*

アプリ開発の技術くれ

公開日: : 最終更新日:2017/10/21 ECニュース, おもしろキーワード, ショップサーブ

S-chop(スコップ)というアプリをご存知でしょうか。

『スマートフォンに搭載されているインカメラを使って、スポンサーの商品と一緒に自撮りすることで、お金が貯まる全国初のアプリサービス』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000016268.html

ここで言う自撮りは、InstaやFBなどに投稿する自撮りのことですね。スポンサーの商品と一緒に自撮りしたり、使っている自分を撮ったりしてSNSに投稿することで報酬が得られるということでしょう。

上記の記事によると、これまでは写真の売買をするアプリはあったみたいですが、このアプリは写真を買い取らないのが特徴だそうです。

『普段の自撮りと一緒に写るシチュエーションに価値を付加します。』
(上記URLに同じ)

主語が抜けてるので抽象的な感じですね。

主語を入れてみましょう。

『(S-chop(スコップ))は普段の自撮りと一緒に写るシチュエーションに価値を付加します。』
(上記URLに同じ)

ん~、これでも漠然とした感じですね。個人的な解釈では、「スポンサーの商品と一緒に自撮りして、それをSNSに投稿することで商品のPRになります。拡散の度合いによって報酬の額も違ってきます。」

ユーザーが得る報酬の原資はスポンサーからの広告料ですから、そういうことなのではないでしょうか?そして、アプリ開発業者はスポンサーからの広告料から自社の取り分を差し引いて、残りをユーザーに分配する。

商品と一緒に自撮りして、「この商品いいね。」と企業のマーケティングのお手伝いをしていることを告げずに掲載してしまうのはステマ的になるので問題になるかもしれないですね。

アフィリの場合も、URLのリダイレクトなどアフィリであることを隠してユーザーを誘導するのはASPから禁止されていますから、このアプリでもそのへんのガイドラインはきっちりやっていることでしょう。

このアプリは大きくは話題になっていないようですが、SNS全盛の今の時勢にピッタリの(アフィリに代わる?)お小遣い稼ぎではないでしょうか。だって、商品と一緒に自撮りするだけで10円~500円の報酬ですから。ブログ立ち上げてあれこれやる必要ないですし即金になるわけですから。

金額は自撮り(ミッション)の難易度によって変わるみたいです。ゲーミフィケーション的でおもしろいですね。難関を目指すユーザーの中にはスーパーアフィリエーターな人も出て来るかもしれません。

とまぁ~、ひとつの記事だけであれこれ考えてみたところで言いたいことはひとつ。

アプリ開発能力が欲しい・・・

(S-chop(スコップ)のようなアイデアは、これまで日本になかったわけですが、アイデアを持っている人は、もしかするとたくさんいたのかもしれません。でも、アイデアだけあってもアプリとして実現できなければ意味ないですから。

こういったアプリの話題を見ていると、ショップサーブなどのASPはちょっと遅れ気味なのかな?と思いますね。もっと、スマホを活用して楽にショップ運営ができるようなシステムに持っていけないですか?パソコン持ち歩くのもなかなか大変ですし。


Adsense

関連記事

納品書

ショップサーブの納品書のフォントを明朝体に変更する方法

納品書のフォントの初期設定はゴシック体です。「このフォントを変えたい!」と思っている方もいるでしょう

記事を読む

no image

ピア・プレッシャー(同化圧力)とは

18時。 定時終わりで、「さぁ帰ろう」と思うけど、周りはみんな定番の残業を黙々と。 帰り

記事を読む

ハミングバード

ハミングバードを知らないあなたは・・・

「ハミングバード」と聞いて「何それ?」というあなたは相当遅れています。本日学んだ専門用語、英語で言う

記事を読む

危険

個人提供のネットサービスを選ぶ場合は要注意

独自アフィリエイトのプログラムを買ったことがあります。個人プログラマーが開発したPHPを使ったアプリ

記事を読む

ゲーム

ネットショップはゲーム。みんなビビりすぎ。

ホリエモンが「みんなは起業にビビりすぎ。」と言ったそうです。何かの記事で、見出ししか見てませんが。ネ

記事を読む

検索達人

「デキル」ネットショップ運営者は検索の達人

「調べりゃすぐにわかることを、調べずもせずに教えてくれ。」という人、いますよね~。ま、そういう人達は

記事を読む

自作のすすめ

ネットショップ自作のすすめ、も・・・

ネットショップを始める場合、ショップサーブなどの開業サービスを使ってスタートするのが一般的になりまし

記事を読む

カートバック

ブラウザの右下に「カートへ戻る」のリンクボタンを常時表示させる方法

yahoo! shoppingや楽天にあってショップサーブにないもの。 それは、右下に常時表示

記事を読む

業務用卸販売

一応、卸会員サイト化にはできるが・・・

2月末のショップサーブのニュースを今知ったんですが(遅っ)、なんと!「BtoB、業務用卸売、会員専用

記事を読む

激減

今後10年で激減する業種「経理担当」、激増する業種「ITコンサルタント」

2014年に、オックスフォード大学が、あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」というレポートを出し

記事を読む

Adsense

Adsense

実店舗激減でネット市場さらに盛り上がるか
実店舗小売業激減でネットショップさらに繁栄か

ンニングシューズとかトレーニンウェア、水着などなど近くの大型スポーツ店

信用
人の言っていることも信用できないけど自分の言動も信用できない

「Tシャツ専門のネットショップをやりたい。」という気持ちを10年以上前

ネットがつまらない
ネットがつまらなくなった理由を考えてみた

古くからネットをやっている人で「ネットつまらなくなったよね~」という人

新しいネットショップ
久々に新しいネットショップを立ち上げてみた

ひまになったので、新しい商材でネットショップを立ち上げてみました。ひと

ロボット掃除機
今後伸びる熱い市場、狙い目商品はロボット掃除機!?

「ルンバが欲しい。」なんてよく聞きますがまったく興味なし。「だいたい段

→もっと見る

PAGE TOP ↑