*

文脈効果をセールスに使おう

公開日: : 最終更新日:2016/07/29 基礎知識やノウハウ, 売上アップの方法, 販売心理学

商品を普通に載せるだけでバンバン売れる時代は、とっくの昔に終わって、今はあれこれ心理テクニックを駆使して販売する時代になりました。

幸い、ネット情報もすっかり充実したので、その辺の販売テクニックは無料で取り放題です。ある意味楽な時代ですね。

今回は「文脈効果」です。

例えば、同じ言葉でも、文脈によって解釈が違ってという話です。食卓で「おい、さとう」と言えば、「砂糖を取ってくれ」と解釈かれますが、その場に佐藤がいれば、佐藤を呼んでいると解釈されるわけです。

販売の現場では、商品の置かれている状況を操作することで、商品の価値や価格の感じ方を変えさせようとするものです。

ぱっと思いつくのはお土産ですかね~。クッキー10枚とかをご立派な化粧箱に入れて1500円とかで販売している状況です。裸のクッキー10枚が透明の袋に入っている場合と比べても、価値の感じ方が違います。

中身の原価は5円くらいなのに、おしゃれな容器やケースに入れることで300円にも500円にも化けさせるような半ば詐欺的なやり方も見かけます。当店でも、化粧箱の大きさやデザインからイメージする価格とは比べ物にならないくらい安い原価の商品もあります。

消費者としては、雑貨店で、まんまと文脈効果にやられてしまったことがあります。100円ペンがたくさん入ったブリキ缶の中に、値札のついていないおしゃれなペンが複数入っていました。100円だと思い込んでレジで精算すると1本500円でした…orz


Adsense

関連記事

no image

初頭効果の営業マンを客観的に見ると

心理学で言う初頭効果とは、「初対面以降、第一印象に引きづられる。」ということですね。営業案のSさんが

記事を読む

スマホだけで開店

スマホだけでネットショップが開店できるようになった

スマホやタブレットが普及し始めたころから、「タブレットだけでネットショップが開業できますか?」なんて

記事を読む

人気店から学ぶ

売れているお店からテクニックを学ぶ

売れているお店には、販売のコツが満載です。今回は、某ショッピングモールの2015年の受賞店を覗いて回

記事を読む

商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べて、訪問者数は少なくなります。

記事を読む

電話

要件がある場合は留守電に入れましょう

最近は電話を使わない人のほうが多くなりましたね。 先方:電話かけてきましたが運転中です。

記事を読む

quocard2

QUOカードや金券を確実に経費にする方法

(www.quocard.com/) quoカードはもちろん、商品券やビール券、最近では、

記事を読む

ブチ切れ

こんなサービスは、もう解約だ

某クレジットカード会社からの利用明細が届いて、ポイントを見ると1000ポイント。「そろそろ何かに交換

記事を読む

高いと思わせない

安かろう悪かろうと思わせないテクニック

最近は、安く映画やドラマが見放題になるサービスが増えてきています。H社にN社、そして、おなじみA社も

記事を読む

教材買って失敗

乗せられて教材を買って失敗した話

世の中には、「売るのがうまい人」がいるんですよね。 いいモノを見極める力は、それなりにあると思

記事を読む

カウントダウン

人気主婦ブロガーのビジネス化

調べ物していたときに衝撃的なブログがヒット。 失礼ながら、内容は普通なんですが、その主婦のブロ

記事を読む

Adsense

Adsense

常時SSL
がっくりorz…常時SSLを無料で利用できるプラン発見、灯台下暗し

つい2,3日前に、さくらインターネットを使った常時SSLオプションが、

常時SSL化
常時SSL化へ向けてのテスト体験

ホームページビルダーでPC用に作ったサイトが10年経って、レスポンシブ

オモシロ質問
問い合わせに返答したところ、おもしろい返信が!

ネットショップ開業に特化したサイトをやっていると、やはり、それに関連し

やってはいけない
ネットショップ開業でやってはいけないこと

やってはいけないこと。それは、マルチタスク。マルチタスクは言ってみれば

チョコとオズボーン
バレンタイン商戦のブレイクスルーに学ぶ

いよいよ今月の一大イベントのバレンタインデーです。バレンタインと言えば

→もっと見る

PAGE TOP ↑