*

かっこいいと思っていたデザインは実は最悪だった

公開日: : 最終更新日:2017/02/16 ウェブ・テクニック, ネットショップ運営, 売上アップの方法

サイト開設時から使っていたブログ(今放置)のレイアウト・デザインですが、当時は「かっこいい。」と思っていたんです。SEOも相性が良いということで、そのデザインにしていたのですが、「かっこいい」と思っていたのは自分だけという悲しい結果を知ることになります。

これが旧ブログのデザインです。

かっこいい

文字だらけリンクだらけです。一見、内容が充実してそうですが、こんなに読む箇所が多く、リンクの箇所が多いと嫌になります。というか、訪問者はじっくり読もうとしないんですよね。1秒も経たないうちに何処かへ行ってしまいます。

訪問者は、「このページに必要としている情報がない」と瞬間的に判断してしまいます。本当は、とんでもなく良いことを書いていたとしても、です。ま、いい情報を逃す訪問者も残念ですが、引き止められない運営者も残念です。

やはり、キーワードで来た訪問者には、できるだけ長い時間滞在して欲しいし、ネットショップの場合は、商品を買ってもらいたい。でも、その目的を、自分で遠ざけていたわけです。その認識がなかったというのが痛いですね。「かっこいい」と思って着ていた服が実は「ダサい」と気づいたときの恥ずかしさと同じです。

さて、これを改善するのは簡単でした。

「キーワードで来た人に最適なページにしてしまう。」ということです。

余計なリンクや文字はすべて削除です。ただ、内容量が少なくなりすぎると検索結果の変動が気になるので、ある程度のコンテンツ量は残しておきます。メリハリをつけて、訪問客を誘導できるようにしました。その結果、直帰率(訪問者がすぐにどこかへ行ってしまう率)は劇的に改善されました。

ちなみに、商品や内容が多すぎて結局は選べなくなる心理を心理学で「決定回避の法則」と言います。トップページに「売れ筋ランキングトップ5」や「おすすめ商品」などをチョイスして表示させるのも、数ある商品の中からお客様が選びやすくするためのテクニックのひとつです。


Adsense

関連記事

日経便文

日本経済新聞がオモシロイ

紙媒体の購読を辞めてからもう10年以上経つかもれませんが、ちゃんとネットでチェックしています。すべて

記事を読む

no image

初心者は安易にワードプレスを使うな

脆弱性(ぜいじゃくせい)の話です。脆弱性とは、簡単にいえば弱点のこと。その弱点をつかれても、軽い痛み

記事を読む

仕入れはコネ

仕入れはコネ

コネなしでも仕入れはできるけど、コネがあったほうがスムーズですね。同じブランドを扱うお店の店員に口を

記事を読む

メルカリ

メルカリは本当に売れるのか出品してみた

「メルカリが売れる!」と聞けば、やらないわけにはいかないネット販売専業者の性です。 さっそくア

記事を読む

ギフトショー

商材仕入れはギフトショーで

間もなく待ちに待ったギフトショーの季節です。福岡は6月に終わりましたが、最大の東京はまだです。チャン

記事を読む

在庫ない

在庫のない商品を販売するネットショップ

通販ショップで、すぐに欲しい商品を注文したら「品切れ」って。 困った・・・ 消費者として

記事を読む

no image

扱いやすい商材、扱いにくい商材

いくつかの商材を取り扱ってきましたが、最も、扱いにくいと思ったのが賞味期限、消費期限があるものです。

記事を読む

認知的不協和

キャッチコピーや広告文は「えっ!?」と思わせる

何のビジネスの経験もなく、ただ商品を仕入れてアップしておけば、飛ぶように売れた時代が懐かしいです。(

記事を読む

アプリ開発

CGIやPHPアプリ開発前に依頼者が理解、習得しておくべきこと

ネットショップ開業と同じく、一発当てられる可能性を秘めているスマホアプリ、CGIやPHPアプ

記事を読む

確定申告

「確定申告作成や会計はネットから」がスタンダード

パソコンを買い換えると、これからの時期に活躍するあのソフト入ってないんです。会計ソフト。で、ソフトの

記事を読む

Adsense

Adsense

副業をする3つの理由
副業する理由は3つ

副業全盛の時代ですが、副業をする人の理由はまとめると3つになりそうです

とっておきの副業30
とっておきの副業厳選30(プレジデント2017.4.3)

今さらですが、副業したい人多いですよね。したほうが良いと思います。会社

生き残る問屋
問屋が売上げを上げる方法(生き残る唯一の道)

ガラケーがスマホに押されて姿を消しつつあるように、インターネットの

商品数が少ないネットショップの戦略
商品数が少ないネットショップの戦略

商品数が少ないとお店のページ数も少なくなるので、商品数が多い場合に比べ

屋号2つ以上
屋号を2つ以上使い分けても良いのか?

開業届け書には、屋号を書く箇所はひとつだけです。税務署に対しては屋号は

→もっと見る

PAGE TOP ↑