*

ネット通販の実情を垣間見るならこのサイト

公開日: : 最終更新日:2016/12/25 ネットビジネス, 起業や開業

サイトキャッチャー
モノを販売する物販ながら、一般の人の目に触れることのないネットショップ。実業なのか虚業なのかよくわからない微妙なポジションですが、実は、あるサイトを見ると、その内容を垣間見ることができます。

そのサイト、とは「サイトキャッチャー」

いろいろなウェブサイトの売買ができる「マッチングサイト」というジャンルのサイトです。

例えば、個人事業で始めたネットショップですが、「諸事情で運営することができなくなった。」そこで、閉店する選択もありますが、「売却」するという選択もあるわけです。

具体的には、「マニアックな下着ショップを運営していたが、急に旦那様の長期の海外転勤が決まり、ショップを運営するのは難しくなった。」というようなケースです。

例えば、今見た「ランジェリーショップ」などは、月間の維持費用は3400円ほどで、売上げは35万~85万円です。サイト運営業務内容と時間は、「新入荷商品の掲載  20時間」とかです。

繰り返しますが、月額3500円ほどで、月に20時間働くだけで35~85万円の売上げなんです。利益(手取り)は、おそらく10~30万円はあると思います。そんなサイトが200万円で販売されているわけです。

ま、売却価格の話は置いておいて、「月20時間で10万~30万円のお給料。」

これが多くのネットショップの実情です。もちろん、違う場合もあります。300時間働いて5万円ということもあるでしょう。でも、ネット販売は、基本的に効率が非常に良いのは事実です。

ネット販売をやる醍醐味はここにあります。1000万円儲かるとか1億円儲かるとか、そういう話ではないんですね。「アルバイトやパートで、汗水たらして丸一日働いて、ヘトヘトになってやっと稼げるような金額が1分くらいで稼げてしまう。」そんなことは、別に騒ぐようなことでもない、そんな業界です。


Adsense

関連記事

チケット販売

baseを前売りチケットの販売システムとして使う方法

無料ネットショップの代表BASE株式会社。 物品販売だけではありません。各種チケットの販売ツー

記事を読む

悪い評価

悪い評価をつけられてイラっとする運営者はリテラシーの低い客と同レベル

「○○急便のドライバー対応が悪かった。★☆☆☆☆」 「連絡が遅い。★☆☆☆☆☆」 「届い

記事を読む

ショップサーブ・特殊タグ一覧

ショップサーブ・メール・テンプレート用特殊タグ一覧

メモ記事です。というか、ショップサーブのマニュアルがPDFなんですよね。 これ、まじ使いにくい

記事を読む

スメル

売れる商材もあなたのスメルで台無し

商材を探すため展示会に出かけました。 気になった商品があって話を聞きたくても、担当者のアナタ。

記事を読む

時間の計算

ネット販売を始める前に、時間がいくらあるか計算するのが良い

ネット販売に大量の個人はもちろん、多くの企業も通販事業部などとして参入してきたのは良いのですが、かな

記事を読む

12月1日~BASEユーザーはエスクロー決済が必須

エスクローとは、簡単に言えば決済の仲介です。BASE株式会社がエスクローを始めるということは、決済の

記事を読む

レンタルサーバー

レンタルサーバーを開業したいという人に対して

「レンタルサーバーを開業したいのですが?」という人に対して、どういった返答、あるいは、アドバイスがで

記事を読む

no image

浮気して激しく後悔中

ネットショップの本業をしっかりやっておけばいいのに、浮気症のため他の仕事を取ってみました。浮気場所は

記事を読む

no image

ウェブサイトを更新しないといけない理由(1)

「ホームページを作ったら毎日更新しましょう。」というのが、昔(2000年頃)のアクセスアップの金科玉

記事を読む

個人事業主の名刺

個人事業主、会社代表の名刺の作り方

名刺って営業ツールだと思うんですが、そういうことを考えて作っている人は少ないみたいです。そこで、どう

記事を読む

Adsense

Adsense

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

屋号2つ以上
屋号を2つ以上使い分けても良いのか?

開業届け書には、屋号を書く箇所はひとつだけです。税務署に対しては屋号は

→もっと見る

PAGE TOP ↑