*

商品代引の場合の振込先はどうなるの?

公開日: : 最終更新日:2015/03/02 基礎知識やノウハウ, 相談・質問・疑問

商品代引きを利用する場合は、ヤマト運輸や佐川急便と契約する必要があります。そして、回収された代金の振込み先は、こちらで自由に決めることができます。

通常は、月単位でまとめて振り込まれます。例えば、5000円の代引きが月間10件あった場合、回収代金は5万円です。この代金が振り込まれるわけですが、その際、振り込み手数料が引かれます。安ければ400円程度ですが、運送会社の利用する銀行によって多少違う場合もあります。

郵便代引きも契約(日本郵便株式会社と)して使う場合は、ヤマト運輸や佐川などのように、月単位で回収代金を振り込みしてくれるサービスがありますが、何の契約もなく、郵便代引きを使った場合は、ゆうちょ銀行の口座か、郵便振替口座が振込先になります。

それで、注意しないといけないのは、契約なしで郵便の代引きを利用すると、注文毎に振込みが行われてしまう点です。5000円の代引きを10件、契約なしで送った場合、10回の振込みということになります。一番安い手数料で130円(配達日の3~4日後の振込み)なので1,300円のコストがかかってしまうことになります。月間5件程度なら650円で済みます。継続的に商品代引きを使う場合は、契約をしておいたほうが良いでしょう。

ちなみに、郵便代引きの代引き手数料は260円でかなり安いです。Tシャツなど、5万円未満で、小型で軽量のものは、定形外郵便の代引きを使えば、送料のコストはかなり安くなります。

例えば、3000円のTシャツを送った場合:

Tシャツ:3000円
郵便料金:250円(250gまで)
代引手数料:260円
回収代金振込み手数料:130円
=========================
3640円

回収代金の振り込み手数料をお客様の負担にするか、こちらで負担するかはお店の判断です。

Adsense

関連記事

ネットショップ講座名古屋

ネットショップ講座 名古屋

久々のオモシロキーワードです。 「ネットショップ講座 名古屋」 「名古屋在住だが、ネット

記事を読む

仕入れに交渉は必要か?

仕入れ前に交渉は必要なのか?

色んな業界があって色んな商習慣があることをあらかじめお断りしておきます。 仕入れ前、つまり、ま

記事を読む

ガチT

粗利益の計算方法について

簿記の「ぼ」の字もわかってないころは、普通に「仕入れを増やせば経費が増える」と思い込んでいました。今

記事を読む

ブチ切れ

こんなサービスは、もう解約だ

某クレジットカード会社からの利用明細が届いて、ポイントを見ると1000ポイント。「そろそろ何かに交換

記事を読む

女の子二人組で運営している人気サイト

これは斬新なアイデアです。 例えば、この写真。 http://girlydrop.c

記事を読む

no image

ネットショップとしてオリンピック特需にあやかる方法を考えよう

「オリンピック特需」を英語で言うと「Olympic special demand」とそのままです

記事を読む

ビンテージ・グッズ

海外でゴミになるようなモノが日本では商品になる転用の発想

文化の違いで、アメリカやイタリア、フランスではゴミとして捨てられているようなモノが、「日本では商

記事を読む

個人店はやりたい放題

個人店 やりたい放題

おもしろキーワード。 このキーワード、主観ですが、「リアル店舗の個人店は(節税?脱税?)がやり

記事を読む

no image

送料の安い運送会社はエコ配できまり(条件は3つだけ!)

もう運送会社の値上げがすごいったらありゃしない・・・でも、時代に逆行するように格安の運送会社も台頭し

記事を読む

問屋

仕入れが難しい理由 – 問屋は目に見えない!? –

ここ数年の傾向なのかもしれませんが、「ネットショップの作り方」という検索ワードは激減です。代わりに「

記事を読む

Adsense

Adsense

イベントこじつけ
売り上げアップの秘訣の1つは季節のイベントにこじつけたキャンペーン

間もなく3月ですが、3月のビッグイベントは把握して準備されていますか?

常時SSL
がっくりorz…常時SSLを無料で利用できるプラン発見、灯台下暗し

つい2,3日前に、さくらインターネットを使った常時SSLオプションが、

常時SSL化
常時SSL化へ向けてのテスト体験

ホームページビルダーでPC用に作ったサイトが10年経って、レスポンシブ

オモシロ質問
問い合わせに返答したところ、おもしろい返信が!

ネットショップ開業に特化したサイトをやっていると、やはり、それに関連し

やってはいけない
ネットショップ開業でやってはいけないこと

やってはいけないこと。それは、マルチタスク。マルチタスクは言ってみれば

→もっと見る

PAGE TOP ↑