◆WADAX[ワダックス]大活用  
« Eストアー・ショップサーブ2 | メイン | おすすめ本 »

2011年04月06日

WADAXメンテナンスとバックアップ

このサイトはWADAXさんにお世話になっております。朝から鯖がおかしいではないか!?と思ったらメンテナンスでした。でも、「30分程度」のはずが、「作業が難航している」とかで、4時間近く使えない状態が続きました。普段、きわめて快適なので、使っていることさえ忘れてるのですが、いざこういう事態になると、不安になってきます。で、こんなときいつも考えるのはバックアップです。

別にサーバーを借りてコツコツバックアップをしておけば、ネームサーバーを切り替えるだけで瞬時に引越しが完了できるんですが、そのコツコツが・・・自動でやってくれるソフトとかないんですかね。5ページ10ページのサイトならまだしも、ざっと見ても1000ページ以上はあるし、CGIもどこにどれだけ入ってるかもわからないし。もう、WADAXと一蓮托生ですな。合掌。

P.S.
WADAXのActive! Mail(ウェブメール)はめちゃくちゃ使いやすいですよ。

2011年02月18日

WADAXのActive! Mailサイコー

最近、GmailにプラスしてWADAXのActive! Mailを利用しています。これ、無料なんですが、ぶっちゃけ使えますよ。便利なのは、テンプレートと定型文機能です。

よく使う書式はテンプレートとして保存しておけば1クリックで呼び出して、即送信OK。なんと!送信先や件名まで雛形化できてしまいます(BCCやCCも保存!)。そして、しょーもない問い合わせなどには、定型文をペタっと貼りつけて送り返すだけ。

テンプレートや定型文の制限はないので、「よくある」系は、登録しておけばサクっと処理できます。ショップ運営やビジネスメールの時間がだいぶ短縮できますよ。まじでおすすめです。

2009年08月30日

WADAXサーバースペック強化

このサイトとブログを運用している、レンタルサーバー大手WADAXの鯖(サーバーのこと)のスペックが最近大幅に改善されたようです。それに伴い、このMT(Movable Type)の記事を投稿、再構築するたびにエラーが出ていたのが、どうやら出なくなったようです。よかったよかった。それだけ。

2009年03月08日

ワダックスのパス

「/」で始まる絶対パスですが、http://www.yourdomain.com/が起点となる場合と、サーバーのさらに深い部分が起点になる場合があります。

ワダックスの場合以下の通り。

/home/yourdomain-com/public_html/〜

となります。

2009年02月18日

Active! Mail(アクティブメール)ログイン画面

ワダックス・アクティブメールのログイン画面

以下のユーザー専用
sv07.wadax.ne.jp(Qmail)
sv08.wadax.ne.jp
sv09.wadax.ne.jp
sv48.wadax.ne.jp
hs08.wadax.ne.jp

*Qmail・・・メールアカウントの追加や削除、転送などの設定をします。


ワダックス・アクティブメールのログイン画面(2)

以下のユーザー専用
sv10.wadax.ne.jp
sv11.wadax.ne.jp
sv12.wadax.ne.jp
sv49.wadax.ne.jp
sv63.wadax.ne.jp
sv78.wadax.ne.jp

2009年02月05日

PHP Version 5~でmod_rewrite

WADAXの新サーバーに移行したのは良いんですが、旧サーバーで使えていたmod_rewriteが機能しなくなってしまいました。また「〜/index.php?abc=000」を「〜/?abc=000」と簡略化することもできなくなっています。mod_rewriteで静的URLを使いまくっている人は、新サーバーへの移行はかなり危険かもしれません。とりあえずは大きく影響はないので移行しますが、できればApacheとかにめちゃめちゃ詳しい人教えてください〜〜い!焼肉おごるから!w

※注意※
きわめてマニアックな内容のため初心者には関係のない話です。

2009年01月19日

MT4.23導入完了

WADAXの新サーバーに移行して、早速MT4を入れてみました。なんのトラブルもなくスムーズに導入完了です。MT3よりもかなり使いやすくなってます。

2008年12月16日

WADAX使いこなし~隠れたメリット

実は、今回のWADAXSV33サーバーのダウンがきっかけで、ひとつ解約してしまいました。トラブルがあったから解約したのではなくて、契約からちょうど1年経っていたのと、たった1ページの会社案内のために月額2000円はバブリーすぎるという点。

以上を考えて移行を決断しました。
要するにコスト削減。
これで、年間約20000円の節約です。
焼肉1回分也。
(めったに食べませんが)

さて、今回のSV33事件は不運でしたが、各運営者にとっては危機管理を真剣に考えるきっかけになったと思います。

という話ではなくて、この記事はWADAXの隠れメリットについて。

WADAXは、レンタルサーバーの代名詞みたいなところですが、レンタルサーバーは「賃貸マンション」に例えられます。

サーバーのハードやソフトの技術は日進月歩です。3年前に入居したサーバーの隣にできた新築サーバーを比べるとびっくりするような差が出ていたりします。

例えるなら、3年前のサーバーはガスコンロ。でも新築はIHクッキングヒーター。風呂場に、3年前にはなかった地デジ防水テレビが標準装備。3年前は40平米だったけど、新築は100平米。

このような場合、他の業者を利用していると、「新築はええなぁ〜」と指をくわえて悔しい思いをするだけで終わりますが、ワダックスは違います。

な!なんと!新築へ無料で引っ越しできるのです!

しかも、新築が完成するたびに無料で引っ越しし放題。

常に最新式住居に住めるなんて夢のような話ですが、ここのサーバーでは現実の話です。というか常識です。「引っ越しは自分でやってね。」という条件はありますが、サーバーの引っ越しなんて数時間あれば十分。

WADAXで、最新式オリジナル・ネットショップを始めてみませんか。もちろん、「自作」でやる決意のある方のみ。右も左もわからないHTML初心者が使うところじゃありませんので、くれぐれもご注意ください。

2008年12月11日

「ご迷惑」どころではない

SV33サーバーいまだつながらず。orz

幸い、会社案内のサイトだったので、たいしてイタくはないのですが、こんな状況は、まったく想定外だったので、バックアップなし。

あぁ・・・なんてことに・・・

と言うわけで、泣く泣くやりたくもないウェブ制作実践中。SV33でネットショップをやってる人は、この2日間売上げ0円のうえ、メールの送受信が完全アウト。これはご迷惑どころの話ではないですよね。

とりあえず、ロリポに一時避難しましたが、ネットショップの場合の一時避難はロリポではちょっと苦しいですね。普段から、こういったことを想定して「避難訓練?」なんてことも?やるわけないでしょ・・・


2008年12月10日

WADAXに攻撃!?

現在、SV07、SV12、SV14、SV33を利用してるけど、SV33は未だにつながらない状態。たまたま、このサーバーではショップはやってなかったんで良かったけど、SV33のショップさんはエライことになってますね。

で、障害情報を再度チェックすると・・・

sv33.wadax.ne.jpサーバーに対し、アクセスの異常過多が確認出来ており、 原因といたしまして、海外からの不特定多数のIPアドレスから 攻撃を受けているため通常の10倍以上ものトラフィックが流れ 接続しにくい状況が続いております。

あちゃ・・・攻撃ですか?サイバーテロ?
しかもSV33ご指名で?

これがホンマの話なら、仕方ないことですけどね。こんなときサポートに電話してもストレスがたまるだけなんで、寝て待つべし。

2008年12月09日

ワダックス障害情報

ワダックスの障害情報はこちら

今日の夕方から障害が発生。

一部ネットワークに高負荷がかかったためとなります。

ということですが、それは具体的にどーいうことか今度聞いてみます。たぶん、聞いてもよくわからないとは思いますが、自分が入居しているエレベーターが止まったのと同じことですから、原因が何だったのかは知りたいところです。

って考えると、ネットワークだのサーバの再起動だの、通常のショップ運営では使わないような知識ですけど、やっぱある程度知っておくほうがよさそうですね。

関係ないですけど、「ホームページを制作してくれた会社が倒産しました。どこのサーバーと契約しているのかわかりません。」みたいな相談を見かけました。論外の話ですが決して他人事ではないですね。回答にもありますが、ドメインやサーバーは自己管理が原則です。

2008年10月18日

ワダックスでブログ、に限界か?

このブログはワダックスサーバですが、記事が増えてきてから、再構築のときほぼ100%でサーバエラーです。おそらくCGIのサーバへの負担とかなんとかが影響してそうです。

koikikukanさんのMTテンプレートを使う場合は、ワダックスは使うな、と言わないといけないかもしれません。小粋空間 さんのテンプレートも良いしワダックスも良いんですけどね・・・

2008年09月02日

EC CUBEにも対応

http://wadax.ne.jp/user/mn/eccube/index.html

ようやくWADAXがEC CUBEに対応しました。ただし、以前のサーバー(sv01〜sv24、hd01、hs01〜hs03)はMySQLのバージョンが古いので非対応。

このサイトはSV07なんで残念ながら利用不可。これから申し込むならバッチリ使えますね。EC CUBEはダウンロード販売にも対応してるのでしょうかね。こちらの機能一覧で確認してみてください。

2008年07月17日

PHPのバージョンを調べる方法

PHPにはバージョンがあって、モノによっては動かないこともあります。「あれ?うちのサーバーのPHPのバージョンは何だっけ?」というとき簡単に調べる方法は以下の通り。

メモ帳に

<?
phpinfo()
?>

※もちろんすべて半角

と3行書いて、「info.php」としてサーバーにアップの後アクセス。だら〜っと英語でインフォメーションが出てきます。その一番上に「PHP VERSION 4.4.4」などと書かれています。

phpのバージョンを調べる方法
2008年02月26日

ウェブメールがかなり良い

レンタル鯖大手のわだっくすには無料のウェブメールがついています。無料だから、どーせしょーもないモノやろう・・・ところが見て使ってびっくり、非常に使いやすくて◎(二重丸)ですね。説明書も何も読まなくても、いきなり直感で使えてしまいます。

Gmailは検索機能とスパムフィルターが優れていますが、ネットショップのメールをあれこれするには不向きです。yahoo! mailは、検索の遅さとフィルターの無能さがピカイチです。アウトルック・エクスプレスの検索も機能も論外。おてがる通販は、インストールされているパソコンでしか使えません。

わだっくすのActive! Mailは、定型文、つまりテンプレート(雛形)をあらかじめ登録しておいて、メール送信時にワンタッチで挿入できるのです。ウェブメールですからどこからでもアクセス。

ありふれた機能かもしれませんが無駄のないユーザーフレンドリーなつくり。ありそうでなかったウェブメールと言えるのじゃないでしょうか。結構おすすめですね。

ウェブメール

2008年02月10日

Qmail不在通知設定の文字化け

WADAXのQmailでは不在通知設定が可能となっていますが、IEで設定した場合文字化けしてしまいます。これを回避するのはFire Foxというブラウザを利用します。

ちょっと面倒ですが、Fire Foxがない場合は下記よりDLしてインストールします。

http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/

そして、Qmailの不在通知設定の箇所にアクセスします。

その後、[表示(v)]→[文字エンコード(c)]→[日本語(ISO-2022-JP)]

とした上で入力して「設定」を押します。

以上で完了です。

2007年10月29日

WADAXメール送信ができない

ヤフーBBを使っているのですが、迷惑メール対策やらなんやらでプロバイダーの設定が変って、サーバーを使ったメール受信はできても、メール送信ができなくなる場合があります。

ワダックスの場合は、以下の設定でクリアできます。

メールソフト:「Outlook Express 6」の場合

1. ツール → アカウント
2. 変更するメールのプロパティ
3. サーバータブ → 一番下の「このサーバーは認証が必要」をチェック
4. 「このサーバーは認証が必要」の設定をクリック
5. 「次のアカウントとパスワードでログオンする」をチェック
6. メルアド、パスワードを入力(「パスワードを保存する」をチェック」)
7. OKを押す

「セキュリティで保護されたパスワードで認証ログオンする」はチェック不要

さらに、プロパティの「詳細設定」タブ

8. 送信メール(SMTP)の番号「25」を「587」に変更、そしてOK

これで送信できます。

できない場合や、その他のメールソフトの設定に関しては、WADAXまでお問い合わせください。

2007年05月15日

WADAXはブログもイケルぞ

http://www.netshop7.com/cp-bin/blog/index.php

1クリックで導入。

余計な機能は省いて、非常にシンプルにできているブログなので、店長日記やニュースなどにおすすめ。

2006年12月26日

アクセスログを削除しよう。

アクセス解析ログ"

サーバーには容量があるんですが、アクセスログが意外に容量を食ってしまいます。ほうっておくと20メガにも30メガにもなってしまいます。ブロンズコースなら10%ものエリアを犯してしまうことになります。

WADAXが提供するアクセス解析CGIを使っていないのであれば削除します。削除してもサーバーの動作には問題ありませんし、また自動生成されます。

ファイルのある場所は、public_html以下の階層(ディレクトリ)にある、「access_log」、及び「access_log.1〜.gz」。ついでにエラーログ「error_log」、「error_log.1〜.gz」も削除します。

ただし、この階層にある、他のファイルは削除しないように注意してください。

2006年11月21日

アクセス解析ログの容量に注意

コントロールパネルにWEBの使用量が出ているのですが、Mr.アクセス解析のログは、この使用量に反映されません。WEBの使用量が50%、と安心していてもログは容量を食いますからご注意ください。

ログも、管理画面の使用量に反映させるためには、ログの所有者(web)から本来の所有者名に変更する必要があります。FTPでは変更できないので、いったんダウンロードして上書きします。もしくは、ダウンロードしてバックアップを取っておき、削除する。