*

ネットショップ運営者が押さえるべきアクセス解析8つのポイント

公開日: : 最終更新日:2015/01/20 ウェブ・テクニック, ネットショップ運営

ネットショップを開店して1~2年は毎日のようにアクセス解析を見てました。何人の訪問があったのか、どのようなキーワードで訪問されたのか、など。

10年以上経って、Googleアナリティクスを始め、アクセス解析はかなり高度化したわけですが、それを使うほうは、いまいち進化してないんですよね。

本当は、アクセス数などの基本的なところはマスターしたうえで、LPOだのEFOだのを行いながら、A/Bテストも行い、コンバージョン率を高めていくのが本業のはずが、どうも脳が拒否反応を起こしてしまいます。

だからと言って、基本的なところだけでダメかというと、それで全然やっていけてるわけなんで、LPOだのEFOなど、高度なことはいらないだろう、という結論に至りました。

そこで、ネットショップ運営者が押さえるべきアクセス解析のポイントを、基本的な専門用語も入れながら、おさらいです。

(1)アクセス数
何人の訪問数だったのか。今は、セッション数と呼ばれることも。ページビュー(何ページ閲覧されたか)というのと、ユニーク・ビジター(ユーザー)(何人の人が来たか)という2つの内容に分けられています。セッションとは、あるお客さんが訪問してから退出するまでの一連の行動のこと。

(2)リンク元
「どの検索エンジンからやってきたか。」「どこのサイトからやってきたか。」といった、訪問してきたお客さんが直前にどこにいたかわかります。検索エンジンなら検索してきたということがわかりますが、中には知恵袋で紹介されていたりmixiなどで話題にされいたり。

(3)キーワード
主に検索エンジンからご来店の場合は、どのようなキーワードで検索されたかがわかります。思い通りの見込み客が集められているかというチェックにもなりますし、関係ないキーワードで訪問したのに、購入に至っているお客さんがいたり。

(4)ランディングページ
日本語で言うなら入り口ページ。ネットショップにはトップページがありますが、お客さんは必ずしもトップページから入ってくるとは限らず、商品ページから入ってきたり、ブログから入ってきたり。中には特定商取引法のページから入ってくることも。

(5)離脱(出口)ページ
お客さんが入ってきベージに対して出て行ったページのこと。これが、「ご注文ありがとうございました。」のページならありがたいのですが、離脱ページで課題になるのは、購入に至らず途中で出て行ったお客さん・・・なぜ帰ったの?

(6)直帰率
1ページだけ見て帰ってしまう率。当サイトでは、「年商とは?月商とは?年収とは?」の直帰率が92%もあります。100人が訪問しても92人はこのページだけ見てどこかへ行ってしまうと言うことです。見込み客をこの割合で逃していると、おそらく改善すべき箇所が満載のはずです。

(7)コンバージョン率
成約率のこと。100人の訪問(100のセッション数)があって1件注文が入った場合、コンバージョン率は1%。1000セッションで1件なら0.1%。正確なコンバージョン率を測るためには、注文完了ページにも解析タグ(トラッキングコード)を仕込んでおく必要があります。

(8)行動フロー
トレースという言葉を使うこともありますが、訪問者がどこのページから入ってきて、どのようにページを移動して、それぞれのページにはどれくらい滞在したのかがわかります。ユーザーの行動が手に取るようにわかるので、こちらのシナリオ通り行動してくれているかチェックするなどに活用できます。

これくらいの基礎だけ知っていれば十分じゃないでしょうかね。

Adsense

関連記事

セット割

まとめ割り機能で客単価アップ(セット割引)

ショップサーブのまとめ割り機能の使い方講座2回目です。(使い方講座1回目) 前回は、いわゆる「

記事を読む

ルナスケープ

Lunascape(ルナスケープ)

Lunascape(ルナスケープ)とは、Chromeやインターネット・エクスプローラーなどと同じ、イ

記事を読む

ネットショップで使える販売心理学

ネットショップで稼ぐ方法簡単なんですが・・・

今やネットショップだらけで簡単に儲かるような状況ではないです。でも、開店前にキーワードを調べ、競合店

記事を読む

屋号口座

ネット販売向け屋号口座が作れるオススメの銀行

もうね、頭の古い人とはお話ができないです。ソニー銀行とか新生銀行とか楽天銀行とか、ネット専用の銀行名

記事を読む

no image

父の日は6月第3日曜日!そろそろ準備を

父の日販促の準備をそろそろしないと行けないですね。 父の日に贈り物をしたことがない運営者は、「

記事を読む

仕入先を聞かれたら

お客様に仕入れ先を聞かれた場合

ネットショップをやっていると、必ずくる問い合わせのひとつが「仕入先を教えてほしい」「メーカーはどこで

記事を読む

スタッフ採用

スタッフ採用時に注意しなければいけないこと

アメリカの著名なアナリストが、iPhoneでお馴染みのアップル社の経営陣を「無能だから交代すべき」と

記事を読む

日経便文

日本経済新聞がオモシロイ

紙媒体の購読を辞めてからもう10年以上経つかもれませんが、ちゃんとネットでチェックしています。すべて

記事を読む

画像検索

商品写真だけの一覧ページを作りたい

店舗内の商品検索は、品名や品番など「テキスト(文字)検索」が基本。 でも、商品数が多いと、テキ

記事を読む

なりすましサイトに注意!

お客様に、なりすましサイトや偽サイトについて注意喚起する

先日、ネットで買い物をしていたら、「成りすましサイトにご注意ください。」と大きく表示しているネットシ

記事を読む

Adsense

Adsense

アプリスキル
アプリ開発の技術くれ

S-chop(スコップ)というアプリをご存知でしょうか。 『スマ

呪縛からの開放
無料当たり前という固定観念の呪縛かの開放

ネットショップを開業している人にとっては、当たり前のASP(通販システ

グランプリ受賞
ネットショップ大賞2016グランプリ受賞を逃す

すみません。別にノミネートされていたわけでも、声がかかったわけでも

仕事にやる気は必要か
「仕事にやる気って必要ですか?」って相談と回答を読んでみた

読売ONLINEの発言小町のとあるトピックにヒット。 「仕事

生き延びる裏ワザ
メーカーが生き残るために裏ワザ的に使える便利なWEBサービス

ネットショップでは、メーカー品をメーカーから仕入れて販売しているわけで

→もっと見る

PAGE TOP ↑