*

居酒屋開業とネットショップ開業を比較してみた

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 起業や開業

「居酒屋を始めたい!」という場合2つ方法がありそうです。

(A)自分が料理人になる(料理のプロ)
(B)料理人を雇う

(A)すでに修行を積んでいる場合は、資金があればすぐに始められますが、料理の経験がなければ修行からです。例えば、「5年後に独立するぞ!」という意気込みのもと、5年間の計画を立てて準備を進めます。いざ開店したときは、「料理人」兼「オーナー経営者」です。

(B)資金+料理人がそろえばすぐに居酒屋を始められます。このとき、お店を始めるあなたは「オーナー経営者」という立場になります。フランチャイズに加入してもオーナー経営者です。

少なくとも、どちらのパターンを選びたいのかはっきりさせる必要があります。

さて、「ネットショップを始めたい!」という場合は、どうなるか。

(A)自分が販売人になる(販売のプロ)
(B)販売業の人を雇う

居酒屋の場合は「オーナーが料理人」というもの多いし、「料理人を雇ってオーナー」もたくさんいますが、ネット販売の場合は(B)のパターンは少ないです(※1)。自分が販売業をする人になるパターンが9割以上じゃないでしょうか。

じゃ、販売業のプロ、しかも、ネット販売のプロになるには、具体的にどんな修行をすれば良いのでしょうか。

流れを比較してみました。

料理のプロ  ネット販売のプロ
1 素材を仕入れる 商品を仕入れる
2 料理を作る 販売ページに載せる
3 客を呼ぶ 集客する
4 注文をもらう 注文をもらう
5 料理を持っていく 代金を頂く
6 代金を頂く 商品を送る
7 見送る フォローメールを送る
8 顧客化する 顧客化する

分解して比較してみると、居酒屋開業もネットショップの開業もほぼ同じです。

「何を仕入れるか」は販売者の腕にかかってますし、「仕入れた商品をどのようにウェブ上で表現(料理)するのか」も腕の見せ所です。

ただし、注意しないといけない決定的な違いがあります。実店舗の場合は、いわば「立地」という集客(店舗家賃)を買っているので、ネット販売ほど集客の重要性は高くないです。

でも、ネット販売は、店舗家賃が限りなくゼロです。つまり、集客は0円でスタートしていることになります。ですから、そこにある程度お金をかけないと、「無人島にお店を作ってみた。」のと同じことになります。

※1ネットショップでも「金だけ出して」運営を任せてしまうケースもあります。運営代行業です。アパレルでもよく見られますが、販売専門の企業にスタッフの採用から店舗運営、販売まで丸々任せてしまうケースです。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

フリーランスの自己ブランディング

超キケン「自己ブランディング」なしのフリーランス起業

その投稿が命取り たまたま周りにフリーランスの人が何人かいます。フリーランスとは、個人で活躍してい

記事を読む

no image

大学生も正直な商品説明を

新卒さんの集団を見かけました。おそらく、どこかの会社の入社説明かか何かの出席したあとの帰りなのかもし

記事を読む

知識は金なり

今どき無知のネット開業は最悪

さほど能力があるわけでもないのに、さほど、人望があるわけでもないのに、たまたま急成長している業界で働

記事を読む

地銀の屋号口座

地方銀行や第二地方銀行で屋号口座は作れるの?

信金とまでいかないまでも、三井住友や東京三菱UFJ銀行などの都市銀以外で、割りとメジャーな銀行ってあ

記事を読む

未来問屋

未来問屋に登録して市場調査してみた

ネット卸の未来問屋に登録。 内緒ですが、「欲しいブランド品、仕入れられるかなぁ~」と思ったのが

記事を読む

会社DM

株式会社を作るとアメックスからDMが届く

「株式会社を作ったらアメックスからダイレクトメールが届いた。」 へぇ~ それは聞いたこと

記事を読む

no image

配偶者控除廃止だ!?副業でネットショップをやろう

「今の税金でやりくりできないからって、また増税か?」と憤慨されている方も多いかもしれませんね。ま、政

記事を読む

仕入れたい商品

BALMUDA(バルミューダ)デザインを仕入れたい!

これは仕入れたい! キーワードを見ているといろいろな発見があってオモシロイですね~ さて、バ

記事を読む

開業7

ネット販売開始時に押さえておきたい7つのツールやサービス

ネット販売業は自営業というよりは自由業に近いですね。小説家や漫画家、脚本家や翻訳家など、時間的場所的

記事を読む

クレカ必須

ネットショップ運営者にクレジットカードは必須である2つの理由

現金主義の人も多いですが、ネットショップをやるとなれば、そのポリシーは捨てたほうが良いかもしれま

記事を読む

Adsense

Adsense

TPPに注目
TPP協定発効でネット販売市場はさらに伸びるか

「もう、ネット販売は儲からない。」「モノ余りでモノは売れない。

ニッポンの社訓はすごい
ニッポンの社訓はすごい!から8社

30分の時間つぶしのために、いつものコンビニの雑誌コーナー。さっと見渡

クレカ必須
ネットショップ運営者にクレジットカードは必須である2つの理由

現金主義の人も多いですが、ネットショップをやるとなれば、そのポリシ

消費者直送を嫌がるメーカー・消費者直送をすべきメーカー

個人宅への直送を嫌がるメーカーが口をそろえて言うのが「トラブルが嫌

勘違い
かっこいいと思っていたデザインは実は最悪だった

サイト開設時から使っていたブログ(今放置)のレイアウト・デザインですが

→もっと見る

PAGE TOP ↑