*

注文が入るようになるお店の前提条件

今年ネットショップをオープンした人も、相変わらず多いですが、見ていると商品点数が数点だったり数十点だったり。

ん~・・・それでは、待てど暮らせど注文なんて入らないんだよね~。普通は。

もちろん、商品力が強烈な場合は、1アイテムだけでもバンバン売れるわけですが、商品力の高い商品て今どき少ないですからね。普通の商品の場合は、そんなやり方では、まったく通用しないのが今のネット通販事情。

で、どうするかというと、「アイテム数を増やす。」注文が入るようにするためには、人が集まってくるサイトにすることが優先事項。コンセプトやSEOも大事ですが、それ以前に商品数はもっと大事。というか大前提。

数ページだとSEOはあっという間に終了。終わると、それ以上することがなくなるので、待つことになるわけですが、待てど暮らせど・・・いくらコンセプトがよくても商品数が少なければ、絵に描いた餅。

「商品数を増やせ」と言われても、「仕入れてるのはこれだけだし・・・」という声も聞こえてきますが、そこで良く使われるのがドロップシッピング。アフィリエイトチャレンジでもおなじみの、「もしも」には、在庫しなくて販売できる商品が40万点以上あります。その中から、自分のお店に合いそうなものをセレクトしてショップサーブなどで出店しているお店ページに追加していくだけ。

最低でも1000点は目指したいですね。最初は、自分の仕入れた商品以外が売れるかもしれませんが、ちゃんと利益もでるし、そのうち在庫品も売れるようになるでしょう。というやり方。

「気持ちを込めて商品を選んでるので、よくわからないサイトのよくわからない商品なんて売りたくない」という気持ちもわかるんですが、実店舗じゃないんですから、そんな悠長なことは言ってられないのです。

※condition(条件)

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)




Adsense

関連記事

ライバルで飽和?

ライバルが多く飽和状態?勝ち目はあるの?

今回は2つの質問をまとめてチョイス。 今から参入しても飽和状態ではありませんか? 売りたい商

記事を読む

卸

棚卸しはやっていない。やってはいけない理由

「棚卸しはやらないです。」と言うのは言い過ぎで、棚卸しをするのは年に1回だけで十分です。それは事業の

記事を読む

アンダードッグ効果

アンダードッグ効果にやられる人は多い

別名「負け犬効果」 スポーツの試合などで、劣勢にあるチームをつい応援したくなる、あの心理です。

記事を読む

利益率

利益率は高ければ高いほどいい

「仕入れがいくら」「掛け率がいくら」など、結局のところ、ショップ運営者、あるいは仕入れ担当者が知りた

記事を読む

wixでブログ

ネットショップ用ブログをWixで始めるのも良い

ネットショップの運営にブログはつきものですが、ブログの書き方がわかっていないお店や活用しきれていない

記事を読む

あなたの知らない世界

使わなければ一生知ることのない世界

時速制限のないことで有名なドイツのアウトバーン。そこを日本車(GT-R/日産)で300km以上のスピ

記事を読む

no image

11月の訪問キーワードトップ10

先月の訪問キーワードのトップ10。 トップは「ネット販売 個人」です。「どのような疑問

記事を読む

提灯記事

記事広告と提灯記事とステルスマーケティング

またひとつ言葉を学習。 「提灯(ちょうちん)記事」 ちょっと古めかしい言葉ですがステルス

記事を読む

カウントダウン

人気主婦ブロガーのビジネス化

調べ物していたときに衝撃的なブログがヒット。 失礼ながら、内容は普通なんですが、その主婦のブロ

記事を読む

spike

ネット販売業界激震!?カード手数料0円のサービス

現在使っているショップサーブのクレジットカードの手数料は業界でも最安値クラス。VISAやMASTER

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
従来型バッグとスーツケース(キャリーバッグ)

「出張時はスーツケース(キャリーバッグ)」が定番化しつつあります。そん

ネットショップ講座名古屋
ネットショップ講座 名古屋

久々のオモシロキーワードです。 「ネットショップ講座 名古屋」

現状維持
恐るべし「現状維持の法則」

打ち合わせでランチに行ったとき、おもしろいメニューがたくさんあって「食

心理学
ネットショップ運営は心理学だ!?

商品をネットに公開するだけで売れていたのは今は昔。マーケティングにセー

ココナラ
副業派必読「得意を売り買いココナラ」はすばらしいキャッチコピーだから「出品してみた感想」

「ネット業界の人」ということが周りに周知されたようで、「こんなコマーシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑