« 2013年06月 | メイン | 2013年08月 »

2013年07月28日

同梱チラシでリピーターを作る

今時お店のメルマガに登録してくれる人は、ほとんどいないです。なので、お店としても、メルマガにエネルギーを注ぐのは、もったいないと感じます。

そこで代案となるのが同梱チラシ。

商品が届いた際、商品以外にいろいろ入ってるアレです。

ただ、いかにも宣伝チラシというチラシはすぐにゴミ箱に捨てられてしまうので、読まれるようなチラシを工夫したいですね。

で、このチラシ、読まれる率が非常に高いです。

そして、いろんな反応が返ってくるので、お客さんとの接点も増えます。

あえて、反応が返ってくる仕掛けを作るのもGOODです。

毎月、メルマガではなく、チラシとしてのメルマガを作っておき(正確には「ニュースレター」)、それを商品と一緒にお届けすれば、「お知らせ送ってもいいですか?」なんて聞かなくても、全員のお客様に送ることができます。

しかも、「二度と送ってくるな!」なんて怒られることも一切なし。。

1年間通用するチラシを作っておけば非常に楽です。

どういったチラシを同梱するかについては、色んなお店を利用することでいいアイデアが得られます。特に、個人色の強いお店や、大手でもちゃんと専任スタッフが運営しているところは、リピーター対策に力を入れていることが多いですね。

2013年07月27日

初心者の9割が失敗する理由

こういうネタは繰り返し投稿しておいたほうがよさそうですね。ネットショップを始める人の9割以上が失敗する理由は大きく分けて3つ。

1. 計算ができない
2. 集中するポイントが見当違い
3. マイナス思考

1.計算ができない

タダ同然で起業できるネット販売と言えども、算数の計算ができないとお話にならないです。

5000円で仕入れた商品が10000円で売れた。でも、広告費や諸経費で6000円かかった。1000円の赤字である。

10000円-5000円-6000円=△1000円

逆にこの計算が出来ればOK。


2.集中するポイントが見当違い

初心者の多くは、お店づくりに集中します。ウェブ編集は慣れないことなので一生懸命頑張るのはわかるのですが、お店はいくら作りこんでもお客さんは来ません。

とにかく広告(マーケティング)を勉強してください。広告8割です。広告がわかってないと、他を頑張っても無駄です。


3.マイナス思考

そのままです。例え、残念な結果が出ても、それをプラス的に解釈できないと精神的にきついと思います。まずは、プラス思考というか、マイナスのことでもプラスに解釈する考え方を身につける。

2013年07月25日

レビューの信頼度を下げる行為

久しぶりに楽天でショッピング。

レビューを書くと200円割引だったので、泣く泣く「商品到着前」にレビュー投稿。

「とってもコンパクトで使いやすいです。ボタンがもう少し大きれば◎ですが、コスパがいいので良とします。今後の改善を期待します。」

ありがちな投稿で。

届いてもないのにレビューってレビューじゃないですが、ま、それが今のネット事情ですから良いでしょう。

そういう事情を踏まえて買い物しましょう。

レビューは信用できませんが、つい信用して買ってしまって失敗します。でも、当たりもハズレも含めて、ショッピングの楽しみ。

2013年07月16日

ウソだらけのページタイトル

とっても欲しいモノがあってネット検索をしてたんですが、どこのお店も売り切ればかり・・・

そこで、「在庫あり ◯◯(商品名)」と検索すると、ページタイトルに「在庫あり 即納 ◯◯」という結果が多数出てきました。

「見つかった!」と喜んだのもつかの間・・・

実際は「在庫切れ」「売り切れ」ばかり。

タイトルにウソを入れちゃダメでしょう(怒)

売り切れている商品を載せておくのは仕方ないにしても、「ないモノをある」と表示するのは真っ赤なウソになるので、例え一時的でも、やめて欲しいですね。

というより、消費者として、そもそも「在庫あり」というキーワードで検索するほうが間違いで、別の方法で目当ての品を探したほうが良いです。

別の方法は、なかなか骨の折れる方法ですよ。

すばり!

取り扱い店に片っ端からメールを送りまくる。

「おたく、売り切れとか書いてるけど実は在庫持ってんじゃないの?」と。

迷惑メールか?というくらい送りまくる。

今回、これで大成功いたしました。

代引きで届きます。

ただ、問い合わせのメールは何通送ったかわからなくなっています。

各店舗様には申し訳ございませんが、今さらお返事頂いても困りますので、この記事を見たならこちらへのメールはご遠慮下さい。

そういう勝手な客は困りますね・・・