*

ショップサーブのクーポンで販促!設定方法

公開日: : 最終更新日:2015/09/02 ウェブ・テクニック, ショップサーブ, マーケティング

クーポンとは簡単に言えば割引券。ネットショップにとってクーポンは便利な機能です。ほとんどが自動化しているので、お客さんに、有効期限が切れたクーポンを出されて「すみません。このクーポン、期限が切れているんですよ。」なんて言うこともなし。自動的に無効化できます。

さて、ショップサーブでは標準ツールとして、このクーポン発行機能がついています。利用料はもちろん無料。設定は8箇所です。

クーポン

1.利用対象・・・「誰でも」か「会員」
2.クーポンコード・・・お客さんに入力してもらうコード(半角英数字)
3.クーポン名・・・「秋の大セール」等何でも自由に
4.発行期間・・・1日から10年間まで!w
5.割引・・・定額(500円、1000円等)や「10%、20%」など定率
6.利用金額条件・・・「指定しない」か「1万円以上」など自由に設定可能
7.回数制限・・・クーポン利用対象が会員のみに使える
8.クーポン対象商品・・・「全商品」か任意の「カテゴリー」

※お店のポイントを発行している場合は、ポイントの還元をクーポン発行前か後に決めることが可能。

ネットショップとしてクーポンを使う場合は、ショップサイト内というより、リスティング広告からのランディングページや、外部の広告で使うことのほうが多いかも知れませんね。

クーポンを使ったマーケティングは次のようなステップでしょうか。

ステップ1.クーポンキャンペーンの内容を検討決定
 (どのページで配るか、上記8項目、また目的など)

ステップ2.バナー等作成・LP等ページ編集・メルマガ等発行

クーポンコードはできるだけ短く覚えやすいものにするのも良いですね。期間はあまり長いと特別感が出ないので適度に区切るのが良さそうです。今回は「秋の大セール」と題し9月10月に限定してみました。割引率は定額で500円。

Adsense

関連記事

バリエーション

バリエーションに価格設定が可能になった

ショップサーブからのお知らせ。 バリエーションごとに価格を設定できるようになったので早速チェッ

記事を読む

no image

ショップサーブのサイトがリニューアル

ショップサーブのサイトがリニューアルされました。 (管理画面も早くニューアルしてくれ。)

記事を読む

テクニック

やられてしまった・・・実店舗雑貨店のずる賢い販売テクニック

「たまにはリアルの「モノ」を見なければ」と思って駅ナカの雑貨店でウロウロしていました。ちょうど赤のボ

記事を読む

オプション

1商品にオプション10個まで設定可能

ある商品を購入するときに、カートボタンの上に「カラー」や「サイズ」を選べるやつ(プルダウン)がついて

記事を読む

カラーミー

ハンドメイド品のカラーミショップユーザー店舗利用

「これは欲しい!」というものがあって検索したところ、カラーミーショップに出店している店舗さんがヒット

記事を読む

商品が届かない

ネットで注文した商品が届かない場合

ネットで注文した商品が届かないことがあります。 理由はだいたい3つです。 1.詐欺サ

記事を読む

ブラックな手法

確かに存在するブラック?グレー?なやり方

暇つぶしで某巨大掲示板を見て回ってたら、「アフィリで月○○万稼いでるけど質問ある?」といったスレッド

記事を読む

no image

取り残される人、波に乗れる人

VHSビデオテ-プとかカセットテープとか、はたまた、ガラケーやFAXとか。すでに役目を(ほぼ)終えた

記事を読む

ネーミングの研究

ネーミングの研究

楽して儲けたいと思えば、ネーミング。いまひとつの商品でもネーミング次第でバカ売れ。とまでも行かないま

記事を読む

レスポンシブ・サイトとは

レスポンシブル・サイトとは

responsiveは「反応する」という意味の形容詞。「レスポンシブル・サイト」とは、「反応するサイ

記事を読む

Adsense

Adsense

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

読みたくなる
つい読みたくなる、クリックしたくなるタイトルの作り方

捨てメアドの整理をしていたらキャッチコピー系のメルマガが気になってつい

→もっと見る

PAGE TOP ↑