*

副業する理由は3つ

公開日: : 最終更新日:2017/03/25 日記, 起業や開業

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです。乾いたタオル同様の脳で1分間熟考しましたが3つしか思いつきません。他にあれば教えてください。
m(_ _)m

(1)もっと収入が欲しい(WANTS)
(2)追加収入が必要(NEEDS)
(3)その他(OTHER)

1.追加収入が欲しい

例えば、「今の会社給料少ない。多少頑張ったところで昇給は知れている。小遣いでは足りない。遊ぶために副業で追加収入が欲しい。」と言った感じでしょう。当面、追加収入が無くても行きていけるし、「今すぐ副業しなくても困ることはない。」というパターンです。

2.追加収入が必要

「借金の返済がある」とか「急に子供学費が必要になった。」など、本人の「欲しい気持ち」というよりは、外部環境による必要性を発端としたNEEDS(ニーズ)といったところです。「ただ、欲しい。」よりは、差し迫る必要性からの副業です。

3.その他

これは実際の話なんですが、「本業を持っているけど、ちょっと興味があるので”それ”をやってみた。結果、本業より収入が上回ってしまった。気持ち的には趣味だが、追加収入があるのでとりあえず続けとくか。」というケースです。中・高校生が、儲かったら面白そうだから「youtubeで稼いでみよう。」的なノリに近いです。

まとめ

ホリエモンが「みんなは起業にビビりすぎ」と言ったように、副業程度でビビってる場合じゃないでしょう。会社はあなたを単なるコストとしか見てないです。「あなたの代わりはいくらでもいる。」って思ってるんです。無駄に忠誠心や従順さを持っても報われることはないですよ~

「副業がバレてクビ」・・・あなたは会社に必要なかった。
「副業がバレて処遇改善」・・・あなたは会社に必要だった。

それだけのことじゃないでしょうか。

そこを割り切れるかどうか。



Adsense

関連記事

ルミーズ配布終了

ルミーズ・ショッピングカートCGI配布終了

http://www.remise.jp/news/20141015.htm フリーショッピン

記事を読む

わからない

ヤフーショップの構築方法がわからない

「ヤフーに出店したけど構築方法がわからない。」という人が激増中です。 出店審査にパスす

記事を読む

ネットショップで使える販売心理学

ネットショップで稼ぐ方法簡単なんですが・・・

今やネットショップだらけで簡単に儲かるような状況ではないです。でも、開店前にキーワードを調べ、競合店

記事を読む

プレジデント

会社を思って働く社員は100人中7人!?

最近、雑誌がおもしろくて、しばしば立ち読みします。 今回はプレジデント。 大学の教授をは

記事を読む

no image

ネットショップの選び方(独学派か学校派か)

ネットショップ開業サービスを選ぶ際の基準について・・・ 何か新しいことを始めるとき、「自力でで

記事を読む

売却

譲渡目的でECサイト(ネットショップ含む)を作る件

「ネットショップ、あるいは、ブログやアフィリサイトなど、収益を生むサイトを作ってそれを売却する」とい

記事を読む

5つの真実

2018年ネットショップ起業5つの真実

新年ですから、やる気満々の人も多いでしょう。周りではネットではなくて実業で起業した人もいます。その勢

記事を読む

スマホショッピング元年

ネットショップ元年は2017年だった!?

「ネットショップを開業したいけど商品や、何を仕入れたらわからない。」「商材はあるけどライバル

記事を読む

商標登録

商標権についてちょっと学んでみた

商標権とは英語では「the trademark right」といいますが、法律的に、商標とは「商売(

記事を読む

アパレル・ファッションの定番仕入れ方法

ファッション系の仕入れは展示会が基本だと思います。直近では、国際アパレルEXPOが2016年11

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑