*

消費者直送を嫌がるメーカー・消費者直送をすべきメーカー

公開日: : 最終更新日:2017/02/18 ネットビジネス, マーケティング

消費者直送
個人宅への直送を嫌がるメーカーが口をそろえて言うのが「トラブルが嫌」です。

メーカーは決まった取引先へ配送するのが常となっているので、「時間通りに届かない!」とか「破損していたじゃないか!」、ましてや受け取り拒否など発生することがないんです。

だから、消費者に直送することになると、そういった「配送上のトラブルが発生するから困る。」というのです。具体的に何が困るかといいうと、「仕事が増える」のが困るんですよね。

ただでさえ忙しいのに、クレーム対応の仕事が増えるなんて、誰が考えても嫌です。しかも、対個人の対応なんてノウハウがありませんから、「どーしたものか。」ということになってしまいます。

ま、個人直送しなくても売り上げに困っていないメーカーの言い分はそれで良いと思います。でも、今後もっと「売り上げを増やしたい」と思っているメーカーや問屋は、個人直送を始めると良いと思いますよ。

「でも、トラブルが・・・」
「ノウハウないし・・・」

ご安心ください。

そもそも、個人宅へ直送した場合のクレームや問い合わせの9割以上は販売店に来ますから。

経験上ですが99.9%とでも言って良いくらいです。「クレームはこちら(メーカー)へ」とでも書かない限り、問い合わせや苦情は販売店、あるいは、破損している場合などは運送会社に連絡するのが消費者です。

そして、万が一クレームの電話がかかってきた場合は「販売店」に振れば済みます。もちろん、取引開始の段階で、「消費者からの問い合わせやクレームはそちらに回しますよ。」という契約をしておきます。口約束でも良いでしょう。立場的にはメーカーのほうが上ですから。

そのようにネットショッピングが盛んになるころから、エンドユーザーに直送しているメーカーは業績が良いです。というか、直送していなければ今頃はジリ貧だったと思います。

執筆:今日もメーカー直送品をショップサーブでネット販売する男


Adsense

関連記事

高い利益率

驚愕!こんなに高い利益率だとは!

シリーズものの本16冊ほどを古本市場へ持って行き買い取りしてもらうことに。番号札を渡されて、待つ間、

記事を読む

在宅スタッフ

ネットショップ在宅スタッフの需要高まる?

ネットショッピング業界は右肩上がりとどまることをを知らずですが、ショップ運営の仕事の外注化が広まって

記事を読む

衝動買いをするとき

衝動買いをする4つのポイント

珍しく衝動買い。 その心理を分析して4つのポイントにまとめてみた。 1. 信頼を確信

記事を読む

送料無料

送料無料で買うお客様を取り込む方法

『500円の商品を買いに来た。しかし、送料は860円。4個位まとめて買っても良いけど、それでも200

記事を読む

仕入れメール

仕入れをお願いするビジネスメールの書き方

仕入れをお願いするこをと正式には「新規取引のお願い」と言います。だからと言って、ビジネス文章の文例な

記事を読む

シンメトリー効果

デザインはシンメトリー効果を意識する

シンメトリーとは左右対称や上下左右でつり合っていること。ホームページのレイアウトが崩れていると「この

記事を読む

ニッポンの社訓はすごい

ニッポンの社訓はすごい!から8社

30分の時間つぶしのために、いつものコンビニの雑誌コーナー。さっと見渡して興味のあるタイトルの本や雑

記事を読む

認知的不協和

トップセラーに認知的不協和が使える商品はあるか

最強ネット仕入れのトップセラー(Top Seller)by もしもの商品を見ながら認知的不協和を起こ

記事を読む

ネットショップで使える販売心理学

ネットショップで稼ぐ方法簡単なんですが・・・

今やネットショップだらけで簡単に儲かるような状況ではないです。でも、開店前にキーワードを調べ、競合店

記事を読む

マネー

知らずに余計に払わされているお金

入会金ってよくわかりませんよね。スポーツジムの会員募集ポスターが貼ってあって、見ると、「入会金150

記事を読む

Adsense

Adsense

サテライトサイトの損益分岐点。「存続か閉鎖」の境目考察

細かい話なんですが、事実上廃止のサイトをいくつか持っています。それなり

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

→もっと見る

PAGE TOP ↑