*

長年使ってやっと分かったショップサーブの価値

公開日: : 最終更新日:2017/05/17 ショップサーブ, ネットショップ運営

Eストアーリピート
「ネットショップを開業するにはホームページを制作しないといけないのか?」というレベルの人もいれば、ショップサーブを借りれば、すぐにお店を始められることを知っている人まで、いろいろですね。

ショップサーブを長年使っていますが、どうしても悪い点に目が行って、不満たらたらになりがちですが、本腰入れてショップ運営をしようと思ったときに、必要とする機能が、こっそり用意されていることに気づきました。

そのひとつが定期購入です。

ネットショップを繁盛させる最大の最大のポイントは顧客化。つまり、リピートです。繰り返し買ってもらってナンボです。一回ポッキリのお客様はありがたいのはありがたいですが、続かなければ安定経営が難しいのです。

定期購入システムはオプションで月額4900円ほどです。この金額をめちゃくちゃ安いと感じる人はかなりのベテランだと思います。わからない方は、まだその域に達していないので、無理する必要はないです。

もうひとつは、Eストアー(ショップサーブを提供している企業名)集客代行です。リスティング広告を使った集客のお世話をしてくれます。初期費用3万円程度、広告費を月額最低20万円から用意する必要があります。

実は、Eストアーのリスティング広告を扱うスキルレベルは国内でトップクラスです。

リスティング広告を外注するという発想はほとんどないと思いますが、リスティング広告ってスキルのレベルによって、成約率(CVR)や注文獲得単価(CPO)がかなり違ってきます。

例えば、「5,000円かけて、ようやく1人の顧客をゲットしている。」といった状況から「500円で1人獲得できる」といった、広告費用のコスト削減スキルなどです。

定期購入やリスティング広告は、リアルビジネスとは決定的に違うEC独特の考えです。リアルビジネスで、いくら成功していても、EC独自のやり方を理解して使えなければ、EC業界ではやっていきませんね。

話はそれてしまいましたが、「安く気軽にネットショップ」も良いですが、最終的には物足りなくなります。ショップサーブ以外を使っていて満足していればそれで良いですが、「何か物足りないなぁ・・・」と感じたらビッグ・チャンスです。

ショップサーブに乗り換えましょう。


Adsense

関連記事

メルカリ3

メルカリ初心者が学んだ3つのこと

たまに使うメルカリについて学んだことが3つあったので記録しておきます。 いいねの意味が違う 不要

記事を読む

改善希望

管理画面のユーザリビリティーの向上を

Eストアー(ショップサーブ)に要望! 昔から思っていたこと。誰も指摘していないのか?それとも、

記事を読む

no image

まとめ割キタ!(Eストアーお知らせ)

Eストアーのお知らせ いま読みました。 「3足で1,000円!」(1足なら400)

記事を読む

クロネコ便コンパクト

ちっちゃい荷物が当店から遅れます。受け取れます。

ファミリーマート(主要株主:伊藤忠商事30.65%)で「なかなか良いキャッチフレーズ」と思ったけど、

記事を読む

no image

オリジナルプリントを入れたダンボールや宅配袋の効果

昔々、それは、まだショッピングカートCGIなどを使っていた時代に、佐川のドライバー君が近所でネット販

記事を読む

no image

在庫を切らさないようにするには?

言い換えると「欠品を起こさない方法」。「在庫があったら売れるたのに・・・」という「売り逃し」のことを

記事を読む

ライバルで飽和?

ライバルが多く飽和状態?勝ち目はあるの?

今回は2つの質問をまとめてチョイス。 今から参入しても飽和状態ではありませんか? 売りたい商

記事を読む

鉄則1

ネットショップ成功の鉄則その1「まだ誰も切り取っていない専門店」

とても基本的なことですが、2017年に向けて復習を。 成功の鉄則その1・・・専門店化

記事を読む

大成功

月商10万円でも利益が出せる仕組みが作れたら大成功!

月商100万とか、月商1000万とかが、単に成功だとは思えないんですよね。一般的には、「成功」とされ

記事を読む

ヤフー難しい?

ヤフーショッピング 店舗開設は難しいか?

複数ワードではなく、質問型キーワードでご訪問。 ヤフーショッピングにはトータルで5、6年出店し

記事を読む

Adsense

Adsense

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

読みたくなる
つい読みたくなる、クリックしたくなるタイトルの作り方

捨てメアドの整理をしていたらキャッチコピー系のメルマガが気になってつい

→もっと見る

PAGE TOP ↑