*

屋号に「商店」や「堂」も古かっこいいかも

公開日: : 最終更新日:2017/04/18 おもしろキーワード, 起業や開業

屋号に堂や商店屋号の決め方ページにランディングのキーワード「堂」。

メジャーなところでは、ジュンク堂書店、キリン堂(ドラッグストア)、マイナーなところでは*麻堂等。書店や出版社、薬局などに多いイメージです。

堂の意味は、辞書によると「多くの人を入れる建物」という意味が1番目ですが、「屋号のつける語」という説明になっていない項目もありました。

どういった意味を持たせて堂をつけるのかは、わかりませんが、「ただの建物ならジュンク建物でも良いけど、語呂合わせが悪いので同じ意味の堂にしてみた。」というノリなのかもしれません。

後、屋号に「商店」をつけるのも古くからの定番ですが、あえて、IT系企業が英語のかっこいい名前ではなくて「商店」をつけると差別化できそうです。ネットショップも昔は電脳商店と呼ばれていた時代もありました。

他には、館や亭、軒、家、庵、舎、所、本舗、百貨店、工房などがつく屋号もよく見かけます。最近知ったサイトにサンプル百貨店というのがありました。上手いネーミングだと思います。「百貨店」には、「いろいろ扱っている」というイメージがあります。

「支店」「本店」を付けるという発想も面白いです。支店がなくても「本店」を名乗れば、支店がありそうな、大きな会社のような印象を受けます。でも、「御社は本店を名乗っていますが、支店があるんですか?」なんて質問がきても面倒ですが。

ちなみに、屋号とは、「商売をするための家の称号」とのことです。家名とも言うそうです。昔は店舗商売が主流で、無店舗ビジネスはあまりなかったことから、「屋」号になったのかもしれません。

※関連
屋号口座が簡単に作れる銀行



Adsense

関連記事

最強の個人事業主

やっぱり個人事業主が一番いい

確定申告は今日までですよ~ A4形式ではなく、無意味に縦に長いの用紙に手書きしていた時代も経験

記事を読む

no image

yahoo! shopping出店申込時に注意すべきポイント

とりあえず無料で出店できるヤフーショッピングを選ぶ人も多いと思います。最近、出店に関わったので、忘れ

記事を読む

KPI

副業で成功する人はKPIを使っているのかもしれない

KPIとは「key performance indicator」の略で、特に企業で多く取り入れられて

記事を読む

必要なもの

副業のネットショップ起業に必要なもの

最小単位は(1)商材と(2)銀行口座です。一応、これだけあれば、ネット販売ができます。 で

記事を読む

10ページ以内

10ページ以内のネットショップを作りたい

ネット販売を始める場合、ASPを使うのが当たり前になりました。 でも、「商品1点だけ。ページ数

記事を読む

HP業者選び危険

HP作成業者を使うのが危険な理由

珍しく「ネット販売 個人起業 雑貨 HP作成業者 おすすめ」という5ワードによる訪問。 「雑貨

記事を読む

no image

失敗するなら最速で

“面白法人”カヤック社長の柳沢大輔氏の名言です。 なるほど!と思いますね。 アプリ系やウ

記事を読む

仕入れたい商品

BALMUDA(バルミューダ)デザインを仕入れたい!

これは仕入れたい! キーワードを見ているといろいろな発見があってオモシロイですね~ さて、バ

記事を読む

売れない理由

ショップサーブ売れない3つの理由

ほぼ定番になった「ショップサーブ 売れない」 「ショップサーブに出店しているが売れない。」

記事を読む

メイクショップとショップサーブ比較

今さらメイクショップとショップサーブを比較してみた

「隣の芝生は青い。」ってことわざがありますよね。 英語で言えば、The grass is

記事を読む

Adsense

Adsense

ランディングページ
ランディングページの重要な7つのポイントをわかりやすく

ランディングページを作るたびに、「参考になるサイトはないか?」と探して

プレスリリース
なぜ、このプレスリリースはそこまで難解なのか

ショップサーブで本店ネットショップを運営しているじゃないですか。たまに

AIDMAの法則
消費者の購買決定プロセスAIDMAの法則の例

消費者が商品を購入するまでの心理を5つのステップに分けたのがAIDMA

顧客ランクは3つで良い
顧客ランクって3つくらいでいいんじゃないの?

ショップサーブの顧客ランク設定を見て思ったんですが、ランク無し

シェアの逆転
シェアの逆転

今、ネットショップ運営者にとってブラウザと言えば、Chromeが定番じ

→もっと見る

PAGE TOP ↑