*

EC CUBEの使い道をイメージしてみた

公開日: : 最終更新日:2016/07/20 ネットショップの作り方, 基礎知識やノウハウ

ショップサーブを使えば簡単にネットショップが作れて運営できる。

確かにそうです。

わかってはいるんです。

でも、あまりに簡単すぎて物足りなく感じて、ついつい手間のかかるオープンソースのEC CUBEなんかを、いじって遊ぼうなんて考えてしまいます。車で例えるなら、オートマ車が物足りなくてマニュアル車に乗る感じですかね。運転してる感、操作している感を味わいたい、みたいな。(でも、目的達成はオートマのほうが断然楽w)

さくらのレンタルサーバに引っ越しして、容量も100ギガに増えたことだし、「EC CUBEでもインストールしてみようかな?」という感じです。

ただ、そんな余裕はないので、どんな使い方があるかな?という空想だけ。

で、EC CUBEのサイトを見て発見したのが、ドロップシッピングサイト用に使うというアイデア。

なるほどね!

某ドロップシッピング・サイト(M)から商品データのファイルを一括ダウンロードすれば、一瞬にして通販サイトが完成。後は、カートボタンだけ、某ドロップシッピングサイトへ渡すように変更すれば、取扱商品数千点のネットショップは数時間でオープン!

「EC CUBEのせっかくのショッピングカートを使わない」という使い方が、なかなかオシャレです。

ただ、ひとつ気になったのは、商品ページの動的URLです。

/products/detail.php?product_id=12345678

これを、mod_rewriteをhtaccessファイルに記載すれば、静的URLに変換できますね。

/products/id-12345678/

という感じに。

テンプレートを探すのに苦労しそうですが、うまく行けば、SEO的にもいい感じになるかもしれません。

※参考
http://support.sakura.ad.jp/manual/rs/web/mod_rewrite.html

Adsense

関連記事

価格の表示方法

商品毎に価格の表示方法を変えたい

ネットショッピングをしていて色々な価格表示がありますよね。今回遭遇したのは、「衝撃価格」という表示。

記事を読む

ネッシー

やっぱネーミングは「ネッシー」ですよね~

少し前にお知らせメールが来て気になってました。 株式会社ディー・エヌ・エーが運営する、BtoB

記事を読む

個人で始めるのが基本

ネットショップは個人で始めるのが普通

「ネットショップは企業がやっている?」と思っている人も多いようです。 違いますよ~~~

記事を読む

現状維持

恐るべし「現状維持の法則」

打ち合わせでランチに行ったとき、おもしろいメニューがたくさんあって「食べたことのないものを食べよう。

記事を読む

セレクトショップ開業

リアル(実店舗)のセレクトショップ開業方法について

リアルのビジネスを始めようと思ったとき、誰もが、まずはネットで情報収集すると思います。ところが、

記事を読む

no image

取り残される人、波に乗れる人

VHSビデオテ-プとかカセットテープとか、はたまた、ガラケーやFAXとか。すでに役目を(ほぼ)終えた

記事を読む

エクセルでグラフ

エクセルで日付別注文件数の統計グラフを作る方法

ネットショップをやっているとエクセルを使うことは滅多にないんですが、それでもCSVファイルを使う関係

記事を読む

高い利益率

驚愕!こんなに高い利益率だとは!

シリーズものの本16冊ほどを古本市場へ持って行き買い取りしてもらうことに。番号札を渡されて、待つ間、

記事を読む

サブドメイン

サブドメインの移転とネームサーバの関係

サブドメインとは親ドメインに対する「子ドメイン」のような感じ。苗字が親ドメインで名前部分が「サブ」。

記事を読む

動画の時代

ショップう運営者のスキル・・・その8

ここ数年は動画の流れがきてますよね。幸い、動画にして活きてくるような商品を扱っていないので、動画関係

記事を読む

Adsense

Adsense

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

読みたくなる
つい読みたくなる、クリックしたくなるタイトルの作り方

捨てメアドの整理をしていたらキャッチコピー系のメルマガが気になってつい

→もっと見る

PAGE TOP ↑