*

イノベーター理論を知って、すっきり。

公開日: : 最終更新日:2015/01/13 ネットビジネス, 基礎知識やノウハウ, 日記

イノベーター理論とは、簡単に言えば、消費者を5つのパターンに分けた考え方です。新商品や新サービスが出たときの、行動別消費者の種類という感じ。

(例)は個人的なイメージ。

1番乗りで購入するのが「イノベーター(革新者)と言われる層。全体の2.5%くらいしかいないそうです。

(例)初期iPhoneが発売されたとき、アップルストアに並んだ人たち。

 

2番乗りで購入するのがアーリーアダプター(初期採用者)。わりと流行に敏感で、かつ、オピニオンリーダー(周りに影響を及ぼす人)になるような人。全体の13.5%くらいだそうです。

(例)良いのはわかっているので、予約なしで買えるようになって買う人。そして自慢。

 

3番乗りは、アーリーマジョリティ(前期追随者)。新しいものには慎重な姿勢をしめす層。全体の34%ほどだそうです。

(例)友人が使っているのを見て、便利なことをしっかり確認して買う人。

 

4番目は、レイトマジョリティ(後期追随者)。新しいものには懐疑的で、広く普及したのを確認してから行動する層。全体の34%。

(例)周りの大半がスマホになったので、泣く泣くスマートフォンに機種変する人。

 

5番目は、ラガード(遅滞者)。保守的で世の中の動きに疎く、一般化してから行動したり、まったく流行に乗らない人。全体の16%。

(例)ガラケーを愛してやまない永遠のガラケー信者。あるいは携帯不携帯者。

 

個人的に、スマートフォンの購入は3番目あたりかな。当時、まったく関心なく、「何を騒いているのか。」なんて思ってました。知ろうともしなかった保守性は反省点です。

スマートフォンは、やや乗り遅れた感じがありますが、ネット・ビジネスでは、できるだけ1番乗り、2番乗りを狙いたいですね。

Adsense

関連記事

amazon22

amazonにはかなわない・・・

これから書店のネットショップを立ち上げる人はまずいないでしょうね。 amazon強すぎです。

記事を読む

no image

新しいアイデアはすぐにドメインを取る

「こんなサイトをやるとウケるかな?」というアイデアが浮かんだので、とりあえずムームードメイン(mum

記事を読む

SKU

運営者の基礎知識「SKU」とは

ネットショップ運営上、昔にくらべ専門用語(テクニカル・ターム)をおぼえいといけない機会が増えてきまし

記事を読む

円グラグサムネイル

2015年のブラウザ利用状況とユーザー端末環境の行方

ショップ運営者としてときどきチェックしたいのが、ユーザー(訪問者)の利用しているブラウザや端末の情報

記事を読む

イギリスの高校

イギリスの高校をヒントに売上アップ

イギリスのハイスクールでは、学生の学習スタイルを3つに分けて教育が行われているそうな。つまり、人の学

記事を読む

ポイントは誰のもの?

ヤフーショッピングのポイント負担、ポイント支払いなどについて

ヤフーショッピングに出店すると、店舗側の意思に関係なく、購入者にはTポイントを差し上げる必要がありま

記事を読む

Tシャツ販売

Tシャツ販売・・・そうは問屋が卸さない(ToT)

ドロップシッピング式のTシャツ販売サイトに、1つだけデザインを登録して2、3年放置していました。売れ

記事を読む

カートボタンの作り方

カートボタン(購入ボタン)の作り方

確かに、ショップサーブのデフォルトのカートボタンはパッとしないですね。「できればオリジナルを作りたい

記事を読む

ネットショップで使える販売心理学

ネットショップで稼ぐ方法簡単なんですが・・・

今やネットショップだらけで簡単に儲かるような状況ではないです。でも、開店前にキーワードを調べ、競合店

記事を読む

記事ライター

ブログ記事ライターの募集がいっぱい

お仕事募集掲示板見るのが楽しいです。 それで気づいたことのひとつが「ライター募集」の多さ。

記事を読む

Adsense

Adsense

初めてのメルカリ
初めてのメルカリショッピングで

ネットショップ運営者とは言え、C業界人ですからね。EC業界のことは広く

ハッシュタグとは
ハッシュダグとは

SNSが盛んになっているにもかかわらず、あまり活用していないのもあって

メルカリ3
メルカリ初心者が学んだ3つのこと

たまに使うメルカリについて学んだことが3つあったので記録しておきます。

商材見っけ
トップセラーで商材見っけ!

仕入れ0.01掛けから7掛けまでの商売をしていると、それ以下の掛け率の

no image
スマホだけでネットショップ運営

「当日は、このメールをプリントしてお持ち下さい。」なんてありますよね。

→もっと見る

PAGE TOP ↑