*

世にも恐ろしい個人事業主受難の時代がまもなくやって来るのかも!?

公開日: : 最終更新日:2017/02/05 ショップサーブ

カウントダウン
2017年始まりましたね~

「ネットショップをはじめたいけど・・・」という方で、まだ始めていない人は大損中なぅじゃないでしょうか。

今年こそ始めないと、もう後は無いと思いますよ。

最近、読んだ本に書いてました。

「もう少しお金をためてから。」

「もう少し環境が整ってかから。」

とか、これ、全部、始めない言い訳だって。

たしかに!

自分の中で「動けない」ごもっともな理由は、実は、第三者から見ると、言い訳にすぎない・・。

実に、耳が痛い・・・

「あれをやりたい。」「それをやろう。」と言いながら、「時間がない」とか「金がない」とか言い訳をつけて、本音では「やりたくない。」と言っているわけです。

ですよね~(・・;)

できる人は、あれこれ考える前に「まずやって」いますから。

そこが凡人と非凡の境目でしょう。

確定申告のマイナンバー記入も今年から必須です。税務署も、お金の流れをつかむために、まず、士業関係と家賃関係の支払先のマイナンバー提出を義務付けをはじめました。

例えば、個人事業主のあなたが2015年中に行政書士に仕事を依頼して108,000円を支払った場合、行政書士側では108,000円の売り上げを立てるわけですが、マイナンバーがなかった頃は、行政書士が、その売り上げを54000円と申告しても税務署は確認しようがなかったんです。

また、個人事業主のあなたは、年間でアパートやマンションの家賃を60万円払っているけど、家主側は「540万円の家賃をもらった」と申告しても税務署は調べようがなかったわけです。もちろん、口座を見れば一目瞭然ですが、確定申告でいちいち個人の口座情報を銀行に問い合わせることはしないです。

そこで、支払先のマイナンバーを登録することで、税務署はマイナンバーで申告データ上の紐付けができるので、次のような参照が可能になるわけです。

(例)

■個人事業主のAさんが家主Bさんに60万円の家賃を支払った。

→データ上 A→B=60万の申告(正直に)

■家賃収入のBさんはAさんから40万円と申告

→データ上は B←A=40万円(虚偽)

本来は、当然、「A→B」=「B←A」です。

ところが、マイナンバーで紐付けされると、虚偽の申告をすれば、データから一致しないのが一目瞭然となります。つまり、家賃収入を得ているBさんが収入を過少申告可能性と、Aさんの経費水増しの可能性が一瞬にして疑われるわけです。

今のところ?士業(税理士、弁理士、行政書士、弁護士、会計士)と家賃の支払先のマインバンバーの申告だけになっているようですが、強制ではなく任意となっているようです。「大家にマンナンバーを聞いたけど拒否られた。」場合は、書かなくても良いという、ゆるい制度です。

ま、これが、何年か経つと、士業や家賃の支払先はもちろんのこと、仕入れ先や取引先すべてのマインナンバーの登録が必要になるのかもしれません。そうなると、売り上げや経費のすべてを税務署に正確に把握されるガラス張り時代がくるのかも?という恐ろしい話でした。

ガラス張りは良い意味で使われますが、今回に限り今恐怖のガラス張りです。

そういった意味では、個人事業主は、まだ2、3年は極楽ではないでしょうか。

ほんと、今のうちです。

早ければ早いほどおいしい。

遅くなれば遅くなるほど美味しさは損なわれます。

ネットビジネスと同じです。

早い人は得をし、遅い人は得られない。

おいしい個人事業主の賞味期限のカウントダウンが始まったような気がします。

ネットショップはショップサーブ。個人事業はサイコー(今のところ)。

おすすめ記事
300点仕入れのセレクトショップから始めよう
ネットショップ作成実践講座(カラーミー×トップセラー編)



Adsense

関連記事

格安と何が違う

格安開業サービスとは何が違うのか?

今回は他社との比較について。 ショップサーブと、格安なネットショップ開業サービスでは、何が違う

記事を読む

ブラックリスト

カラーミー ブラックリスト登録方法

注文を受けて商品を出すと必ずトラブルになる。」 そんな客はブラックリストに登録して注文

記事を読む

マネーの虎

ネットショップ大賞2016が発表されていた。。。

毎年恒例のショップサーブのネットショップ大賞2016Spring(春)が発表されていました。一度も受

記事を読む

まとめ割!

まとめ割り機能をうまく使って客単価をアップさせる方法(1)

先月のショップサーブからのニュースレターに、まとめ割をうまく使っているウェディングドレスのネットショ

記事を読む

金科玉条

ネットショップの金科玉条の変遷

ネットショップ開店後の金科玉条(やらばければいけない必須事項)といえば、昔は、やれメルマガを始めろ、

記事を読む

悪い評価

悪い評価をつけられてイラっとする運営者はリテラシーの低い客と同レベル

「○○急便のドライバー対応が悪かった。★☆☆☆☆」 「連絡が遅い。★☆☆☆☆☆」 「届い

記事を読む

api

ショップサーブ:APIが使用可能に!

ショップサーブのAPIを利用できるようにします 10月30日予定 ショップサーブの各種データを

記事を読む

no image

yahoo! shopping出店申込時に注意すべきポイント

とりあえず無料で出店できるヤフーショッピングを選ぶ人も多いと思います。最近、出店に関わったので、忘れ

記事を読む

no image

初心者は安易にワードプレスを使うな

脆弱性(ぜいじゃくせい)の話です。脆弱性とは、簡単にいえば弱点のこと。その弱点をつかれても、軽い痛み

記事を読む

トップセラー

人気ドロップシッピングの通販サイトとトップセラーがコラボ

ドロップシッピングとは、在庫なしでネットショップが運営できる副業としても人気のネットビジネス。仕入れ

記事を読む

Adsense

Adsense

TPPに注目
TPP協定発効でネット販売市場はさらに伸びるか

「もう、ネット販売は儲からない。」「モノ余りでモノは売れない。

ニッポンの社訓はすごい
ニッポンの社訓はすごい!から8社

30分の時間つぶしのために、いつものコンビニの雑誌コーナー。さっと見渡

クレカ必須
ネットショップ運営者にクレジットカードは必須である2つの理由

現金主義の人も多いですが、ネットショップをやるとなれば、そのポリシ

消費者直送を嫌がるメーカー・消費者直送をすべきメーカー

個人宅への直送を嫌がるメーカーが口をそろえて言うのが「トラブルが嫌

勘違い
かっこいいと思っていたデザインは実は最悪だった

サイト開設時から使っていたブログ(今放置)のレイアウト・デザインですが

→もっと見る

PAGE TOP ↑