*

銀行に関して不思議なことが2つ

公開日: : 最終更新日:2016/06/22 ネットショップ運営, 日記, 経理と会計と税金

毎月25日に見る銀行ATMコーナーでの行列。

1つ目の不思議です。

もちろん、どういったイキサツでそこに並んでいるか知ってます。並ばなくて済む便利で簡単な方法もあるけど、それを知っていても、あえて並ぶ人たちもいる、というのもわかってます。

2つ目は、ネットバンキングで「定額自動入金」の機能を備えている銀行が、個人的に知る範囲では、たったの1行しかないということ。住信SBIだけ。普通の都市銀行をメインに使っていますが、やめてこっちにしようと思います。

以前から、「技術的に難しいのか?」「銀行にとって何か不都合があるのか?」と不思議に思っていましたが、技術的にも実現できているし、ユーザーにとっては便利な機能なので、きっとお忘れなのでしょう。

今使っている銀行は、どこも振込予約はできますが、3ヶ月先とか無理なんですよね。10日先とかがマックス。なぜなんでしょう。残高が不足していた場合の処理とかでしょうか。

たしかに、残高不足で「振り込めませんでした。」なんてメールが銀行から届いても見ていない人もいるし、かと言って電話を使うと人件費がかかってしまうので、「振り込めてないじゃないか!?」とか「何で知らせないんだ!?」といった、トラブルを想定しているのでしょうか。

屋号口座で持っている楽天銀行も使いにくいことはないのですが、ログインが面倒すぎて、毎回指がプルプル、目はチカチカで大騒ぎです。定期的にパスワードも強制的に変えさせられます。もう、微笑ましったらありゃしない。

信金や地銀系のネットバンキングも使っていますが、必要最低限の機能だけ満たしていて、デザインやユーザービリティーは旧式です。ま、これは資本の問題でしょう。大手はたっぷりつぎ込めますが、地銀などは仕方ないのでしょう。

Adsense

関連記事

在庫を持たない

在庫を持つ、在庫を持たない、仕入れの塩梅

某モールからの出店者向けメルマガ。 「売上アップのためには在庫を切らさないようにしましょう。」

記事を読む

アンケート

アンケートに答えたらサービスがよくなった

アンケート(enquête)はフランス語で、英語ではSurvey、questionnaireと言うら

記事を読む

楽しようぜ

衝撃!パソコン自動操縦!操作を記憶して再生する無料ソフト

給料少なすぎ! 会社ブラックすぎ! 体力ついていけないし! 楽して儲けた~い!

記事を読む

ホームページ

ホームページを作れませんが開店できますか?

ショップサーブのQ&Aを見ていて見つけた質問。もっとも多いはずなのに載せていなかった・・・ 確

記事を読む

予約システム

予約システムCGI、PHPあったので設置してみた

「スマホ対応の予約システムCGIってないよな~」と思っていたら普通にありました。CGIではなくてPH

記事を読む

売れてるお店

売れているお店は何が違うのか研究

売れているお店は何かが違う。その何かを探るため、過去にネットショップ大賞に選ばれた、各カテゴリー1位

記事を読む

no image

在庫を切らさないようにするには?

言い換えると「欠品を起こさない方法」。「在庫があったら売れるたのに・・・」という「売り逃し」のことを

記事を読む

リスクヘッジ

今さら誰も教えてくれないネットショップのリスクヘッジ

リスクとは「危険」のこと。 そして、ヘッジとは「避ける」こと。 ネットショップをやってく上で

記事を読む

ゆうちょ銀行

IDやパスワードの管理方法

ずいぶんと前の話ですが、ゆうちょ銀行にトークン登場。勝手に送りつけられて困ってます。一応置いてます。

記事を読む

好き嫌い

買うか買わないか、好きか?嫌いか?が基準

普段、友人などとの会話で、話題になっても良さそうですが、意外にそういった話題が出ないのが、この話。

記事を読む

Adsense

Adsense

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

屋号2つ以上
屋号を2つ以上使い分けても良いのか?

開業届け書には、屋号を書く箇所はひとつだけです。税務署に対しては屋号は

→もっと見る

PAGE TOP ↑