*

楽天アマゾンに学べ!クーポン乱発で客単価をアップさせよう

公開日: : 最終更新日:2018/01/11 日記

クーポン乱発で客単価アップ
よほどのことがない限り使わない大好きな楽天お買い物中、ある異変に気づきました。それはクーポンです。どの商品ページを開いても「クーポンゲットしたら割り引くよ!」というやつです。クーポンと言えば、「当該ネットショップ以外の任意の場所やタイミングで発行されたものを本店で使う」というスタイルだという印象でしたが、このお店(他のお店も?)は商品ページにでかでかとバナーを貼り付けていました。(アマゾンもやってますね。)

こんな感じです。

クーポン乱発で客単価アップ

これをクリックすると、有効期限や利用条件(どの端末で使えるか?金額は?併用はNGなど)、そして、クーポンの説明が書かれているページに移動します。そして「クーポンを使う」というボタンをクリックすると、「クーポン使用状態」に変わります。

その後商品をカートに入れるのですが、そのタイミングでは「クーポン利用中」というのはわかりませんが、「購入手続き」へとページを進めると、次のようにクーポンがしっかり入っていました。

クーポン

このお店は5,000円以上で300円割引のクーポンでした。さすが楽天なかなか攻めてますね。

さて、この「客単価をアップさせるクーポン戦略を取り入れたいけど楽天には出店していない。」というお店で、クーポンが使えないASP(レンタル・ネットショップ)をご利用のお店さんは、残念ながらここで終了です。クーポンを使った客単価アップはできません。

ショップサーブは、お馴染みのクーポン機能を使って、この楽天のお店と、同じようなやり方を取り入れることができます。「楽天と全く同じに」というわけにはいきませんが、ほぼ同じようなやり方が実現できます。

クーポン発行

ここから入って、期間はクーポンコードを設定します。楽天と違うのは、「クーポンコードをお客様に入力してもらわないといけない」という点です。

商品をカートに入れて手続きを進めて行くと、クーポコードを入れる個所が現れます。できるだけ、覚えやすいk-度を発行するのがコツです。使える文字が半角英数字なので、例えば、「saburo」(300円オフ)や「goro」(500円OFF)」、「noguchi」(1000円)などがいいかもしれません。いつでも使えるクーポンだと価値がなくなるので1ヶ月や3ヶ月など、期限を設けるのがポイントです。

クーポン用のバナーは、別途作成が必要でです。バナーにクーポンコードを表示すれば、別ページを作る必要もないのでオススメですよ。お客様には「最少のクリック数で購入してもらう。」のがネットショップの目指すところなので、お客様があっちのページ行ったり、こっちのページいったりなどしないように、シンプルに動線を作るのがコツです。

※参照
ショップサーブのクーポンで販促!設定方法



Adsense

関連記事

ライン電話

LINE電話の品質が良かった

最近よくLINE電話を使います。無料ですし、通話品質もだいぶ良くなってるので、友達との会話くらいなら

記事を読む

マイナンバー

マイナンバーの封筒を開けて学ぶ

仕事はもちろんのこと、物事には優先順位というやつがあって、好きな人からのLINEは真っ先に返す。そし

記事を読む

梱包は大切

男性諸君と大雑把な性格の人は梱包方法に注意が必要

面白そうなビジネス教材CDがあったので思わず買ってしまいました。 届いてびっくりです。

記事を読む

オリジナル商品の作り方

いろいろあるオリジナル商品の作り方のまとめ

ショップ運営も軌道に乗るとオリジナル商品を作りたくなるもの。オリジナル商品は、販売価格を自由につ

記事を読む

ネットビジネス

ネットショップとアフィリはテクニックが9割

ネットビジネスはテクニックやノウハウを持ってるか否かで決まりそうですね。 オークションを見てい

記事を読む

副業GO

副業はネットショップでGO!

「脱サラしてネットショップ起業」なんて言葉も、なつかしいですが、今では副業基本ですからね。 ど

記事を読む

ストリートビュー

ネット販売自宅開業者が嫌がるストリートビュー?

アマゾンに出店している業者で商品(数十万円)を買ったのですが、店名と住所のギャップに一瞬「やられたか

記事を読む

メルマガ編

ネットショップ運営は戦術フルコースで(メルマガまだまだ効果あり編)

ネットショップ開業しました。商品並べました。はいおしまい。 これでやっていけたら誰も苦労し

記事を読む

ブラックリスト

クレジットカード残高不足で利用停止。。。

クレジットカードが使えないと思ったら残高不足で引き落としができなかったらしい・・・ 学生時代以

記事を読む

おすすめPC

ネットショップ運営おすすめPC

オススメのパソコンはズバリ「ハイスペック」です。 つい、「安いのを」と考えてしまうんですが

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑