*

日記を書くだけで100%稼げるネット副業

公開日: : 最終更新日:2016/12/04 ネットビジネス, マーケティング, 起業や開業

このタイトルで何のことかすぐに分かる人はわかるけど、わからない人はわからない・・・そんな副業をちょっぴり楽しんでいます。

ブログを立ち上げて最初の記事でいきなりお金になることは、まずないです。でも、この副業だと書いたその記事がいきなりお金になっちゃいます。

ただし、あなたが書いたその日記は、最終的にあなたのものではなく他人の所有物になってしまいます。つまり、著作権を放棄して日記という作品を販売してしまうのです。

つまり、人から「記事を書いて下さい。」という依頼を受けて書いた記事を販売する方法です。

そんな副業を楽しむには、まず、Lancersというサイトに登録します。そして、日記買い取りの募集を探します。例えば、こんな募集があります。

内容は何でも可!ブログ用の日記300文字以上

300文字以上なら内容は何でも良いんです。「今の政治について私の思うところを主張したい。」「ラーメン食いにいったらチャーシューが腐敗してて、翌日はすごい下痢のため丸一日トイレで過ごした。」「あるニュースに腹がたったので、やげ食いして5kg太った。」など。知的な日記から、くだらない内容まで。採用されればすぐに現金をゲットできます。

ただし、このような日記の買い取り単価は非常に安いです。300文字で30円とかです。ですから、もし1時間かけて300文字の日記を書くと時給30円で働いたことになるので仕事として考えてしまうとストレスになる可能性が高いですね。

タイピングが早ければ早いほど割のいい副業になるので、スピードを追求しながら書くと、タイピングの練習にもなっちゃいます。さらに、誤字脱字が多く読めない文章だと買い取りを拒否される場合があるので、少なくとも「誰が読んでも内容がわかる文章」を書く必要があります。そういったことも意識しながら書くので、文章作成能力をつけるの練習にもなります。

この副業は(1)タイピングの練習や(2)頭の中の考えや思いを文章にする練習をしながら(3)小遣いが稼げるのですから一石三鳥です。考え方の順番だけは間違えないよう気をつけたいですね。「お金を稼ぐために日記を書いて練習する」と考えると苦しくなります。



Adsense

関連記事

アイデア

アイデアはすぐにドメインを取って形にしておく

ネットビジネス後発組は、SEOのスキルがないと検索上位への道はなかなか厳しいです。そこで、逆転の発想

記事を読む

ハミングバード

ハミングバードを知らないあなたは・・・

「ハミングバード」と聞いて「何それ?」というあなたは相当遅れています。本日学んだ専門用語、英語で言う

記事を読む

ネットショップで使える販売心理学

ネットショップで稼ぐ方法簡単なんですが・・・

今やネットショップだらけで簡単に儲かるような状況ではないです。でも、開店前にキーワードを調べ、競合店

記事を読む

ポイントサイト

ポイントサイトを使って副業という選択もあるのか

ネットはもちろん、雑誌等でも副業の選択肢としてよく紹介されているのがポイントサイト。仕組みがよくわか

記事を読む

売却

譲渡目的でECサイト(ネットショップ含む)を作る件

「ネットショップ、あるいは、ブログやアフィリサイトなど、収益を生むサイトを作ってそれを売却する」とい

記事を読む

LPO

プロとしてLP(ランディングページ)の制作を請け負うなら

「LP作成の仕事を取ったのだが、クライアントは『送信フォームも埋め込んで欲しい』と言う。これは、PH

記事を読む

売れる商材

商材をネットショップに卸す方法

「売れる商材があるのだが、ネットショップを中心に卸をしたい」という場合。 これ、なかなか難しい

記事を読む

匿名で

ネットショップを匿名で始める方法

FACEBOOKに顔も本名も出して平気な人もいれば、顔写真も本名もネットに公表したくない人もいます。

記事を読む

コンサルタント

コンサルタントも資格不要で即日開業できる

ネット販売の場合、たいていの商品の販売には資格不要。早い場合は即日開業ですが、それでも商品データや写

記事を読む

テクニック

やられてしまった・・・実店舗雑貨店のずる賢い販売テクニック

「たまにはリアルの「モノ」を見なければ」と思って駅ナカの雑貨店でウロウロしていました。ちょうど赤のボ

記事を読む

Adsense

Adsense

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

屋号2つ以上
屋号を2つ以上使い分けても良いのか?

開業届け書には、屋号を書く箇所はひとつだけです。税務署に対しては屋号は

→もっと見る

PAGE TOP ↑