*

純国産ホームページ作成サービス「goope(グーペ)」を使ってみたネット業界人としての感想

公開日: : 最終更新日:2017/08/03 ウェブ・テクニック, ネットビジネス, 基礎知識やノウハウ

ネットショップ一筋20年、ネットショップの企画、構築、運営がメインなので、普通のホームページを作る機会は殆どありません。自社のホームページはWordpressを使って作っていますが見る人はほとんどいないので放置です。

でも、美容室やエステ、学習塾やパソコン塾など、リアル主体のビジネスは今でもホームページは絶対に必要ですし、しっかり力を入れて作らないといけないのは昔から変わっていません。

ただ、「ホームページを作る」というとき、これまではソフトを使ったり、Wordpressを使ったりするのが主流でした。でも、これは相当得意でないとできないんですね。だから業者に依頼して作ることが多かったわけです。

2分で基本形完成

ところが、ここへきて、猿でもかんたんにホームページが作れるサービスが出てきました。と言っても、今回紹介するこんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」がスタートしたのは2009年です。当時とは使い勝手は大幅に変わっています。わずか2分で基本形が出来上がってしまいます。

とりあえず、基本情報(店名や住所、電話番号)を入力してポチッとすれば次のような画面ができあがります。このような簡単ステップでHPが作成できる仕組みを設計するのは骨の折れる作業です。ユーザーとしてはかんたんにできますがプログラマーは苦労しています。

Goope

 

絶対に外してはいけないポイント2つ

今回は、「塾でも開業してみよう。」というエアプランで進めてみました。レイアウトは基本的でデザインもシンプルです。(デザインは後から変更可能)

で、玄人としてまずチェックするのは、「スマホに対応しているか?」という点です。専門用語で言えば、「レスポンシブ・ウェブデザインになっているのか?」ということです。パソコンページを作ったうえに、「スマホページまで別で作らないといけない」なんて無駄をさせるようなサービスは利用価値ゼロです。

さっそくアドレスをiPhoneに打ち込んで開いてみました。

goope

ちゃんと、自動的にスマホでも最適に見られるようになっていました。「ですよね~~~」天下のペパボ(運営会社)が、スマホ非対応なんて、トヨタが新車を発売したけど「アクセル付け忘れた」みたいなものですから?ね。

とりあず、ここは絶対におさえておきたい最大ポイントはクリアです。

もうひとつはデザインです。「シンプルでおしゃれなデザイン。」これが今の主流です。テンプレート全部をチェックしましたが、問題なくクリアです。表面的な部分はすべてクリアできているかと思います。

操作系はどうなのか?

専門用語ではUI(ユーザー・インターフェース)と言いますが、要はホームページを作っていくための画面上の操作系全般です。管理画面は次の画像のとおりです。

goope2

話はちょっとそれますが、この無料ホームページ作成サービスのこんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」。個人的にはネーミングが非常に優れていると思います。ロゴのデザインと言い、「初心者向け」「かんたんさ」さが感じられます。

それなのに!!管理画面トップで「独自ドメイン」や「使用容量」などの専門用語の表示はちょっと首を傾げますね。デジタルが苦手な人には「難しそう」を感じさせてしまうので、このようなネット得意人向けの情報は「下部に隠してしまうほうが良いのでは?」と思いました。

でも、SEO設定やアクセス解析などは下部のほうに小さいリンクがあるに留まっています。そういったことを考えると、独自ドメインや使用容量の表示は苦渋の決断なのかもしれません。(なわけない!?)ナビゲーションの変更や画像の入れ替えなど、使い勝手(ユーザビリティー)は非常に良いのはさすがです。

結論

結論としては、デザインや見せ方に強いこだわりがなく、「最低限の情報を発信できれば良い。」そして、どちらかというと、デジタル系のことが苦手な人には95点の評価でおすすめできます。イラストレーターやデザイナーなど、こだわりが強く、ネットに強い人はWixのほうがおすすめです。

goope(グーペ)は初心者を強く意識しているので、画面上の専門用語に、猿でもジジイでも、即わか解説をポップアップでつけると100点に近づくかと思います。その辺ツメが甘いかも。

専門用語としては、例えば「ナビゲーション」「独自ドメイン」「コンテンツ」「フリーページ」「スライドショー」「MB(メガバイト)」などですね。情報発信側として1年以上もネットを利用していたら、これらの専門用語は「ひらがな」レベルの初歩的な言葉ですが、カタカナ用語が苦手な人が使おうとすると、知らない専門用語を見ただけで一瞬で萎えてしまいますから。

あと、サンプルで使っている写真のクオリティーを上げると、作成が楽しくなるし、いろいろとイメージしやすいと思います。写真のクオリティーはWixのほうが一枚上手です。たかがサンプル、されどサンプルです。



Adsense

関連記事

逮捕

うまい話はない。知らないうちに犯罪の共犯者にならないように注意。

今日はこれ。なんと、外国から偽ブランドを販売する手助けをした日本人が逮捕されてしまったというケース。

記事を読む

売却

譲渡目的でECサイト(ネットショップ含む)を作る件

「ネットショップ、あるいは、ブログやアフィリサイトなど、収益を生むサイトを作ってそれを売却する」とい

記事を読む

提灯記事

記事広告と提灯記事とステルスマーケティング

またひとつ言葉を学習。 「提灯(ちょうちん)記事」 ちょっと古めかしい言葉ですがステルス

記事を読む

サイト廃止も想定してサーバーを選ぶ

「ネットショップ向け写真撮影の代行をやっています。よろしければご紹介ください。」的なメールをたまたま

記事を読む

クラウドワークスで仕事依頼中

仕事依頼をかけたわけですが、まず、入力フォームがもたついて、いきなりいらいら・・・とりあえず、メモ帳

記事を読む

スタッフ採用

スタッフ採用時に注意しなければいけないこと

アメリカの著名なアナリストが、iPhoneでお馴染みのアップル社の経営陣を「無能だから交代すべき」と

記事を読む

ネットショップ運営

中小企業のネット販売運営に向いているサービス

「ネット販売を始めたい」という相談を受けたときは、迷わずショップサーブをすすめています。 理由

記事を読む

動画埋め込み

yahoo! shoppingの商品ページにyoutube動画を埋め込む方法

結論から申しますと、yahoo! shoppingのトップページや商品ページに、「無料」で動画を埋め

記事を読む

無料音声読み上げソフト

老眼や目の疲れが気になるショップ運営者のための超便利な読み上げ無料ソフト

ショップ運営者の日々の情報収集活動において、読むというのは基本中の基本です。しかしながら、30代後半

記事を読む

ビンテージ・グッズ

海外でゴミになるようなモノが日本では商品になる転用の発想

文化の違いで、アメリカやイタリア、フランスではゴミとして捨てられているようなモノが、「日本では商

記事を読む

Adsense

Adsense

アプリスキル
アプリ開発の技術くれ

S-chop(スコップ)というアプリをご存知でしょうか。 『スマ

呪縛からの開放
無料当たり前という固定観念の呪縛かの開放

ネットショップを開業している人にとっては、当たり前のASP(通販システ

グランプリ受賞
ネットショップ大賞2016グランプリ受賞を逃す

すみません。別にノミネートされていたわけでも、声がかかったわけでも

仕事にやる気は必要か
「仕事にやる気って必要ですか?」って相談と回答を読んでみた

読売ONLINEの発言小町のとあるトピックにヒット。 「仕事

生き延びる裏ワザ
メーカーが生き残るために裏ワザ的に使える便利なWEBサービス

ネットショップでは、メーカー品をメーカーから仕入れて販売しているわけで

→もっと見る

PAGE TOP ↑