*

ネット通販受注管理ノウハウ

公開日: : 最終更新日:2015/05/21 ショップサーブ, ネットショップ運営, 基礎知識やノウハウ

ネット通販の受注管理スタイルは大きく分けて3タイプあります。

(1) レンタルネットショップのシステムで管理(ネット上)
(2) 専用受注ソフト(パソコンソフト)
(3) 受注管理専用サービス(ネット上)

(1) ショップサーブなどの、いわゆるASPを借りた場合、受注管理(納品書の印刷等)はもちろん、サイト作成やメルマガなど、ほとんどすべてをブラウザ上から行います。パソコンに頼らないシステムなので、PCをトイレに落としたり、雷でパソコンがクラッシュしても安心です。いつでも、どこからでも受注管理が在庫管理が可能です。恐らく、もっとも低コストな受注管理方法だと思われます。

(2) ネットショップ専用受注ソフトを購入(30万円~数百万円)して、PCにインストールして利用します。数人のスタッフで受注管理を行う場合、それぞれのパソコンのソフトをLANでつないで利用します。仕組みは、受注メールを受信して、メールの内容をデータベース化していきます。ソフト代やメンテナンス料などがかかるので、やや割高ですが、パソコンの性能が良ければ良いほど処理速度も早くなります。

(3) これは(1)と(2)を足したような仕組みです。WEB上に管理ソフトがあって、それを操作するイメージです。例えば、あるサービスでは、商品点数3000点まで、1サイトで月額14000円です。5サイトを管理しようと思えば月額70,000円にも登ります。(1)のレンタル料(月額4800円~)に比べるとかなり高額になります。大手企業など、複数の在宅スタッフによる運営などの場合は最適でしょう。

ちなみに、「月に数件程度の注文・・・・」なんて場合は、メール受信だけ十分対応可能です。メールを元にコピペで納品書や送り状を作成します。超旧式ですが、この程度のことに30万も40万もするソフトはいらないでしょう。

ショップサーブの受注管理画面(注文明細》

受注管理画面

Adsense

関連記事

後払い

ショップサーブ後払いサービス詳細判明!NPと比較

ショップサーブの決済サービスに「後払い(コンビニ、郵便局、銀行)」が追加されました。 そして、気に

記事を読む

ウェブテクニック

ショップオーナーが知っておくと役に立つWEBテクニック

ネットショップを始めるのにHTMLやCSSとかの知識は、とりあえずいらないです。アプリを借りたなら、

記事を読む

新規契約

ネット販売サーバー新規契約者向け最初にやるべき7つの基本作業

ネットショップ向けのサーバーに新規で契約したユーザー(ショップサーブ限定ですが、、)にプレゼントする

記事を読む

Buyee

Buyee売れるよ~ショップサーブ出品自動~

日々いろいろなネットサービスが生まれては消えていくわけですが、最近の傾向としてネットショッピングのボ

記事を読む

no image

ステマは倫理観の問題

たまたま同業者のサイトを見た時、レビューのひとつが、明らかに自作自演でした。一般ユーザーが知る由もな

記事を読む

迷惑電話

ショップオープン時にかかってくる電話はすべてスルー

毎月29日は焼き肉の日。 さて、ネットショップをオープンさせると、じゃんじゃん電話がかかってく

記事を読む

no image

ウェブサイトを更新しないといけない理由(1)

「ホームページを作ったら毎日更新しましょう。」というのが、昔(2000年頃)のアクセスアップの金科玉

記事を読む

売れる商材

商材をネットショップに卸す方法

「売れる商材があるのだが、ネットショップを中心に卸をしたい」という場合。 これ、なかなか難しい

記事を読む

大成功

月商10万円でも利益が出せる仕組みが作れたら大成功!

月商100万とか、月商1000万とかが、単に成功だとは思えないんですよね。一般的には、「成功」とされ

記事を読む

no image

パソコンはなくなったりして

パソコンが不調で困っております。それも、Wi-Fiが繋がらないという致命的な不具合です。ネットワーク

記事を読む

Adsense

Adsense

サテライトサイトの損益分岐点。「存続か閉鎖」の境目考察

細かい話なんですが、事実上廃止のサイトをいくつか持っています。それなり

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

→もっと見る

PAGE TOP ↑