*

検索キーワードはユーザーとの対話

公開日: : 最終更新日:2017/11/29 おもしろキーワード, ショップサーブ

GAのオーガニック検索のキーワードの取得がほとんどできなくなって久しいですが0%ではないんですね。割合で言うと、かろうじて2%ほどは取得できているようです。解析のキーワードが唯一の楽しみというわけではないですが、GAを開いて一番に見ていた個所です。

取得が少なくなったキーワードですが、それなりにおもしろいものがあったのでひとつピックアップしてみます。

通信販売 仕入れ方法

「通信販売」というところに世代臭がプンプンです。「通信販売」という言葉を使う世代は40代以上でしょう。若い世代でもいないことはないと思いますが、親の影響でたまたま古風な言葉を使っているというケースでしょう。

40代、50代、ネット販売をやってみたいと思うけど仕入れってどうやるの?という状況でしょうか。ネット販売はネットショップ・システムを借りれば、誰でも簡単に始められます。そこは皆さんご存知のことです。

ただ、仕入れとなると、昔とはちょっと事情が変わってきています。昔の仕入れと言えば、「問屋やメーカーからモノを買い取る」というスタイルが定番でした。もちろん、今でもそういった仕入れスタイルは定番ですが、これから副業などでモノを仕入れる場合は、選択肢は2つです。

従来型の(A)メーカーや問屋から仕入れるというパターンに加えて、リアルなモノは動かさず、ネット上でエア仕入れ(言葉にはやや語弊がありますが合法です。)をして、エンドユーザーにはメーカーから直送してもらうドロップシッピングというパターンもかなり浸透してきました。

従来型の仕入れを異なるのはモノを触らないという点です。リアルに仕入れる場合は在庫スペースを用意する必要があったり、注文が入れば発送作業をしなければいけなかったりと、何かとリアルに作業が発生していました。

でも、ドロップシッピングのようなメーカー直送式では、あなたがやるべきことは、ネットショップを作って商品を並べて販売。注文が入れば代金を回収したうえで仕入れ先に対して(A)注文商品と(B)配達先を伝える。後はその企業が全部やってくれます。「注文を受けて受注情報をメーカーに送るだけ」です。

これなら、わりと忙しいサラリーマンでも副業としてやっていけますよね。やっぱ楽して儲けてこそネットビジネスですよ。ただ、従来型のドロップシッピングは、顧客情報が取得できるというメリットはあるものの、クレーム対応なども自前でやらなければいけなかったんですよね。

でも、最近は問い合わせやクレーム処理なども安価にがっつり代行してくれるサービスもあるようなので、とことん楽してネットビジネスで小遣いを稼ぎたいかたは、それ系のサービスを使ってみるのも良いと思います。

Adsense

関連記事

no image

クーポンを活用してリピーター獲得大作戦

ショップサーブの便利な「クーポン発行機能」ですが、あまり活用できていないお店さんが多いようです。クー

記事を読む

個人店はやりたい放題

個人店 やりたい放題

おもしろキーワード。 このキーワード、主観ですが、「リアル店舗の個人店は(節税?脱税?)がやり

記事を読む

まとめ割!

まとめ割り機能をうまく使って客単価をアップさせる方法(1)

先月のショップサーブからのニュースレターに、まとめ割をうまく使っているウェディングドレスのネットショ

記事を読む

クリスマス特集

クリスマスセール(キャンペーン)の準備や設定方法

もう気分はクリスマスですね。もちろん、店舗運営者の感覚です。でも、世間でも10月あたりからぼちぼちク

記事を読む

検索達人

「デキル」ネットショップ運営者は検索の達人

「調べりゃすぐにわかることを、調べずもせずに教えてくれ。」という人、いますよね~。ま、そういう人達は

記事を読む

乗り換え

カラーミーからショップサーブへ0円で引っ越し

「長年カラーミーでやってたけど、そろそろもっとスペックの高いショップサーブに乗り換えようかしら?」

記事を読む

アプリスキル

アプリ開発の技術くれ

S-chop(スコップ)というアプリをご存知でしょうか。 『スマートフォンに搭載されているイン

記事を読む

ゲーム

ネットショップはゲーム。みんなビビりすぎ。

ホリエモンが「みんなは起業にビビりすぎ。」と言ったそうです。何かの記事で、見出ししか見てませんが。ネ

記事を読む

カウントダウン

世にも恐ろしい個人事業主受難の時代がまもなくやって来るのかも!?

2017年始まりましたね~ 「ネットショップをはじめたいけど・・・」という方で、まだ始めて

記事を読む

メンテナンスフリー

ショップサーブはメンテナンスフリーだから運営が楽ちん

ショップサーブに引っ越しして何年になるでしょうか。 「ネットショップは自作に限る」という固定観

記事を読む

Adsense

Adsense

貴重なセミナー終わるかも
貴重なセミナー終わっちゃうかもよ~

ショップサーブを運営するEストアーが、ネットショップの新規開業ユーザー

no image
QUESTの法則ランディングページ

ランディングページを作りるにあたり、消費者行動モデルはどれを適用するか

インスタグラムからのネット販売
インスタからのネット販売

「これ欲しい~」とメッセージもらったのがインスタのキャプチャ。ユーザー

オリジナルページ
ショップサーブオリジナルページへのカートボタン他

物忘れがひどくなるのは年齢のせい? たま~にHTMLやCGIをい

ai
問い合わせの傾向から感じる流通の変化

最近問い合わせが増えてるって記事を書いたんですが、実は、もうひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑