*

アクセスユーザーは4タイプに分けて考える

公開日: : 最終更新日:2015/10/25 ウェブ・テクニック, ネットショップ運営, マーケティング, 販売心理学

ネットショップを公開すると、予想通りのアクセス以外、予想外の訪問者もたくさんやってくるようになります。そこで、基準となるのがユーザーの意識分け。全部で4段階です。

A. 無知
B. 無関心
C. 考えている
D. 困っている

このサイトの例で、訪問キーワードをもとに、ユーザーを分けて見ます。サイトのテーマはネットショップの開業や運営なので、それに対する関心度で4つに分ける感じです。

A. 無関係(例)「エクセルの使い方」でやってきた
B. わずかな興味(例)「ネット通販のしくみは」でやってきた
C. 考えている(例)「販売サイトを作るには」でやってきた
D. 今すぐ開業したい(例)「ショップサーブ使用感」でやってきた

教材などを販売している場合は、B~Cがターゲットになりますが、Bの訪問客に具体的なテクニック教材を販売しようとしても売れず、むしろ、ネット販売初級講座のようなメルマガなどを配信するところからスタートしたほうが良さそうです。CとDは、開業に近いので売りやすいですが、緊急性に微妙な違いがあるので、見せ方がやや難しくなります。

ショッピングサイトでも、そのまま応用できますよね。例えば、「○○(商品) 販売」と検索してやってきたユーザーは確実にCやD。「○○(商品)とは」なんてやってきたユーザーはBで、すぐに購入に繋がるとは限らない。訪問キーワードもページよって異なってくるので、ページ毎の対策が必要になります。

もちろん、お客さんの意識は必ず4段階のどれかに当てはまりますが、C寄りのBや、D寄りのCといった場合もあるので、ページ作りのため、サイト作りのための考え方の基準(フレームワーク)にすると良いですね。

ちなみに、今回の4段階は、OATH(オース)の法則を別の言葉で、応用しやすいよう書き換えてみました。興味ある方は調べて見てください。

Adsense

関連記事

自社内で

自社内でネットショップを立ち上げた場合の運用コストについて

自社内で通販事業部を立ち上げる場合の運用コストについて。 すでに製品があるものとして考えた

記事を読む

メルカリ売れた

メルカリ売れた!(初注文)苦節200日!?

メルカリに出品すること100日か200日か。コメントやイイネなどがつくものの売れる気配なく完全放置す

記事を読む

ヤフーショッピング自社サイトに埋め込む

自社サイトにヤフーショッピングを埋め込む方法

いくつか考えられるものを。 1つ目は、自社サイト内に商品ページが既にあって、そのページにヤフー

記事を読む

カウントダウン

時限(カウントダウン)タイマーを設置したい

楽天でショッピング中に見かけた、この100分の1秒単位でカウントダウン(キッチンタイマー?)

記事を読む

提灯記事

記事広告と提灯記事とステルスマーケティング

またひとつ言葉を学習。 「提灯(ちょうちん)記事」 ちょっと古めかしい言葉ですがステルス

記事を読む

ウェブダブ

ウェブダブ(WebDAV)これは超便利!

WebDAV(ウェブダブ) サーバーにアクセスする場合、通常はFTPソフトが必要ですが、Web

記事を読む

メールでバレる

メールでバレるお店のレベル、あなたのレベル

「卸販売してくれますか?」ってひとことメール。 なんですか。それ。 一応、メールには書き

記事を読む

レスポンシブ・サイトとは

レスポンシブル・サイトとは

responsiveは「反応する」という意味の形容詞。「レスポンシブル・サイト」とは、「反応するサイ

記事を読む

カラーミーで開店

改善を重ねる大手のウェブページのデザインが参考になる

カラーミーショップをたまに覗くと、ウェブサイトのデザインがガラリと変わっていたりします。今のデザイン

記事を読む

ウェブ接客

「ネットショップは販売業としては欠陥だらけ」ということを意識したほうが良いかも

一見、便利なネット通販ですが、実店舗の販売業と比較すると、実に欠陥だらけということに気づくと思い

記事を読む

Adsense

Adsense

アプリスキル
アプリ開発の技術くれ

S-chop(スコップ)というアプリをご存知でしょうか。 『スマ

呪縛からの開放
無料当たり前という固定観念の呪縛かの開放

ネットショップを開業している人にとっては、当たり前のASP(通販システ

グランプリ受賞
ネットショップ大賞2016グランプリ受賞を逃す

すみません。別にノミネートされていたわけでも、声がかかったわけでも

仕事にやる気は必要か
「仕事にやる気って必要ですか?」って相談と回答を読んでみた

読売ONLINEの発言小町のとあるトピックにヒット。 「仕事

生き延びる裏ワザ
メーカーが生き残るために裏ワザ的に使える便利なWEBサービス

ネットショップでは、メーカー品をメーカーから仕入れて販売しているわけで

→もっと見る

PAGE TOP ↑