*

「 販売心理学 」 一覧

恐るべし「現状維持の法則」

打ち合わせでランチに行ったとき、おもしろいメニューがたくさんあって「食べたことのないものを食べよう。」と思ったら、取引先さんは冒険しない派。いつも、知っているメニューしか頼まないそうです。「失敗したく

続きを見る

リンダ問題をりさ子問題に書き換えてみた

たまに心理学について調べてみると面白いです。今回のは、販売心理学というわけではないですが、普段から、人間はこのような思考のクセを持っていることを意識するのは大切ではないでしょうか。 りさ子問題

続きを見る

初頭効果の営業マンを客観的に見ると

心理学で言う初頭効果とは、「初対面以降、第一印象に引きづられる。」ということですね。営業案のSさんがそれにあたります。小太りで女性受けはしないですが、いつもニコニコしていて物腰柔らかなな人です。見積書

続きを見る

個人事業主がハンコやHPを作って得する理由

以前取引しそうになった個人事業主さんがいたのですが見積書のハンコが苗字だったんですよね~。 別に悪いことではないですが、「個人」丸出しで、正直、あまり印象が良くないです。個人でやっていても、

続きを見る

文脈効果をセールスに使おう

商品を普通に載せるだけでバンバン売れる時代は、とっくの昔に終わって、今はあれこれ心理テクニックを駆使して販売する時代になりました。 幸い、ネット情報もすっかり充実したので、その辺の販売テクニック

続きを見る

マッチングリスク意識と返品保証

マッチングリスク意識は、「これぞ販売テクニックの中の販売テクニック」という心理学の応用です。 マッチングリスク意識とは、簡単に言うと、何か商品を買うときに「失敗したらどうしよう・・・」とか「サイ

続きを見る

接種理論を商品説明に活かそう

いろいろな商材を販売してきましたが、「これは完璧!」という商品はないということを悟りました。 例えば、イタリア製の商品は、デザイン性は非常に優れているけど機能面で日本製に及ばなかったり(ま、そこ

続きを見る

キャッチコピーのお供「シャルパンティエ効果」

キャッチコピーやライティングをするときは、いろいろなテクニックを盛り込みながらやらないといけないんですが、つい忘れて、イケてない自己流になってしまいます。独りよがりのキャッチや文章は売り上げダウンの素

続きを見る

ローボール・テクニックを応用する

ローボールとは低い球。高い球より捕りやすい。野球から来ているのかどうかは知りませんが、「生ビール1杯100円!」で客を呼び込んでおいて、ツマミや料理を割高にして客単価を取るようなやり方で、詐欺などによ

続きを見る

広告のキャッチコピーは認知的不協和が最強か

公告のキャッチコピーを考える際、物販の場合は、「たらいが50%OFF」とか「2016年流行のたわし」「春夏新作まな板登場」といった、安いとか新しいとか流行だとかいった表面的なことが訴求点になるわけです

続きを見る

「GW明けは売上が落ちる…」という迷惑メール

メールを開くと「GW明けは売上が落ちる...」という件名の迷惑メールが入っていました。迷惑メールフィルターをかわして受信トレイに登場です。 「連休明けに売上が落ちるのは当たり前。だから、別に連休

続きを見る

廃棄食品横流し

CoCo壱番屋の産廃業者の冷凍ビーフカツ横流し事件のニュース。以前、デリバリー(出前)のポータルサイトからココイチのカレーを注文したのに、待てど暮らせど、カレーがやって来なかった悲しい事件を思い出した

続きを見る

トップセラーに認知的不協和が使える商品はあるか

最強ネット仕入れのトップセラー(Top Seller)by もしもの商品を見ながら認知的不協和を起こすようなキャチコピーをファンタサイズしてみた。 認知的不協和のキャッチ例がたくさんあると良いな

続きを見る

プロスペクト理論ってどうよ

行動経済学というジャンルに「プロスペクト理論」というのがあるんですが、ちょっと疑問というか、すっきりしないですね。 Wikiから引用します。 質問1:あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が

続きを見る

ハード・トゥ・ゲット・テクニックの意味

ハード・トゥ・ゲット・テクニックとは、「アナタだけに」という特別感で相手の自己重要感を刺激して好意を抱いてもらう手法のことです。恋愛関係の本やサイトなどでよく紹介されています。この「hard to g

続きを見る

アクセスユーザーは4タイプに分けて考える

ネットショップを公開すると、予想通りのアクセス以外、予想外の訪問者もたくさんやってくるようになります。そこで、基準となるのがユーザーの意識分け。全部で4段階です。 A. 無知 B. 無関心

続きを見る

Adsense

Adsense

呪縛からの開放
無料当たり前という固定観念の呪縛かの開放

ネットショップを開業している人にとっては、当たり前のASP(通販システ

グランプリ受賞
ネットショップ大賞2016グランプリ受賞を逃す

すみません。別にノミネートされていたわけでも、声がかかったわけでも

仕事にやる気は必要か
「仕事にやる気って必要ですか?」って相談と回答を読んでみた

読売ONLINEの発言小町のとあるトピックにヒット。 「仕事

生き延びる裏ワザ
メーカーが生き残るために裏ワザ的に使える便利なWEBサービス

ネットショップでは、メーカー品をメーカーから仕入れて販売しているわけで

コンビニ経営
「セブン-イレブンで年商2億」の広告のLP

関係無くても年商2億と見るとついクリックしてしまった先は、セブンイレブ

→もっと見る

PAGE TOP ↑