*

Eストアーの集客代行を1年間使ってみた結果や感想

公開日: : 最終更新日:2018/01/29 ショップサーブ, ネットショップ運営, マーケティング

Eストアー広告運用代行
ショップサーブネットショップを運営中ですが、リスティング広告の運用が正直面倒になってきたんです。昔は、クリック単価も安く「出すだけ」で、気絶するほどの大量集客ができていたのですが、今では、システムも高度になり、成約率を上げるためにあれこれしないと結果が出ない時代になったのが理由です。

とにかく楽をして儲けたい!

そんな怠けたい一心で、Googleにも認められたEストアーの集客代行、つまりは、アドワーズ、リスティング広告運用の代行を依頼することになりました。

自分でやってると、1件の注文を取るための獲得単価が7,000円にも、ときには1万円にもなっていたのですが、そこはプロに任せると、獲得単価500円や1000円くらいまで圧縮できるのではないか?と目論んだわけです。

依頼後はEストアー担当者と打ち合わせをします。相手は、広告のプロですが、こちらが販売する商品については全くの素人なので、どういった商品なのか、また、これまでの広告運用について説明します。

運用代行を開始すると同時に、自社で作っていたアカウントの広告をすべて停止します。Eストアーの持っているアカウントでの運用が始まるわけです。

自社の広告アカウントのクリック数や成約率(CVR)の確認はリアルタイムにできるのですが、今回は他社のアカウントのため詳細なデータを確認することはできません。

その代わり、1ヶ月毎にメールでレポートが送らてきます。

例えば、こんな感じです。

運用結果レポート

■広告費:3,428,212円
■売 上:5,603,248円
■費用対効果:163%(*1)
■成約数:538件
■獲得単価:6,372円(*2)

広告費:約340万円を投じて、広告経由で約560万円を売り上げを作ったという結果です。

一見、売り上げより広告費が少ないので良い結果のように見えるかもしれませんが、そこで結果を判断しては行けないんですね。

注目するところは、なんたって【獲得単価】です。ある商品1つを売り上げるために、どれだけ費用がかかったかという数字です。

この例の場合は、獲得単価「6,300円」です。売り上げを成約数で割ると、1件あたりの注文額は「10,400円」です。

つまり、商品A「10,400円」を売り上げるために6,300円を使ったということです。

価格「10,400円」の商品の仕入額を「5,000円」とすると利益は「5,400円」です。

商品Aが売れると利益が「5,400円」なのに対し広告費を「6,300円」使ったわけです。

ということは、5,400-6,300=△900

広告を出して商品を販売するたびに900円の赤字を出していたことになります。

そうです。

まったく広告の意味をなしていないんですね。

まったく、おバカな結果となってしまいました。

これがリピート商材で利益を作っているビジネスモデルの場合は、初回の注文が赤字なのはいたって当たり前なんですが、残念なことにリピート商材ではないんです(泣)。結果、集客代行は解約することになりました。

ただ、これは「Eストアーの代行が悪い」というわけではないですよ。それなりのスキルを持った広告運用のプロがやってくれるので商品によっては非常に良い結果が出ることもあります。今回は商品がリスティング広告に、「もはや」適していなかったことを再確認してしまったに過ぎないということです。

依頼する前には、まずは自分で運用してみると良いです。そして、今の時代「広告だけで成約を取る」というのは非常に難しくなっています。成約率は広告の(リンク)先のランデングページ(LP)の出来不出来によって大きく左右されます。

などなど、Eストアーに対しての要望としては、「ランディングページの指導」も含めて、広告から成約までの流れを総合的にコンサルティングする仕組みがあったほうが良いかも?と思いました。

また、毎月の成果レポートを眺めながら、「いつになったら獲得単価を理想的な数字まで持っていってくれるの?」という思いもあったので、「御社の商品は今後広告を続けても厳しいかもしれません。」とか、「あと3ヶ月まってくれたら獲得単価を半額まで下げることができるかもしれません。」的な報告もあれば良いと思いました。

やめ時がわかりませんからね~。

ご参考まで。



Adsense

関連記事

カートバック

ブラウザの右下に「カートへ戻る」のリンクボタンを常時表示させる方法

yahoo! shoppingや楽天にあってショップサーブにないもの。 それは、右下に常時表示

記事を読む

no image

利益が出すぎた。節税どうすれば良い?

今年もやってきました。確定申告です。 日々の記帳を怠っていたツケに頭を悩ませる時期です。毎年の

記事を読む

またのご利用

注文キャンセルメール テンプレート

昨日の客としてキャンセルのメールを書くのとは逆で、キャンセルを受理したときのお店側のテンプレート文例

記事を読む

ヴィレバン

Village Vanguardがクリエーター(ハンドメイド作家)を募集中

たまたまビレバンのオンラインストアを見ていたら、クリエーターを募集していました。クリエーターはハンド

記事を読む

カラーミーで開店

改善を重ねる大手のウェブページのデザインが参考になる

カラーミーショップをたまに覗くと、ウェブサイトのデザインがガラリと変わっていたりします。今のデザイン

記事を読む

ドミノ・ピザ

ドミノ・ピザのUSPが消えていた

ドミノ・ピザのチラシが入ってました。dominoと言えば、あの有名なUSP(ユニーク・セリング・プロ

記事を読む

efax

簡単に注文数を増やす方法

実店舗を運営している人は、脳みそが実店舗運営系(悪い意味ではない)になっているんですね。ネット販売も

記事を読む

領収書発行について

銀行振込やクレジットカード決済後の領収書発行について

結論から言うと、銀行振込やカード決済での買い物は領収を発行してもらわなくてもOK。 と思うよ・

記事を読む

夏商材、夏商戦

イベントカレンダーをチェックして夏に売れる商材の準備をしよう

6月と言えば梅雨。梅雨に売れる商材は、傘やカッパに始まり除湿機などもありそうです。それくらいしか

記事を読む

AIDMAの法則

消費者の購買決定プロセスAIDMAの法則の例

消費者が商品を購入するまでの心理を5つのステップに分けたのがAIDMAの法則です。ネットショップ運営

記事を読む

Adsense

Adsense

プレスリリース
なぜ、このプレスリリースはそこまで難解なのか

ショップサーブで本店ネットショップを運営しているじゃないですか。たまに

AIDMAの法則
消費者の購買決定プロセスAIDMAの法則の例

消費者が商品を購入するまでの心理を5つのステップに分けたのがAIDMA

顧客ランクは3つで良い
顧客ランクって3つくらいでいいんじゃないの?

ショップサーブの顧客ランク設定を見て思ったんですが、ランク無し

シェアの逆転
シェアの逆転

今、ネットショップ運営者にとってブラウザと言えば、Chromeが定番じ

タイムマネジメント
今こそ、受験生から副業希望のビジネスマン、OLまでタイムマネジメントを

前回の記事「副業で成功する人はKPIを使っているのかもしれない

→もっと見る

PAGE TOP ↑