*

商品代引の場合の振込先はどうなるの?

公開日: : 最終更新日:2015/03/02 基礎知識やノウハウ, 相談・質問・疑問

商品代引きを利用する場合は、ヤマト運輸や佐川急便と契約する必要があります。そして、回収された代金の振込み先は、こちらで自由に決めることができます。

通常は、月単位でまとめて振り込まれます。例えば、5000円の代引きが月間10件あった場合、回収代金は5万円です。この代金が振り込まれるわけですが、その際、振り込み手数料が引かれます。安ければ400円程度ですが、運送会社の利用する銀行によって多少違う場合もあります。

郵便代引きも契約(日本郵便株式会社と)して使う場合は、ヤマト運輸や佐川などのように、月単位で回収代金を振り込みしてくれるサービスがありますが、何の契約もなく、郵便代引きを使った場合は、ゆうちょ銀行の口座か、郵便振替口座が振込先になります。

それで、注意しないといけないのは、契約なしで郵便の代引きを利用すると、注文毎に振込みが行われてしまう点です。5000円の代引きを10件、契約なしで送った場合、10回の振込みということになります。一番安い手数料で130円(配達日の3~4日後の振込み)なので1,300円のコストがかかってしまうことになります。月間5件程度なら650円で済みます。継続的に商品代引きを使う場合は、契約をしておいたほうが良いでしょう。

ちなみに、郵便代引きの代引き手数料は260円でかなり安いです。Tシャツなど、5万円未満で、小型で軽量のものは、定形外郵便の代引きを使えば、送料のコストはかなり安くなります。

例えば、3000円のTシャツを送った場合:

Tシャツ:3000円
郵便料金:250円(250gまで)
代引手数料:260円
回収代金振込み手数料:130円
=========================
3640円

回収代金の振り込み手数料をお客様の負担にするか、こちらで負担するかはお店の判断です。

Adsense

関連記事

no image

パソコンはなくなったりして

パソコンが不調で困っております。それも、Wi-Fiが繋がらないという致命的な不具合です。ネットワーク

記事を読む

質問ある?

「で働いてるけど質問ある」で勉強

いろいろな業種の人と知り合いたいとは思いますが、現実は、かなり限定的。そして、いざ知らない業界の人と

記事を読む

no image

OEM契約とライセンス契約の違い

輸入品を扱っている場合など、わりと頻繁に出てくる基礎知識「OEM(オーイーエム)契約」と「ライセンス

記事を読む

在庫仕訳

個人事業主の決算における在庫の仕訳

在庫と決算、簿記を勉強したり、経理に関わってないと、なかなか難しく感じます。 まず、在庫は、会

記事を読む

在宅ワーク

在宅ワーク、何をどうすればワカラナイ

「未経験、スキルなし。在宅ワークで仕事をしたいが、何から手を付けてよいかわからない。」という人がいる

記事を読む

海外から日本に販売

海外から販売したい?海外からのお問合わせが増加傾向

副業をしたい人は国内外を問わず増えてきたような気がします。ここで言う海外の人は、アメリカ、ドイツ

記事を読む

no image

海外から商品を仕入れるにはどうすれば良い?

海外から商品を仕入れる方法は、大きく分けると2つ。 1つは、日本に居ながらにしてネットを使い仕

記事を読む

家計管理も自動化デジタル化の時代がやってきた

ネットショップはデジタルの世界が前提で、運営工程の多くが自動化されています。 注文を受けると同

記事を読む

落とし穴

クリックされる広告を作るのに役立つ7つの考え

「広告見る→クリック→読む→買う」という流れを作りたいわけですが、いったいどういった広告を作れ良いの

記事を読む

no image

確定申告で年に一回の会計の勉強

確定申告の時期です。便利なツールや豊富な情報のお陰で、例年とは打って変わって、準備は8割ほど進んでい

記事を読む

Adsense

Adsense

no image
従来型バッグとスーツケース(キャリーバッグ)

「出張時はスーツケース(キャリーバッグ)」が定番化しつつあります。そん

ネットショップ講座名古屋
ネットショップ講座 名古屋

久々のオモシロキーワードです。 「ネットショップ講座 名古屋」

現状維持
恐るべし「現状維持の法則」

打ち合わせでランチに行ったとき、おもしろいメニューがたくさんあって「食

心理学
ネットショップ運営は心理学だ!?

商品をネットに公開するだけで売れていたのは今は昔。マーケティングにセー

ココナラ
副業派必読「得意を売り買いココナラ」はすばらしいキャッチコピーだから「出品してみた感想」

「ネット業界の人」ということが周りに周知されたようで、「こんなコマーシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑