*

ショップサーブ:APIが使用可能に!

公開日: : 最終更新日:2016/07/20 ショップサーブ, 日記

ショップサーブのAPIを利用できるようにします 10月30日予定

ショップサーブの各種データをAPIによって外部に開放します。店舗さんの受注情報などを活用して、新しい機能の作成や他のアプリケーションと連携できます。受注連携ツールや、在庫連携ツールなどとリアルタイムでデータのやり取りをできるので、自社システムを構築されている店舗さんや、各種連携ツールをご利用の店舗さんは、これまでよりも効率良く店舗を運営できます。

API・・・さらに便利になりそうです。

APIとは、アプリケーション・プログラミング・インタフェース (Application Programming Interface)の略。

簡単に説明すると、例えば、ショップサーブに保管されいる顧客データ。

これを取り出そうと思うと、これまでは、管理画面に入って条件(「名前とメルアドだけか?」それとも、「住所や購入履歴も」といった条件)をを設定したうえで、CSVファイルで取り出して使う必要がありました。

でも、APIが利用できるようになると、そういった面倒な手順を踏まなくても、例えば、「顧客管理ソフト(API対応が必要)が直接ショップサーブのデータベースにアクセスして、データを入手できるようになる」という感じです。

だから、メルマガも、ショップサーブの超簡素なメルマガ機能を使わず、高機能なメルマガ・アプリケーションを使って、さまざまな差し込み(などをしながら、メルマガが送信できるようになるわけです。

多店舗展開していたり、大量の顧客データを持っていてダイレクトメール(メールや郵送)などを使っている場合などは、かなりやりやすくなると思います。

ちょっと高度な技術なので、「なにが便利なのかわからない。」「1店舗だけで運営していて、ショップサーブの今の機能だけで特に困っていない。」というお店さんには、ほとんど関係ない機能なので無視して良いでしょう。

Adsense

関連記事

セレクトショップ開業

リアル(実店舗)のセレクトショップ開業方法について

リアルのビジネスを始めようと思ったとき、誰もが、まずはネットで情報収集すると思います。ところが、

記事を読む

領収書PDF

領収書はPDFファイルでダウンロードしてもらう

楽天で日用品をお買い物。カートの最後のステップで領収書を希望に(○)をしたら、後日「PDFでダウンロ

記事を読む

マネー

知らずに余計に払わされているお金

入会金ってよくわかりませんよね。スポーツジムの会員募集ポスターが貼ってあって、見ると、「入会金150

記事を読む

イノベーター理論

イノベーター理論を知って、すっきり。

イノベーター理論とは、簡単に言えば、消費者を5つのパターンに分けた考え方です。新商品や新サービスが出

記事を読む

販売力

楽天出店ショップの商品ページの販売力に学ぶ

楽天に出店すると、出店料やロイヤリティーはもちろんのこと、CSVファイルのアップロードやダウンロード

記事を読む

常時SSL化

常時SSL化へ向けてのテスト体験

ホームページビルダーでPC用に作ったサイトが10年経って、レスポンシブデザイン必須という時代になった

記事を読む

スーツケース

従来型バッグとスーツケース(キャリーバッグ)

「出張時はスーツケース(キャリーバッグ)」が定番化しつつあります。そんな時代の趨勢に便乗して出張時は

記事を読む

アマゾン

アマゾン(amazon)は敵のはずが・・・

当店で販売している商品を、仕入れ値以下で販売し続けるアマゾン。 正確には、アマゾン本体ではなく

記事を読む

相続税

国vs国民!財産の取り合い合戦

この1月から相続税が変わりましたね。 国はできるだけ取りたい。 でも、国民はできるだけ払

記事を読む

重ねるCSS

商品写真の上に文字や画像を重ねるCSS

初めての沖縄旅行にテンション上がりまくりの女の子ちゃん 商品写真に文字を入れる場合、基

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑