« 2010年08月 | メイン | 2010年10月 »

2010年09月28日

月額0円&集客効果のある決済方法

ショップサーブを選ぶ理由のひとつ。それは充実の決済関係。個人事業主でも固定費用0円、業界最安級の安い手数料で使えるクレジット決済から、コンビニ決済、そして、今回の「Yahoo!ウォレット」。

ブログ主は、まだ導入してないですが、以下のメリットを見て導入することに決めました。

Yahoo!ウォレット導入のメリット

◎ユーザーは1900万人
◎購買意欲の高い顧客層多数
◎消費者が簡単に購入できる
◎見なれたYahoo! のロゴで安心感のあるサイトになる
◎Yahoo!からの被リンクにより集客が見込める
◎Yahoo! 商品検索で優先表示される
◎Yahoo!の検索結果で差別化できる

どうよ、どうよ。

デメリットもあるんじゃないの?

とい声にお答えして、

デメリット

特になさそう・・・

ウォレット決済で売れたときのみ手数料が発生するのはクレカと同じなので、実質メリットしかない決済方法ということになりそうです。

まぁ〜、それは導入してみないことにはわかりませんからね。「導入している人教えて!」なんて聞いて回るより、自分で導入するのが一番早いしよくわかるしね。

まずは、申し込みからですね。
2010年09月18日

日本製品のセレクトサイト

別にSANYOファンというワケではないんですが、SANYOブランドが消滅するのはちょっと残念です。電池なんて当然のごとくエネループのお世話になってるしさ。(さ、ってw)今度は米(コメ)からパンができる世界初の家庭用パン焼き機「GOPAN」なんて、興味津々です。てか、当然「買い」でしょう。

HITACHIはいいよね。プラズマテレビと言えば何がなんでも日立のWOOO(HD内蔵のやつね)です。液晶より断然見やすいし使いやすい。ただ、熱くなるんですよね・・・冬は助かりますが夏はちょっと・・・今の機種はだいぶ改善されましたか?日立さん?密かに「そろそろ故障しないかなぁ〜」なんて思ってるんですが4年程度では全然元気みたいです。さすがMADE IN JAPAN。

昭和55年頃にパソコンブーブがあって、初めて触ったパソコンはNEC製でした。当時はもっぱらゲームばっかりやってましたけどね。今、外部メモリーといえばCDやDVD、SDカードにUSBメモリーです。でも、当時はカセットテープが主流だったんです。データのLOADに何十分、何時間って時間がかかってたんですよ。スゲー!!!

めっちゃ古い話でしょ?そんなこんなで、どういうわけか、昭和50年代以降はNECのパソコンは完全に購入対象外。会社のパソコンを買い換えようと思っているんですが、どこがいいですかね。第一候補はTOSHIBAです。第二候補はないです。あ、富士通とか結構印象いいですけどね。富士山偉大やねw

2010年09月16日

参考になるショップがいっぱい

裏の理由があります。

それは、ショップサーブで出店しているお店には、有名店はもちろん、月商2億を叩き出す大型店やニッチなセレクトショップまでが利用しているから。そして、全体的に勉強家のお店が多い。

HTMLの触れるシステムなので、他店を参考にして、それをまるまる真似ることだって可能。「その機能はそうやって使うと便利なんだ!」とか「そういうカスタマイズ方法があったのか!」など、いろんな気付きが得られるからです。

格安サービスは格安サービスなりの内容です。

大きく目指すなら、ショップサーブだね。

2010年09月13日

充電リチウム電池発火の恐れ

使っているパソコンメーカーのサイトを見ると、「◯年◯月以降に製造されたバッテリーに発火の恐れがあります。」とあったので、ちょっと持ちが悪くなったバッテリーを無償交換できるかも!?

と思ったら、わずか2ヶ月差くらいで、問題のないバッテリーでした。

残念。

バッテリーを長持ちさせるための方法。

1.コンセントに繋ぎっぱなしにしない
2.ほぼ消耗してから充電する

というルールが良いと思って、ずっと実践していますが、確かに持ちが良いような気がします。

軽く持ち歩に便利なモバイルパソコンなのに、重たい充電器を持ち歩くのは本末転倒ですからね。自宅に帰って毎回充電しないと行けないですが、50時間くらい持つようにならないですかね。

原子力パソコンなどあれば最高ですが。

危険すぎか。

2010年09月09日

yahoo! Japanからのアクセスが激減?

ヤフーとグーグルの提携や9月のアルゴリズム変更にともないヤフーからのアクセスが激減した?

検索結果って、ころころ変わるんで、なんとも言えませんけど、ショッピングサイトを開くなら、ヤフー検索では有利と言われるyahoo! shopping出店するのが無難なんですかね。

それはちょっと短絡的では?という意見も。

話は変わりますが、ショッピングフィード10が、選んでで出品できるようになるそうです(9/15〜)。今までは全商品を対象にしなけれいけませんでした。

通常のショッピングフィードは手数料5%ですが10は文字通り10%。10%と言うからには2倍期待していいんですよね。これも短絡的。

2010年09月08日

買わない理由をつぶす方法

売上を上げるためには、「買わない理由をつぶせ」と言われます。

買わない理由は、例えば、「値段が高い」「効果があるのか不明」「販売者が怪しい」「送料が高い」「今すぐ必要でない」「いつでも買える」などなど・・・

これらの理由をつぶす、あるいは、潰したかのように見せるのがショップ運営者の腕の見せどころです。

経営コンサルタントは、こいった理屈を言いますが、果たして果たして・・・

理屈どおり事が運べば苦労はしないですね。

ジャズCDを販売するなら、その音楽性をアピールするのではなくて、「このCDをデートでかけると、良いムードになるよ。」と未来に得られる利点をアピールする。

でも、買う気になったけっど、自分の中の消費者がストップをかける。

「CDにしてはちょっと高いんじゃない?」と。

そこで、安くするのは三流。

安く見せるのが二流。

安く見せたうえ買わせてしまえば一流、というわけです。

高いかかも、と思われた価格を安く見せる方法、「お得感の演出」というやつですが、どんな方法があるでしょうね。

CDを売るのに、「デート10回行けば、1回あたりわずか300円!」とアピールすればよいのか、「この1枚で1億円の価値がある彼女のハートが獲得できる」とか。

感情のスイッチを動かす必要がありそうですね。

※参考
「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解

2010年09月07日

仕入れの決め手は生きた情報

イイ仕入れをするためには生きた情報がポイント。

生きた情報とは、まだネットに出回っていない一次情報。自分だけが知り得た情報や、直接知っている人から教えてもらった情報など。

周りを見ても、ネットで仕入れ先を見つけて仕入れて販売する人は0人。リアルからの仕入れで販売している人ばかり。だからと言ってネット仕入れが価値がないとは思いませんが、リアル仕入れのほうが強い感じです。

ネット仕入れだと、他の誰でも仕入れられるわけですから、すぐにライバルが増えます。

でも、リアルだと、契約をしないにしても、「独占的に販売させてもらえる約束」でも取り付けたら占めたものです。国内唯一の販売店として、全国からの注文を一手に受ける事になります。

不動産情報も不動産屋に貼られている情報は、もはや価値のない二次情報。自分の足で見つけてきた、生情報こそ、価値がありますね。

2010年09月02日

ショップ運営に求められる人材

パソコンスキルに長けた人が良いですね。

いらないというか、使えないのはアナログな人。何かと紙に頼る、電話に頼る。メールを打たない。IT系が苦手な人。

パソコンスキルと言ってもプログラマーのレベルまではいらない。

ネットを使いこなせて、フォトショップやイラストレーターなどのPCソフトが使える。エクセルやワードもお手のもの。

ブラインドタッチは基本です。

キーボードを打つスピード=仕事のスピードですから、指1本でしか入力出来ない人は厳しいです。ブラインドタッチの練習ソフトがあるので、身につけてください。やる気も必要ですが。

2010年09月01日

テクニックは他店から盗め

いろんなテクニックを身につけて、うまく販売しているお店が増えてきました。特に、楽天に出店しているお店は販売力が強いですね。膨大なコストが書かてるから、必死で売らないと、すぐに赤字になってしまいますからね。

その点、ヤフーショッピングに出店しているお店は、いまいち・・・

ショップサーブに出店、という表現は間違いですが、ショップサーブを使ってお店を独自に公開しているお店は、集客面の工夫やデザイン面で長けているところが多いですね。

デザインはそのまま拝借できますが、SEOについては、文章の構成や内容、キーワードの使い方、また、リンク元チェッカーなどで、どういったところからリンクが貼られているかなどを調べて、やり方を盗むことができそうです。

ネットはパクリの文化。

問題の怒らないレベルでパクって売上アップ。