのでしょうか、起業ムードも寒い感じでしたが、ここへきてみなさん動き出している感じがします。やはり区切りの良い春スタートに向けて、やる人はやってる、という感じですね。

2010年01月28日

無料バナー作成サービス

無料で簡単にバナーが作成できるサイトがあったんですが閉鎖されてしまいました。もったいないですね。ネットショップを運営する上で、できたほうが、できないよりはるかに良いのが画像編集。

魅力的なバナーを作ったり、写真を編集したり。写真については、編集しなくても済むように一眼レフカメラで「そもそも質の良い写真」を取っておけば、無駄な時間は省けます。

後は、キャッチ画像やバナーなどですね。ブログ主もあまりセンスはないのですが、ひと通りフォトショップは使えるようになりました。フォトショップ・エレメントというAdobeのソフトがおすすめですね。

1万円ちょっとですが、マニュアルなどを買わなくてもネットを検索すれば、使い方を詳しく書いてくているブログなどがたくさんあるので、すぐにできるようになります。

そこで、作ってみたのが以下のバナー。

2010年01月27日

物販ショップの仕入れでお困りの方?

「お困りの方」って変ですけど、言いたいのは物販ショップをしたいけど、仕入のところで・・・」という方へ。まぁ、困ってる場合もあるでしょうし、悩んでいる場合もあるかもしれませんね。

さて、左に紹介している専門誌THE BUYER。手元には、2006年版と2007年版しかないのですが、今パラパラやってます。

これ、おもろいですよ!

最初に雑誌を買ったときはすでに商材は決まっていたので、「なぜ買った?」か理由は不明ですが、とにかく仕入れを考えている人は手にとって読んでみて欲しいですね。読んだから仕入れがうまくいくってわけじゃないですが。

そんなものいまどき売れるわけないでしょ!?的なモノから、「え?これって結構面白んじゃないの?」的なモノまで、写真などはほとんどが白黒ですが、いろいろなモノを見られて純粋に楽しいと思います。

2006年版では、例えば、「全国オークション・道具市開催一覧表」などがあり、北は北海道から南は宮崎県や熊本県まで70件ほど。オフラインでリサイクル品などを仕入れられる場所などが紹介されています。そして、リサイクル品と言えば、おなじみの「古物商」ですね。ちゃんと古物商許可証の申請方法も書かれています。

巻末には、毎度の仕入れ担当者アンケートがあり、「売れる判断は?」「仕入れのタイミングは?」「仕入れのコツは?」「現金問屋のメリット・デメリットは?」「海外企業のメリット・デメリットとは?」など、貴重な声も読めます。

掲載されている問屋やメーカーをウェブ検索したり、カタログを取り寄せてみたり、目をつけた商品があったなら、「この商品はネットでは何店くらいが販売していて、価格は?売れ方は?評価は?」などを調べたり。3ヶ月は楽しめるんじゃないでしょうかね。

2010年01月26日

海外在住日本人のネットショップ

acc.jpg「ネットにお店を持ちたい。」と思うのは、国内在住、海外在住関係ないのでしょう。海外からたくさんのアクセスがあります。

ただ、海外在住の場合、日本向け小売業も良いとは思いますが、代行的なビジネスや、日本にパートナーを募ってコラボでビジネスを行うなど、単なるお店を作る以外にも色々探ってみるのも良いのではないでしょうか。

さて、左はこのサイトのアクセス解析の一部です。日本語のサイトなので日本からのアクセスが大多数ですが、アメリカをはじめ中国やタイ、イギリスや香港などからもアクセスがあります。

日本は島国なので、「海外のことが直接わからない」というのはデメリットですね。せっかく海外に住んでいるなら、現地のナマの情報をバンバン出して欲しいですね。今、日本に出回っている商品では、あまり勝負できないですから、日本にない商品を海外から取り寄せるパターンのほうが当たりやすいです。

2010年01月25日

メルマガ成功者の体験談が1円から

アマゾン・マーケット・プレイスがいいですね。
1500円の本が1円から。

『メルマガ』成功のルール (アスカビジネス)
メルマガ起業1年目の成功術

「古本はいや」っていう潔癖症の人は別にして、安いから湯水のごとく本を購入することができますね。「古本だから多少濡れても気にしない」ということでお風呂で読むのもあり。

今となってはメルマガは廃れた手段なので、あまり効果的なツールにはなり得ないですが、「過去にはこういったものもあった」という歴史を知る上では、良い知識になりそうです。
2010年01月23日

一歩を踏み出せば可能性は広がる

ネットショップを始めたくてショップサーブでお店オープン。もちろん副業で。仕入れをしたり、お店を作ったり、広告を出したり、商品の出荷業務をしたり。ここまではよくある光景。

でも、ネット販売業をやっていると想定外のことが、よく起きたりします。

例えば、知人の知人の、そのまた知人のお店さんから「ネット販売を始めたいから相談に乗って欲しい。」という話がきたり、「友人の従兄弟のお子さんが勤める会社の社長さんのお姉さんがジュエリーのネット販売を始めたいのでウェブショップを作って欲しい。」なんて話が入ってきたり。

ショップサーブを使えばネットショップなんて簡単にできますよね。でも、ネットに詳しくなかったり、パソコンが苦手な人にとっては、私たちが簡単に思っていることも、すごく専門的で難しいことに感じます。ようするにチンプンカンプン。

そこで、ツテを辿って、その道のプロであるアナタに白羽の矢が立ったりするわけです。

そんなところから始まり、サイドビジネスで始めた通販コンサルタントのほうが身入りが良かったり、完全に制作業(ウェブデザイナー)に転業してしまったり。そういったことも起こり得るワケですし、実際にそういう人少なくないですね。

はたまた、「ショップサーブが使える人募集」という求人情報があったので、自分のショップは畳んで、社員として就職してしまった。」「仕入先の問屋のネット進出を手伝って、気づいたらサプライヤー(商品供給者)になっていた。」 十分あり得ます。

だから、最初の一歩が重要なんですね。アクションを起こせば必ず何か結果が得られますからね。ショップサーブのエントリーコースは月額4800円。年間57600円。年間6万円弱で、これまで生きてきた延長線上にはありそうにもない、あなたの新らしい可能性が見つかるかも知れない!

2010年01月22日

ブラウザのシェア状況2010年

brs.jpg

このサイトの過去2ヶ月分のデータです。どこかのサイトで「2008年にはIEのシェアが80%」というのを見かけたので、10%ダウンくらいはあるのかも知れませんね。個人的にはChromeをメインにFirefox、Safari、IEも使ってます。

ところで、ショップサーブは月末申し込みがお得なので、月末に契約がぐっと増えます。今月はまだ2、3件ですが、春に向けて来週あたりから申し込みが増えそうです。

2010年01月20日

マーケットインとプロダクトアウト

ネットショップでも、本当は市場調査(マーケティング・リサーチ)から入れば、大きな失敗はないんですよね。でも、ネットビジネスはリスクが低いものですから、みなさん大して調査もせずに、えいやでスタートされるわけです。それはそれで良いと思います。

ネットビジネスで絶対失敗しないやり方は、なんといってもマーケットインに限ります。(あ、逆のことを言ってる人もいるので鵜呑みは禁物)マーケットインとは需要と供給をマッチさせるだけの方法。具体的に言うと、「商品欲しい」って人がいると確認してから商売を始めるようなものですから確実ですよね。

リアルのビジネスの場合、雑貨店にしろカフェにしろ、人通りなどはある程度わかっても、どれだけの需要があるかってのは始めてみないとわかりません。でも、ネットの場合は事前に数字である程度わかってしまうので失敗が少ないってわけです。

ちなみに、マーケットインの反意語はプロダクトアウト。需要の有無はわからないけど、とりあえず商品を作ってみて、「こーいう商品どーですか?」と売り始める方法です。買う人がいるかいないかわからないので、大当たりする場合もあれば大外れとなる場合もあるわけです。

まとめるとマーケットインは需要の大きさ同等の結果となるけど、プロダクトアウトの成功度は予測不能。といったところでしょうか。今年はプロダクトアウトで行ってみよう。

2010年01月18日

時間管理をすると楽しくなる

1日は24時間ですが、起きている時間は17時間くらい。
で、その17時間すべて仕事に使えるかというとNO。

例えば、分単位でスケジュールを組んでみるとわかりますが、ロスしている時間の多いこと多いこと。細かいところでは、パソコンを立ち上げて使えるようになるまでの時間も数分あって、もったいない。もちろん、その時間は他のことをする。ひげを剃る時間もったいないから1ヶ月に1度だけにしようか、など。

個人事業主は、自分の時間をほぼ100%コントロールできるので、土日祝などは、仕事にあてて、平日の空いているときに外出するなどして、時間を有効に活用します。

個人的には、自動車の移動時間がちょっと無駄に感じています。セミナーCDなどを聞く手もありますが、どうしても好きな音楽を聞いてしまう。ま、これはリラックスですね。

人生80年と考えても、25年くらいは寝ている計算になりますから、起きている時間で出来るだけのことを達成したいですね。
2010年01月14日

みんな最初は副業からスタート

ネット通販始める人のほとんどが副業からです。ちゃんとした統計はEストアーさんにとってもらうとして、個人的には、新規開業者の75%が副業でのスタートと考えています。

特に、ショップサーブの月額4800円コースに限って言えば副業率85%以上になるのではないか、と予想します。専業でない(店舗ショップ等)割合でいうと限りなく100%に近づくのではないでしょうか。(かなり大げさな数字ですけどね。)

例えば、「脱サラしてカネなしコネなし経験なしで専業としてスタートする」って、あまりにリスクが高いですしね。普通に考えても。そんな無謀なことをする人はめったにいないでしょう。

だいたい、みんな副業から。
そしてずっと副業のまま。

これが今のパターンじゃないでしょうか。

バイト2つ掛け持ちしたうえネットショップも運営。「パソコンの前でいつの間にか寝てしまった。」なんて方もいました。(お疲れ様ですね)正社員だからって将来が保証されているわけもなく、副業当然の時代ですね。

ちなみに、公務員の副業は、法律的にダメでしたよね?でも、やってる人いますよねぇ〜。しかも、「それ、バレたら大変なことになるんじゃないですか?」みたいな“特殊な”公務員の方も・・・・そこはばれないテクニックを駆使したうえで、自己責任で。

2010年01月13日

さわやかに閉店

一店閉店となりました...orz

わずか2年の営業期間。

ま、売上的には知れているので困らないのですが、困るのはカラーミショップ・プロに出店していたということ。閉店はしますがサイトは残すという処置のために引越し作業があるんです。

大問題は商品ペーじのURLです。カラーミーは現在も動的URLです。(〜/?pid=12334567)静的URLならサイトまるごとコピーでもいけるんですが動的URLが含まれると面倒くさいんですよね・・・

契約終了まで2週間ほどあるので、CGIいじって作業します。久々のCGI対戦ですわ。さわやかに軽やかに引っ越しだ。
2010年01月09日

eo光どうよ?ええよっ!

自宅のネット回線をeo光に変えました。

12月02日 申し込み
12月24日 ネット回線開通
 ・
 ・
 ・
01月08日 eo光電話開通

こんな感じです。

今のところ順調です。ネット回線と電話の開通がずれるというのが想定外でしたが、特に不都合がありませんでした。

今、計測したら19Mほど出てたので、旧回線(YBB)より3〜5Mほどスピードアップした感じです。

それから、eo光電話って050番じゃないみたいです。NTTの番号をナンバーポータビリティーでそのまま使えてます。携帯だけかと思ってたら固定電話でもできるようになってたんですね。便利です。

そして、NTTの契約は自動的に解約になるとのことです。従って、料金は安くなったうえ、支払いもeo光(ケイオプティコム)一本化できたってことになります。一挙両得です。

2010年01月08日

「ひとりで起業」が楽でいい

2人以上で起業するのもひとつの方法。
でも、ひとりで起業するのが楽でいいですね。

いつでも好きなときに、好きなように、好きなだけ働ける。
好きなときに休める。
好きな人とだけ一緒に仕事ができる。
好きなように、好きなだけやれるのがひとり起業。

特に、収入面では個人事業はお得です。

年収1000万円程度を目指すなら個人事業がちょうど良いですね。
2010年01月06日

卸問屋も行うウェブショップ

ネットで仕入れ先を見つけるコツ。しかも、「その他大多数がやらない方法」

それは、ひたすら仕入れたい商材の検索&ショップのチェックです。

このご時世ですから、問屋やメーカーがネットショップで直売しているケースがかなります。一見、普通のネットショップに見えるのですが、良く見ると「新規お取引企業様」とか「卸販売」といったリンクがあります。そこをクリックすると、取引条件などが書かれています。

※参考
ネットショップの仕入れ

こういった企業は、ネットに出てこないアナログチックなメーカーや問屋と違って、ITが得意な企業ですから、仕入れの申し込みは基本メールでOK。「返事がかえってこない」とか「電話でないとダメ」とかいうことはありません。

特に詳しい条件が書かれていない場合は、次のようなメールを書きます。

リアルなメール文例。


お世話になっております。
マイショップの舞々毎太郎と申します。

御社の製品の販売を検討しているのです。
仕入れの条件等、詳しいことを教えて頂けけますか。

よろしくお願いいたします。

マイショップ 舞々毎太郎
〒123-0012
東京都名古屋区横浜町1-2-3 毎マンション901
TEL/FAX:03-1234-5678
info@mayshop123.ac.jp

ま、この程度で良いと思いますよ〜

できれば、すでにネットショップがあるならそのURLを入れておきます。
2010年01月04日

開業と運営に必要なノハウウはすべて公開されている

『当店のこの商品は、問屋の◯◯商店から仕入れており、掛率は◯掛けでございます。』といった、企業秘密になるような情報は検索で得られないけど、「ネットショップをどのように作るか」「どのように運営していくか」お客さんをどうやって集めるか」「注文が入ればどのように処理していくか。」

そういったことは、当サイトにもある程度書いているし、他を探せばけっこうでてきます。テキストなど必要なし。すべてネットでまかなえるのがネット販売のやりやすいところですね。

当サイトの提供情報

開業方法について
仕入れについて
運営について
開業運営ブログ
開業サービス比較

ただ、当サイトの開設は2005年です。当時、アイデアがあったのですが、一気に作るには膨大な範囲のため、とりあえず即席でサイトを作ったのもあって、中身はけっこう薄いです。

しかも、ある程度形になると、一気に熱が冷めてしまって、本サイトの更新はサボっています。ブログもけっこう適当です。でも、今後は、しっかり中身を作っていきたいと思っています。初心者の役に立てれば良いと思ってます。もちろん、多少の収益も狙ってますが。