« 2010年05月 | メイン | 2010年07月 »

2010年06月25日

初心者で不安ならまずはセミナー!

セミナーに参加したことありますか?

怪しいやつは別にして、セミナーは、初心者の助けになります。

ある考えに至るまでに「5年かかったようなこと」が、セミナーでは「基礎事項」として教えられていた。」なんて事がありますから、ある意味、近道を教えてくれる講座ですね。英語のセミナーは日本語では、演習とか研究集会とか訳されますが、短期講座ですね。

一番遠回りなのが、素人の独学。

勘のいい人の独学は良いとして、右も左もわからない初心者の独学ほど、ゴールから遠いやり方はないんじゃないでしょうか。

(株)Eストアー(ショップサーブ提供)では、出店者向けにセミナーを、わりと定期的に開催しています。

東京開催が最も多く、大阪や名古屋などでも開催されています。北海道や九州など、かなり遠方の方は、大変かもしれませんが、セミナーを1回も受けたことがないという場合は、適切なものを選んで受けてみてください。

セミナーは、有料で場所を借りて開催するので、だらだら世間話はできないです。決められた時間内に、必要なことをしゃべらないと行けないので、無駄はカットされています。濃縮講座です。

無料のものから3万円程度のものまでありますが、1、2個受けるだけで、全然違いますよ。何が違うかは、リアルに参加してみればわかります。わからなかった人は、セミナーのレベルを間違ってる可能性があるので、サポートに要相談!

2010年06月23日

日経ビジネスの楽天の記事

日経ビジネスに楽天の三木谷氏のインタビュー記事が載ってました。楽天社内での公用語がいきなり英語になったとか?「英語が苦手」って人には苦痛ですね〜。

Let's have a drink after work!

万能英語、これだけおぼえておけばOKです。

上司「この資料はどうなってる?」

あなた:Let's have a drink after work!

上司:Of course!

何を聞かれても、それで答える。

クビですね。

日本人が英語が苦手なのは、教科書とかやり方が悪いですね。そもそも、学校の先生が英語をわかってないし喋れないから困ったもんだ。ちゃんと英語を習いたかったら英会話スクールですね。それがてっとり速いです。

それも、生粋のアメリカ人に習うのが一番のおすすめ。ちょっと高くなるかもしれないですけどね。日本に住んでいる外国人によその国の外国人が大阪弁を習うのは、どう考えてもおかしいじゃないですか。日本語を学ぶなら、日本で生活してきた日本人に習うのが一番。英語も同じ!

どこかの国訛の英語を身につけてしまうことほど、残念なことはないですからね。

2010年06月20日

カンブリア宮殿GREEの回

グリー社長「田中 良和」さんの回を録画で観ました。

GREEってSNSの会社だと思ってたけど、コマーシャルを連発しているように、今は携帯ゲームをメインにしているようですね。

へぇ〜

しかし、この人もかしこい。

かしこすぎる・・・

ま、うましかさんには会社できないでしょうが。

共感する田中氏の名言を3つ紹介します。
これが、IT企業の社長の頭の中!

『僕らはインターネットで仕事をしているのですから、ネットの世界の標準速度で仕事をするのは当然のことです。』

『いいか悪いかといわれたら、仕事なんだから早い方がいいに決まっているじゃないですか。早くやった方が、それだけ先に行けるんですから。』

『慎重に結論を出して、それが必ず正しいならそうします。でも何が正解かなんて、結局やってみなければ誰もわからないんです。だったら早く試して、修正したほうがいいに決まっています。』

さすが、楽天出身だけあって「スピード重視」ですね。


最終更新2015.1.15

2010年06月18日

楽天を退店したい。解約したい。

つい最近、サーバーの引越しサービスのビジネスはありかも?って記事を書きました。ショップサーブが始めちゃいました。やっぱりね。

さて、「楽天を退店したいけど、お店は続けたい。引越しって一体どうやるの?わからない!」というお店さんですが、少なくとも1万店以上あると推測します。

引越しは、正直言って大変ですが、代行を使えばだいぶ楽にはなると思います。

(1) 引越し先のサーバーを契約します。

ロイヤリティー不要、ほぼ月額料金1万円ほど利用できるショップサーブへ引越しする場合。

(2) 楽天に出品中の商品データを自社のパソコン内にダウンロードします。

すでに持っている場合はそれを使います。CSVファイル形式が一般的でしょう。ついでに顧客データもダウンロードしておきます(あ?これってできないんでしたっけ?)

(3) 代行にデータを送付します。5日ほど待つ。

以上なんですが、これを自分でやろうとすると、20倍は大変なんじゃないでしょうか。

ショップサーブでは、商品データのみの引越しは49800円(5営業日で完了/データそっくりさん)、とりあえず開店できる状態まで引越しの手伝いをしてくれるサービスは99800円(10営業日で完了サイトそっくりさん)

となかなか良心的な料金となっております。

ま、料金のことはさておき、この名前はなんですか?

“◯◯そっくりさん”

パクリじゃないですか。

2010年06月17日

画像にはこま目にaltを埋め込む

画像には、altを埋め込みましょう。
SEOの基本ですね。

なぜaltが必要かというと、画像が表示されなかったときに、それが何の画像かわかるようにするため。

というのもあるけど、SEO的には、それだけではないですね。

画像にリンクを張っている場合は、画像の代替の意味以上に重視されるということを考えると、正確なaltを入れておく必要があります。

ショップサーブの場合は、画像一括登録の際、ファイルでaltを書き込めるので、とても楽です。商品が5,000点以上もあると、商品画像だけで2万点以上になります。その画像に1つ1つaltを入力していたら、気づけば老後です(笑)。

こういう点も、レンタルショップを使うメリットのひとつですね。


大ヒット!ショップサーブの無料資料

2010年06月14日

ネットショップにプリンター不要

バカでかいカラーレーザープリンターは、カラフルで高品質な印刷がその場でできるのは魅力的ですが、カタログ常に印刷さつしないといけない」「カラーの資料を頻繁に印刷しないといけない」という場合を除くと、デメリットのほうが多い気がします。

まず、でかくて場所を取る。印刷時はうるさい。紙代はしれてるけどカラーのトナーもバカ高い。メーカーさんには失礼ですが、冷静に考えると邪魔者です。はっきり言って無駄。

ネットショップ運営で印刷するものと言えば納品書や請求書などの書類くらい。それも、別に印刷する法的な義務はないから、「発送連絡メール」を納品書代わりにしてしまえば済む話だし、お客さんから納品書が欲しいと言われたときだけ印刷するという手もある。

そうなると、カラーレーザーはもちろんのこと、インクジェットプリンターさえいらなくなります。でも、たまに印刷したいときに困る。

ことはなく、ネットプリントを使えば、セブンイレブンの複合機で印刷できます。1枚あたりのコストは高いけど、頻度を考えれば、そちらのほうが効率的だし、決k食コストは安く尽きます。ネットビジネスに紙は、もう不要です。

2010年06月11日

いろんなアイデアを試そう

ヘテムルさん。ハードディスクの容量が42.195GBになりました。

いいですねぇ〜

こういうの。

通常は、10GBだったり40GBだったりすっきりした数字ですけどね。なかなか考えたんじゃないでしょうか。こういうアイデアはショップ運営にも取り入れて見たいものですね。

「同じ料金で、43Gと42.195Gのサーバーどっちを選ぶ?」と言う時、まじめさんは43Gをノリノリさんは42.195Gのサーバーを選ぶんじゃないでしょうか。

数字しか見ない人は前者を、企業のコンセプトに共感まで行かなくても、「いいじゃこれ」と思える人は後者を。

ネット上からもいろいろアイデアは得られますが、売上アップのアイデアの源泉は本と街中じゃないですかね。

販促、売上アップ、業績アップなどのキーワードに関連する書籍を読みあさって、そんなから使えそうなネタを応用してみる。だめなら次。良ければ採用、という感じで。

また、街中で飲食店をはじめ、いろいろなお店を見て回るとヒントがいっぱいです。A型看板の書き方に始まりポップやメニュー。店内に貼ってるチラシや、お店の運営方法など、アイデア満載です。もちろん、そういうときは、繁盛店に足を運びます。売れてないお店も悪い例として参考になるので、これまたおもしろいです。

ネットショップも、ショップサーブで出店しているお店には、人気店が多いですね。ショッピングフィードから、いろんなお店が探索できますよ。

2010年06月02日

波に乗ってるネット通販

その昔、たまたまブームまっただ中の商材を販売していました。確かに、ブームというのはわかってましたが、まさか、ブームに終焉が来ようとは夢想だにせず。

ブームのピークまでは、すごいい勢いで売れるんですが、ある時期を堺に、今までの発注量のものがあまってくるようになります。そこで、「ブームが冷めてきた」ということに気づけばよかったのですが、遅かったです。どうなったかは、たまごっちの例をご参考に。

でも、ネット通販はブームではないですね。時代の流れですし、成長産業。

ここに乗っからないと、もったいない。

乗り方の基本を学べばだれでも波乗りできるのが、ネット通販のいいところ。レンタルショップを借りて商品を公開。後は宣伝をして注文が入るのを待つだけ。