*

FOBとCIFの違いはこの説明がわかりやすいんじゃない?

公開日: : 最終更新日:2017/01/11 ネットショップの仕入れ , ,

ネットショッピングをしたことがない人はいないと思いますが、その時に出てくる「送料無料」あるいは「送料1000円」等。

「送料無料だよ」がCIF

「送料負担してね」がFOB

ですね。簡単に説明すると。

貿易の勉強用におぼえるならCIFを「コスト(C)は私側(I)が含み(F)ます。」で、FOB「船代(F)はオマエ(O)の番(B)だ。」としておけばよろしいかと思います。今考えました。嘘っぱちの語呂合わせなのでご注意ください。混同しがちな用語は、まずは、無理やりこじつけると覚えやすいと思います。

ちなみに、CIFは正確には「cost, insurance(保険) and freight」、FOBは「free on board」の略です。

国内の輸送も、実は「保険(insurance)」がかかっています。でも、ネット販売の国内輸送において、「運送中のトラックがダイブして荷物が破壊されてしまった。」とか、そういったトラブルが起きることはめったにないですから保険を気にすることがないですからね。

ちなみに、個人輸入の場合はCIFだのC&FだのFOBはあまり出てこないです。海外サイトからポチッとすれば、国内のネットショピングと同じ感覚で購入することができます。

ただし、関税がかかる場合もあるので注意が必要です。例えば、「海外サイトで革靴が安く売っていたので購入してみた。」といった場合です。革靴は30%の関税です。総額10万円買って喜んだのもつかの間。3万円の税金がかかって商売にならなかった・・・という感じです。

海外と国内との価格差を狙ったビジネスもありますが、普通に見つけられる価格差は商売にならないですね。誰も手をつけていないのは、「関税を考慮すると商売にならないから?」ということも疑ってみましょう。


Adsense

関連記事

福岡で仕入れ

九州福岡周辺で仕入れを検討中の方へ

明日6月10日は福岡ギフトショーですよ~ ギフトショーは招待制なので、本来は飛び込みで入れない

記事を読む

no image

回転寿しレーンから寿司が消える(問屋の生きる道?)

16時頃に回転寿しチェーンに入ったところ、全く寿司が回っておらず、びっくりしました。うそです。びっく

記事を読む

no image

あらためてネットショップのメリット7つとデメリット

2016年、ネットが普及し始めて20年以上です。ほぼ20年以上ネット販売をしているってのも変な感じも

記事を読む

カウントダウン

勝てる仕入れはメールを使うな

今どき何でもメールで済むと思っている人が多いようです。確かに、メールは便利で、ショップを運営している

記事を読む

100均で仕入れ

100均で仕入れて利益を乗せて売っても良いのか?

「ネットオークションで300円の商品を落札したところ、裏にダイ◯ーのシールが貼ってあった。100円の

記事を読む

取引条件

よく見る普通の仕入れ取引条件について

たまたま、オンライン仕入れのスーパーデリバリーに出店している企業のページに行き着きました。そのページ

記事を読む

裏ワザ・裏事情

裏ワザ?ネットショップのお仕事裏の事情

海外から商品が入ってくる以前に、その商品を海外で見つけるというステップがあります。海外にも色んな商品

記事を読む

欠品率

27万点の中からドル箱アイテムを探そう

トップセラー(Top Seller)の商品数が27万点を突破したそうです。27万円はわかりますが、2

記事を読む

利益率

利益率は高ければ高いほどいい

「仕入れがいくら」「掛け率がいくら」など、結局のところ、ショップ運営者、あるいは仕入れ担当者が知りた

記事を読む

DVD販売

dena仕入れ儲からない?

「dena 仕入れ 儲からない」というキーワードでご訪問。 「denaでの仕入れが全部儲からな

記事を読む

Adsense

Adsense

TPPに注目
TPP協定発効でネット販売市場はさらに伸びるか

「もう、ネット販売は儲からない。」「モノ余りでモノは売れない。

ニッポンの社訓はすごい
ニッポンの社訓はすごい!から8社

30分の時間つぶしのために、いつものコンビニの雑誌コーナー。さっと見渡

クレカ必須
ネットショップ運営者にクレジットカードは必須である2つの理由

現金主義の人も多いですが、ネットショップをやるとなれば、そのポリシ

消費者直送を嫌がるメーカー・消費者直送をすべきメーカー

個人宅への直送を嫌がるメーカーが口をそろえて言うのが「トラブルが嫌

勘違い
かっこいいと思っていたデザインは実は最悪だった

サイト開設時から使っていたブログ(今放置)のレイアウト・デザインですが

→もっと見る

PAGE TOP ↑