*

銀行に関して不思議なことが2つ

公開日: : 最終更新日:2016/06/22 ネットショップ運営, 日記, 経理と会計と税金

毎月25日に見る銀行ATMコーナーでの行列。

1つ目の不思議です。

もちろん、どういったイキサツでそこに並んでいるか知ってます。並ばなくて済む便利で簡単な方法もあるけど、それを知っていても、あえて並ぶ人たちもいる、というのもわかってます。

2つ目は、ネットバンキングで「定額自動入金」の機能を備えている銀行が、個人的に知る範囲では、たったの1行しかないということ。住信SBIだけ。普通の都市銀行をメインに使っていますが、やめてこっちにしようと思います。

以前から、「技術的に難しいのか?」「銀行にとって何か不都合があるのか?」と不思議に思っていましたが、技術的にも実現できているし、ユーザーにとっては便利な機能なので、きっとお忘れなのでしょう。

今使っている銀行は、どこも振込予約はできますが、3ヶ月先とか無理なんですよね。10日先とかがマックス。なぜなんでしょう。残高が不足していた場合の処理とかでしょうか。

たしかに、残高不足で「振り込めませんでした。」なんてメールが銀行から届いても見ていない人もいるし、かと言って電話を使うと人件費がかかってしまうので、「振り込めてないじゃないか!?」とか「何で知らせないんだ!?」といった、トラブルを想定しているのでしょうか。

屋号口座で持っている楽天銀行も使いにくいことはないのですが、ログインが面倒すぎて、毎回指がプルプル、目はチカチカで大騒ぎです。定期的にパスワードも強制的に変えさせられます。もう、微笑ましったらありゃしない。

信金や地銀系のネットバンキングも使っていますが、必要最低限の機能だけ満たしていて、デザインやユーザービリティーは旧式です。ま、これは資本の問題でしょう。大手はたっぷりつぎ込めますが、地銀などは仕方ないのでしょう。

Adsense

関連記事

no image

ステマは倫理観の問題

たまたま同業者のサイトを見た時、レビューのひとつが、明らかに自作自演でした。一般ユーザーが知る由もな

記事を読む

見積もり

見積もり基本の業界が狙い目

あるサービスを検討していてネット検索するわけですが、すべての業者が「まずはお見積り」形式。サイトを見

記事を読む

base

ネットショップを運営して嬉しいこと楽しいことは?

嬉しい楽しいといった感じ方は人によって感じ方が違うと思うけど、最初の注文は、誰にとっても特別じゃない

記事を読む

利回り

利回りを比較すると、やっぱりネット販売

「ポケモンGOで任天堂の株価が乱高下。」 「2015年7月に1ドル123円だったのが、2016年7

記事を読む

no image

長時間作業に集中したい時にはクラシック

「この3時間で、ショップサーブの商品ページの作り込みと、ブログを2つ書いておきたい。」と気合を入れた

記事を読む

疲れるマルチタスク

マルチタスクは効率が良いのか悪いのか?

マルチタスクとは「ながら」でいろいろ作業すること。 ネットショップを運営している人は、商談など

記事を読む

せどり

見えないけどこんなネットビジネスをやってる人もいる

「せどり」と言えば、一般的には、本やCD、DVD、ゲームソフトなどの中古品の価格差を利用して儲けるビ

記事を読む

google

Googleが電化製品市場に参入する可能性

Googleは既にChromebookというパソコンやスマートフォン&タブレットのNexusシリーズ

記事を読む

トップセラー

最大の悩みは集客。それを解決する方法はこれ。

このネタを公開して良いものか・・・ 読んでわかる方のみご活用くださいw 新規参入ネットシ

記事を読む

マイナンバー

マイナンバーの封筒を開けて学ぶ

仕事はもちろんのこと、物事には優先順位というやつがあって、好きな人からのLINEは真っ先に返す。そし

記事を読む

Adsense

Adsense

呪縛からの開放
無料当たり前という固定観念の呪縛かの開放

ネットショップを開業している人にとっては、当たり前のASP(通販システ

グランプリ受賞
ネットショップ大賞2016グランプリ受賞を逃す

すみません。別にノミネートされていたわけでも、声がかかったわけでも

仕事にやる気は必要か
「仕事にやる気って必要ですか?」って相談と回答を読んでみた

読売ONLINEの発言小町のとあるトピックにヒット。 「仕事

生き延びる裏ワザ
メーカーが生き残るために裏ワザ的に使える便利なWEBサービス

ネットショップでは、メーカー品をメーカーから仕入れて販売しているわけで

コンビニ経営
「セブン-イレブンで年商2億」の広告のLP

関係無くても年商2億と見るとついクリックしてしまった先は、セブンイレブ

→もっと見る

PAGE TOP ↑