*

ショップオープン時にかかってくる電話はすべてスルー

公開日: : 最終更新日:2016/06/29 ネットショップ運営, 基礎知識やノウハウ

毎月29日は焼き肉の日。

さて、ネットショップをオープンさせると、じゃんじゃん電話がかかってくることがあります。多い時は一日に4本も5本もかかってきます。かかってこない日もあります。もちろん、オープンしたばかりなので、お客様からの電話はあろうはずもありません。そのほとんどが、いわゆる営業電話です。

迷惑電話です。

例えば、不運にも、そういった電話をとってしまった人のコメントはこんな感じです。


「***という会社です。社長いますか?」というので「おりません。」と答えたらあっさり切りやがりました。
「****のセミナーの勧誘のようです。」
「公共機関を装って契約を取ろうとする詐欺のようです。」
「断わっても、何度も何度もかかってきます。業務妨害にも甚だしい。 」→迷惑登録すれば済む
「しつこい。内容は幼稚レベル。こんなのに契約したらえらい目にあうよ。」
「SEOが通常価格の20%できるという売り込みです。」

以上を見てもらうとわかりますが、お店にかかってくる電話は、ほぼ100%内容がないんです。特に、ショッピングモールに新規出店をすると、「待ってました!」とばかりに電話がなります。新店紹介のページか何かをチェックしているのでしょう。

何度も書いていますが、スマホやガラケー、各種電話機には迷惑電話登録機能がついています。一度かかってきてゴミだと判断した番号は、迷惑登録しておけば次からは鳴りません。

ショッピングモールに出店した場合は、電話番号の掲載箇所、つまり、特定商取引法のページは編集ができませんが、ショップサーブなどの、独立系の開業サービスを使った場合は、特定商取引法のページをできるだけわかりにくい場所に移動さることができます。また、電話番号を自動取得されないよう画像化させる対策もやっておいて損はないと思います。

Adsense

関連記事

フォローメール

フォローメールはスマホで読まれることが多いことを考えると

楽天で買い物したお店からフォローメールが届きました。スマホで読んだわけですが、「さっと読めるのは

記事を読む

CPI

レンタルサーバーの時代はもう終わった

レンタルサーバーを借りてネットショップを作ったりホームページを作ったりしたい人が、2004年に100

記事を読む

大人専用

難しいことはイヤ!簡単にオリジナルロゴを作りたい。

ネットショップをやっていても、ロゴ作成だの写真編集だの、面倒くさくなるんですよね。いちいちソフトを立

記事を読む

在宅スタッフ

ネットショップ在宅スタッフの需要高まる?

ネットショッピング業界は右肩上がりとどまることをを知らずですが、ショップ運営の仕事の外注化が広まって

記事を読む

amazon

アマゾン・マーケットプレイスの特定商取引法について

そういえば、1年くらい前でしょうか。マーケットプレイスの出品者に特定商取引法にもとづいて、事業者

記事を読む

no image

確定申告で年に一回の会計の勉強

確定申告の時期です。便利なツールや豊富な情報のお陰で、例年とは打って変わって、準備は8割ほど進んでい

記事を読む

no image

アクセスユーザーは4タイプに分けて考える

ネットショップを公開すると、予想通りのアクセス以外、予想外の訪問者もたくさんやってくるようになります

記事を読む

ボトルキープ

自動車ディーラーのリピート対策を応用できるか

バーやスナック、居酒屋などの酒場では、リピート対策として「ボトルキープ」というのが当たり前に行われて

記事を読む

カウントダウン

人気主婦ブロガーのビジネス化

調べ物していたときに衝撃的なブログがヒット。 失礼ながら、内容は普通なんですが、その主婦のブロ

記事を読む

老化

素直な人と習慣を変えられる人だけが売り上げを伸ばせる

「これをするとお客さん集まるよ。」という集客や売り上げップのテクニックなどを紹介されてもやらない

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑