*

恐るべし「現状維持の法則」

公開日: : 最終更新日:2017/09/15 基礎知識やノウハウ, 販売心理学

打ち合わせでランチに行ったとき、おもしろいメニューがたくさんあって「食べたことのないものを食べよう。」と思ったら、取引先さんは冒険しない派。いつも、知っているメニューしか頼まないそうです。「失敗したくないから。」とか。いろいろな人がいるもんです。

で、思ったのが、これは現状維持の法則ではないかということです。現状維持の法則とは、人は良くも悪くも現状を維持したがる傾向にあるということです。おもしろいのは、「良くも悪くも」という点です。悪い方へ変化するのを嫌がるのは当たり前ですが、現状よりも良い方へ変化するのも嫌がるんですね。

思い返してみれば、口では「今の悪い状況を変えたい。」と言いつつも、何ら変化のための行動を取らない人ってたくさんいます。自分自身も「売り上げが落ちてきたネットショップをなんとかしたい。」と思っていて、売り上げを上げる方法はいろいろ知っているのに、どれもやらない。

口では「立て直したい。」と言いつつも放置しているのは、客観的に見れば、売り上げが落ちて閉店に向かっているのを、まるで楽しみにしているかのようです。言っていることと、やっていることが一致していないんですね~。困った話です・・・

ちなみに、この売り上げの落ちているお店の立て直し策は、(1)ランディングページの作成、(2)レスポンシブ・ウェブ・デザイン化です。

(1)ランディングページの作成

ランディングページは、たまたまやってきた訪問者も含め、できるだけ多くのユーザーを逃すことなく購入に結びつけるための「特別なページ」です。特別なページなんで、文字通り「特に」「別で」作る必要があります。

そもそも、「なぜランディングページを作らないといけないか?」というと、「そのページ」の訪問者の訪問キーワードに対して、ページの内容の一致率が低いからです。

例えば、「フランス製タオル」と検索してやってくる人が非常に多いはんb内ページがあります。確かに、そのページではフランス製タオルを販売していますが、フランス製タオル以外の情報も並べていて、見つけるのに時間がかかるという問題があります。

改善方法としては2つあります。そのページを(1)丸々フランス製タオルページにしてしまう。(2)特別ページへのバナーを貼るです。SEOを考えると、どちらでも良いとは思いますが、気持ち的に(2)です。

(2)レスポンシブ・ウェブ・デザイン化

レスポンシブ・ウェブ・デザインは、ウェブサイトがパソコンにもスマホにも、タブレットにも最適な状態で表示できるデザインのことです。古くにネットショップを立ち上げたお店は、パソコンだけ」を想定したデザインになっていることがあります。これを、他の端末でもストレスなく見られるように変更するということです。

というのも、ついに、スマホでウェブサイトを見ている人の割合がパソコンで見る人の割合を超えてしまったんです。これまで、超えるか超えないか微妙な状態が続いていましたがついに追い越しちゃいました。これはお店によって違いますが、当店では、パソコン47%。スマホ(タブレット含む)53%です。

レスポンシブ化していないってことは、極端な話、100人中53人の見込み客を捨てているのと同じことですから、早急にスマホ対応ページに変更するか、別途スマホやタブレット用のページを用意しないと行けないわけです。

ところが、ショップサーブで出しているネットショップなら、すぐにスマホ用ページが作れるのに、この期に及んで自作ページです。

ということは、自分で一からデザイン(自作)するか、あるいは、「サーバーを替える」という作業が発生してしまいます。もっと早くにショップサーブに移行しておけば、こんな悩みもなかったのに・・・と言いながら、現状維持の法則のとおり行動が取れておりません。このようなダメ人間にならないよう現状維持の法則を脱しましょう。



Adsense

関連記事

ハッシュタグとは

ハッシュダグとは

SNSが盛んになっているにもかかわらず、あまり活用していないのもあって「ハッシュタグ」の意味がいまひ

記事を読む

仕入れメール

仕入れをお願いするビジネスメールの書き方

仕入れをお願いするこをと正式には「新規取引のお願い」と言います。だからと言って、ビジネス文章の文例な

記事を読む

リスクヘッジ

今さら誰も教えてくれないネットショップのリスクヘッジ

リスクとは「危険」のこと。 そして、ヘッジとは「避ける」こと。 ネットショップをやってく上で

記事を読む

差し込み印刷(サムネイル)

ダイレクトメール(DM)はWORDの差し込み印で

ワードを使い始めて何年でしょう。 「差し込み印刷」という機能を初めて知りました。 こんな

記事を読む

わからない

ヤフーショップの構築方法がわからない

「ヤフーに出店したけど構築方法がわからない。」という人が激増中です。 出店審査にパスす

記事を読む

キーボードがおかしくなった

Windows10で新規ユーザーを作ったらキーボードがおかしくなった場合の対処法

もともとWindow7のマシンで、Windows10にアップグレードしました。評判通りかなりストレス

記事を読む

小学生も稼いでいる

小学生、中学生、高校生もネットで稼ぐ時代

「youtubeの閲覧ユーザーは小学生が多い。」とはよく聞きますが。さらに、youtubeに動画

記事を読む

park.jp

集客方法がわからない、広告宣伝費もあまり出せない。

今回はこの質問。 集客方法わからい&広告費もだせないのだが。 同社の回答は次の通り。

記事を読む

うなる

優れたキャッチコピーにうなる

ランディングページを作る必要があって調べ物をしていたら、すばらしいキャッチコピーに出会ったので紹介し

記事を読む

no image

マイナンバーで口座情報は税務署にだだ漏れ?

2015年の法改正で、2018年から預金者が任意で自分の銀行口座にマイナンバーを付けられるようになっ

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑