*

カートボタンを押した後は何をして欲しいのかを考えると

公開日: : 最終更新日:2018/05/13 CSSやHTML、CGI, ウェブ・テクニック, ショップサーブ

お客様がカートボタンを押した後、それも購入商品が決まったなら、お店としては、できるだけ早く「購入完了」まで手続きを進めて欲しいわけです。購入までのステップが多すぎたり、画面デザインのメリハリがなく、どこを押して良いかわからなかったり。

そういった、カート内で「お客様の購入」を「邪魔するやつら」や「不安をあおるやつら」は極力なくしたいのです。邪魔と不安にやられて、お客さんがカートから離れることを「カゴ落ち」と言いますが、カゴ落ち率は極力避けたい。」と願うのがネットショップの店長であり、オーナーであり、担当者であります。

で、ショップサーブのカートですが、同社は「良いカートだ」と宣伝していますが、使っている身からすると、「どこがやねん!」とツッコミたくなることが多々ありました。特に、最近気になったのは「ボタン」です。「全部同じデザインって・・・」

これ↓

カートボタン

「会員登録」ボタンに「買い物に戻る」ボタン、「数量変更」ボタンに「購入手続きへ」のボタン、全部で8個ほどあります。お客さんは「次はどのボタンを押せば良いのかな?」と8個所探すことになります。こんな無駄なことはありません。

「ほんと、クソだな。このカートは。」とディスってしまったのですが、いつの間にか、カスタマイズできるようになっていました。

大変失礼をばいたしました。

m(_ _)m

自由に、簡単に、ボタンを入れ替えることができるようになっていたんです。これは、とてもありがたいですね。まだ変更シていないショップさんは、すぐにボタンの入れ替えをしてカゴ落ち率を下げ注文数を増やす対策を行いましょう。

入れ替えのステップは超簡単です。

1.ボタン作る
2.入れ替える

以上です。

ポイントとしては、購入へと導くのに直接関係のあるボタンを優先すると良いです。数量の「変更」とか「削除」はそのままか、今より目立たなくしても良いかもしれません。時間あれば重要度の低いボタンも手を入れたいですね。

設定個所は、管理画面内ショッピングカートの「メッセージの編集」の個所です。ボタンの変更と、テキスト文字の変更ができます。

ボタンの大きさは制限なさそうです・・・

カート2

いかがしょう。

これでお客様も迷うことなく、このボタンを押してくれるのではないでしょうか。もちろん、これはふざけてます。これだと、お客さん迷うどころか、ボタンに釘付けでフリーズしてしまうかもしれません。

デザイン的にはボタンの大きさや色を統一するのは大事なことなんです。でも、これがカート内となると、「美しさを目指したデザイン」から、「お客様に買ってもらうためのデザイン」に変わるってことですね。



Adsense

関連記事

ブラックリスト

カラーミー ブラックリスト登録方法

注文を受けて商品を出すと必ずトラブルになる。」 そんな客はブラックリストに登録して注文

記事を読む

確定申告

「確定申告作成や会計はネットから」がスタンダード

パソコンを買い換えると、これからの時期に活躍するあのソフト入ってないんです。会計ソフト。で、ソフトの

記事を読む

Googleドライブ

アンケートフォームならGoogleドライブがおすすめ

これまでアンケートフォームといえば、フォームメールCGIを独自に設置したり、広告付きのレンタルを借り

記事を読む

ゲーム

ネットショップはゲーム。みんなビビりすぎ。

ホリエモンが「みんなは起業にビビりすぎ。」と言ったそうです。何かの記事で、見出ししか見てませんが。ネ

記事を読む

no image

長時間作業に集中したい時にはクラシック

「この3時間で、ショップサーブの商品ページの作り込みと、ブログを2つ書いておきたい。」と気合を入れた

記事を読む

no image

恒例になりつつある月末検索ワードをネタにしたライティング

netsea 評判 netsea(ネッシー)は、いわゆるBtoBサイトです。仕入れしたい個人事業や

記事を読む

勘違い

かっこいいと思っていたデザインは実は最悪だった

サイト開設時から使っていたブログ(今放置)のレイアウト・デザインですが、当時は「かっこいい。」と思っ

記事を読む

売れるネットショップのWEBデザインについて

古くからネットショップを営む老舗店が、店主の自作ホームページの延長だったりします。そのため、WEBデ

記事を読む

生き延びる裏ワザ

メーカーが生き残るために裏ワザ的に使える便利なWEBサービス

ネットショップでは、メーカー品をメーカーから仕入れて販売しているわけですが、新商品の案内が来たと思え

記事を読む

コーディング

コーディングという仕事

気がつけば、世の中では「ウェブページ作成」のことが「コーディング」と言われるようになっているらしい。

記事を読む

Adsense

Adsense

貴重なセミナー終わるかも
貴重なセミナー終わっちゃうかもよ~

ショップサーブを運営するEストアーが、ネットショップの新規開業ユーザー

no image
QUESTの法則ランディングページ

ランディングページを作りるにあたり、消費者行動モデルはどれを適用するか

インスタグラムからのネット販売
インスタからのネット販売

「これ欲しい~」とメッセージもらったのがインスタのキャプチャ。ユーザー

オリジナルページ
ショップサーブオリジナルページへのカートボタン他

物忘れがひどくなるのは年齢のせい? たま~にHTMLやCGIをい

ai
問い合わせの傾向から感じる流通の変化

最近問い合わせが増えてるって記事を書いたんですが、実は、もうひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑