*

インク代、トナー代を節約する方法

公開日: : 最終更新日:2017/05/07 ネットショップ運営

インク節約
インク代ってバカにならないんですよね~。プリンタ本体は安いのに、「消耗するインク代はバカ高い」というビジネス。そーいう儲かる商売をしたい・・・という話ではなく、インク代の節約。

解決策は3つ。

(1)印刷物を減らす
(2)自社印刷から印刷屋印刷へ
(3)印刷用紙を小さくする

(1)印刷物を減らす

まずは、「不要なものを印刷していないか」、現在、印刷しているものを見直す必要があります。それが本当にお客様にとって必要か、あるいは、その印刷はお客様、お店にメリットがあるか。など。

(2)自社印刷から印刷屋印刷へ

お客様毎に内容の異なる納品書は印刷屋に頼めませんが、お客様すべてに同じ内容の印刷物を入れる場合は、いちいち自社で印刷していては時間もお金も無駄です「返品や交換について」といった同梱書類は印刷屋に印刷してもらいます。

(3)印刷用紙を小さくする

アマゾンの納品書が、ある時期からA5サイズになりました。これは、印刷コストの削減でしょうか。A4からA5ですから単純に二分の1です。インク代も50%になると考えても差し支えないのではないでしょうか。

究極は、「自社印刷をやめる(完全ペーパーレス化)」です。家電のネット販売店では、納品書すら入れていないところもあります。発送連絡メールに「納品書はこちらからダウンロードしてください。」と、必要なお客様にはPDFファイルをダウンロードしてもらう形式です。

零細ショップにとって、出荷時(自社出荷)のピッキングのためのIT化はちょっとコストがかかりそうです。最低限、納品書や出荷伝票の印刷は必要です。

でも、これも、出荷代行を使えば、納品書も出荷伝票の印刷も必要なくなりますが・・・そこまですれば、完全ペーパーレス化の実現です。


Adsense

関連記事

アクセス解析

ネットショップ運営者が押さえるべきアクセス解析8つのポイント

ネットショップを開店して1~2年は毎日のようにアクセス解析を見てました。何人の訪問があったのか、どの

記事を読む

月商30万

月商30万突破講座の内容

ショップサーブの人気?セミナー「月商30万円突破講座」の内容について考えてみた。 受けたことはない

記事を読む

あなたの知らない世界

使わなければ一生知ることのない世界

時速制限のないことで有名なドイツのアウトバーン。そこを日本車(GT-R/日産)で300km以上のスピ

記事を読む

メルカリとネットショップ比較

メルカリとネットショップの比較(何がどう違うのか。)

「物は試し」とメルカリを使って商品を販売してみました。売れるのは売れました。何点か売ってみて、ネット

記事を読む

no image

ダンボールや宅配袋などのオリジナル梱包箱を作る

特殊な形状の商品を扱っていると梱包に困ることもあると思います。ホームセンターや大型事務用品店などに行

記事を読む

メールでバレる

メールでバレるお店のレベル、あなたのレベル

「卸販売してくれますか?」ってひとことメール。 なんですか。それ。 一応、メールには書き

記事を読む

no image

長時間作業に集中したい時にはクラシック

「この3時間で、ショップサーブの商品ページの作り込みと、ブログを2つ書いておきたい。」と気合を入れた

記事を読む

日経便文

日本経済新聞がオモシロイ

紙媒体の購読を辞めてからもう10年以上経つかもれませんが、ちゃんとネットでチェックしています。すべて

記事を読む

no image

ショップ運営に大きく影響を与える人間性

「英語の勉強もかねてたまには英語のサイトを」と思っていたところ、「否定的な人と付き合ってはいけない1

記事を読む

事業用口座

ネットバンクで事業用口座は作れる?

作れますよ~。手っ取り早いのは楽天銀行ですね。屋号の口座が作れる数少ないネットバンクのひとつです(ソ

記事を読む

Adsense

Adsense

ベストセラーから
ベストセラー書籍のタイトルから学ぶ心理学的キャッチコピー

某有名コンサルタントが言うには、モノが売れる理由は「良さそうに見えるか

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

→もっと見る

PAGE TOP ↑