*

注文が入るようになるお店の前提条件

今年ネットショップをオープンした人も、相変わらず多いですが、見ていると商品点数が数点だったり数十点だったり。

ん~・・・それでは、待てど暮らせど注文なんて入らないんだよね~。普通は。

もちろん、商品力が強烈な場合は、1アイテムだけでもバンバン売れるわけですが、商品力の高い商品て今どき少ないですからね。普通の商品の場合は、そんなやり方では、まったく通用しないのが今のネット通販事情。

で、どうするかというと、「アイテム数を増やす。」注文が入るようにするためには、人が集まってくるサイトにすることが優先事項。コンセプトやSEOも大事ですが、それ以前に商品数はもっと大事。というか大前提。

数ページだとSEOはあっという間に終了。終わると、それ以上することがなくなるので、待つことになるわけですが、待てど暮らせど・・・いくらコンセプトがよくても商品数が少なければ、絵に描いた餅。

「商品数を増やせ」と言われても、「仕入れてるのはこれだけだし・・・」という声も聞こえてきますが、そこで良く使われるのがドロップシッピング。アフィリエイトチャレンジでもおなじみの、「もしも」には、在庫しなくて販売できる商品が40万点以上あります。その中から、自分のお店に合いそうなものをセレクトしてショップサーブなどで出店しているお店ページに追加していくだけ。

最低でも1000点は目指したいですね。最初は、自分の仕入れた商品以外が売れるかもしれませんが、ちゃんと利益もでるし、そのうち在庫品も売れるようになるでしょう。というやり方。

「気持ちを込めて商品を選んでるので、よくわからないサイトのよくわからない商品なんて売りたくない」という気持ちもわかるんですが、実店舗じゃないんですから、そんな悠長なことは言ってられないのです。

※condition(条件)

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)




Adsense

関連記事

CRM

顧客管理にはいろいろあるけれどネットショップのCRMは?

ひとことに顧客管理(CRM)と言っても、その意味はさまざまなんですよね。例えば、売上だけ見てあれ

記事を読む

手書き風フォント

お客様の声は手書き風フォントで書き換える

いい内容のお客様の声をメールでもらっても、そのままテキスト文字で表示すると味気がなくなるんですよね。

記事を読む

SNSで集客

ネットショップSNSで集客

訪問キーワード。 ショップサーブでも、Facebookページを自動更新できるEストアーコネクト

記事を読む

消化仕入れ

どっちがおいしい?「買い取り仕入れ」と「消化仕入れ」

買い取り仕入れとは、文字通り、メーカー問屋から商品を買い取って販売するスタイル。商品は自社に在庫した

記事を読む

ネッシー

ネット仕入れのネッシーにイイネ!

ネッシーにはサプライヤー(卸)としても参加していますが、仕入れも利用します。お客さんから「これを仕入

記事を読む

no image

父の日は6月第3日曜日!そろそろ準備を

父の日販促の準備をそろそろしないと行けないですね。 父の日に贈り物をしたことがない運営者は、「

記事を読む

改善希望

管理画面のユーザリビリティーの向上を

Eストアー(ショップサーブ)に要望! 昔から思っていたこと。誰も指摘していないのか?それとも、

記事を読む

個人法人

個人と法人の違い(ネットショップの場合)

法人と個人事業の違いとか、メリット・デメリットとかは、検索するとたくさん出てくるので省略して、ネット

記事を読む

カート利用料にびっくり

やっぱロイヤリティーありえないわ・・・

たまに、ショップサーブのご利用料金レポートを見てびっくりすることがあります。 月額9560円の

記事を読む

リマーケティング

リマーケティングの仕組み

ネットビジネスをやってると横文字だらけ。英語のシャワーを浴びる状態です。ほとんど外国語をおぼえるよう

記事を読む

Adsense

Adsense

実店舗激減でネット市場さらに盛り上がるか
実店舗小売業激減でネットショップさらに繁栄か

ンニングシューズとかトレーニンウェア、水着などなど近くの大型スポーツ店

信用
人の言っていることも信用できないけど自分の言動も信用できない

「Tシャツ専門のネットショップをやりたい。」という気持ちを10年以上前

ネットがつまらない
ネットがつまらなくなった理由を考えてみた

古くからネットをやっている人で「ネットつまらなくなったよね~」という人

新しいネットショップ
久々に新しいネットショップを立ち上げてみた

ひまになったので、新しい商材でネットショップを立ち上げてみました。ひと

ロボット掃除機
今後伸びる熱い市場、狙い目商品はロボット掃除機!?

「ルンバが欲しい。」なんてよく聞きますがまったく興味なし。「だいたい段

→もっと見る

PAGE TOP ↑