*

すべてを失ってなっても忘れてはいけないランディングページ作成7つの重要ポイント

公開日: : 最終更新日:2017/07/11 ウェブ・テクニック, ネットショップの作り方

ここ数年のウェブスキルで、最も重要なのはランディングページ(LP)を設計し作成できるスキルでしょう。高い確率で成約の取れるLPを作れるスキルがあれば確実に食っていけます。「ホームページが作れる(ウェブデザインができる)」程度ではもはや食っていけない世の中です。

今では、LPを作るためのスキルはHTMLとかCSSなどウェブ系の知識は、さほど必要ではなくなってきました。必要なのは、ウェブマーケティングやコピーライティングの知識やスキル、そして売れる文章を作る能力。

というわけで、ランディングページを作るうえで重要な7項目について今一度おさらいしておきましょう。今回、LPを作成上の重要ポイントをわかりやすくまとめてくれているHP作成サービスのWixのブログも参考にしました。

1.リンク元の内容とページの内容が完全一致
2.訪問者の視線をスムーズに誘導できるデザイン
3.魅力的なキャッチコピー
4.訪問者が得られるベネフィット(利益)の強調
5.お客様の声
6.類似の商品やサービスとの差別化
7.アクション用ボタン(申し込みや購入)の設置(CTAボタン)

1.リンク元の内容とページの内容が完全一致

通常、ランディングページはリスティング広告などを通じて集客することが多く、広告の内容とランディングページの内容を一致させるのは必須中の必須です。どういうことかというと、「訳ありサクランボ50%OFF」という広告をクリックすれば、ランディングページは、訳ありサクランボの50%OFFのページである必要があるということです。リンゴのページでもだめ、訳なしの商品ページでもダメということです。

2.訪問者の視線をスムーズに誘導できるデザイン

通常のネットショップの商品ページのデザインとは大きく異なるのがランディングページのデザインです。商品を買ってもらう、あるいは、申込みをしてもらうという1つの目的のために作ります。サイト内の他のページへの移動を極力させず、1ページ内で必要なことをすべて伝え、お客様にアクションを起こしてもらうのが最終目的です。

そのために「お客様の視線をスムーズに誘導できるデザイン」というのも必須です。興味をそそるキャッチコピーに始まり写真、文章などを、お客様の心理に合わせてデザインしていきます。

3.魅力的なキャッチコピー

ランディングページを開いたとき最初に目に飛び込んでくるコピーです。この部分が、わかりやすく魅力的でないと下へ読み進めてくれなくなるので、大きな文字でインパクトのあるキャッチコピーを作ります。文字の量のルールはありませんが、1行から3行くらいで一瞬で理解できることが条件です。

4.訪問者が得られるベネフィット(利益)の強調

魅力的なキャッチコピーで引きつけておいて、さらに訪問者にとってどれだけ利益(ベネフィット)があるか強調します。ベネフィットとはその商品を購入することでお客様が得られるメリットのことです。例えば、ダイエット・サプリメントの場合「3ヶ月分まとめて買うと30%OFF」と言う部分ではなく、「3ヶ月続けるだけでやせられる」という部分です。

5.お客様の声

いくら良い商品だと騒ぎ立てたところで、実際の使用者の声がなければ説得力も半減です。できるなら、お客様の実名、顔写真付きで感想を載せると効果的です。「こんなにすぐに体重が減るとはビックリです!」『スリムになって若々しくなったね。」と言われました!』「今までダイエット続いたことがなかった私が簡単にできました。」など。

お客様の声もただ載せればよいかというとそうではないです。4のベネフィットを別の形で繰り返せるとより理想的です。「早く届きました。ありがとうございました。」とか「まだ開けてませんがいい感じです。」など、中身のない感想は載せないようにします。

6.類似の商品やサービスとの差別化

お客さんは常に迷っているので、類似品や競合品がある場合は、いかに自社の商品が他社のものより優れているかという点を訴求しておく必要もあります。「当店でヘッドフォンをお求め頂けますと(他店は有料のところ)無料で5年間保証いたします。」など。

7.アクション用ボタン(申し込みや購入)の設置(CTAボタン)

さんざん買う気にさせておいて「申し込みボタンがない!」なんてミスをしないよう、大きくわかりやすいボタンを設置します。

Wixでランディング・ページ簡単作成

「LP作成って難しそう。ソフト使わなきゃいけないの?」

ご心配無用です。Wixのシングルページ向けテンプレートを使えば、だれでも簡単3ステップでLP作成ができます。

ステップ1:販売商品やサービスに近いテンプレートを選択します。
ステップ2:サンプルとして登録されているコンテンツを削除します。
ステップ3:オリジナルコンテンツに差し替えていきます。

HTMLやCSSはまったくといっていいほど使いません。必要なのは、WIXのホームページエディタの使い方に慣れるだけ。LINEやインスタなどのアプリの使い方に慣れるのと同じよう感じです。(1)テキストの追加、(2)画像の追加、(3)デザイン(色や背景)の編集機能が使えればOKです。

Wixのシングルページ向けテンプレートをアレンジしてランディングページを作ってみました。元のテンプレートはフレッシュ・ドリンク・テンプレートです。サンプルで配置されていた画像やテキストを削除したり入れ替えたりして20分ほどで作成しました。短時間で作ったのでシンプルですがWixの機能をフル活用すればもっと高度に仕上げていくことができます。

Adsense

関連記事

年齢層

ネット開業に興味のある年齢層は?

Google Analyticsで訪問者の年齢分析をONにしてみました。どういった仕組みで年齢を解析

記事を読む

送料無料

「送料無料」・・・無料なのはお客さんだけ(泣)

おもしろランディング・キーワード「ネットショップ 送料無料の送料はどこが払っているのですか?」。昨日

記事を読む

プレスリリース

なぜ、このプレスリリースはそこまで難解なのか

ショップサーブで本店ネットショップを運営しているじゃないですか。たまに、「これから先、Eストアーどこ

記事を読む

バナー作りはプロに

バナー作りはプロに任せて安上がり

ランサーズ(Lancers)でオリジナル・バナーの作成を募集。 こういう手があったのを知らなか

記事を読む

EC CUBE HETEML

EC CUBEを使う場合の注意点(共用SSL)

「EC CUBEを使ってお店を作りたい。お店サイトは独自ドメインで、カード部分は共用SSLを使いたい

記事を読む

シンメトリー効果

デザインはシンメトリー効果を意識する

シンメトリーとは左右対称や上下左右でつり合っていること。ホームページのレイアウトが崩れていると「この

記事を読む

個人で始めるのが基本

ネットショップは個人で始めるのが普通

「ネットショップは企業がやっている?」と思っている人も多いようです。 違いますよ~~~

記事を読む

yahoo! shopping ヘッダーの作成

「ストアデザイン」→「看板」(←ヘッダー画像のこと) 全体の設定で入力したお店ページの幅(9

記事を読む

境目

自作サイトにするか、CMSを使うかの境目のページ数

10年くらい前までは、ネットショップもその他のウェブサイトもホームページ・ビルダーで自作していました

記事を読む

マグカップ

画像検索対策が手薄な店が多いみたい

商品を探すときに画像検索を使う人も多いと思います。でも、その画像検索の結果を見ても、同じような写真ば

記事を読む

Adsense

Adsense

整骨院でハロー効果
整骨院のハロー効果とプラシーボ効果

腰痛で接骨院だか整骨院だかに行ったとき、若いセンセが見てくれて電気治療

タイミング
「ビジネスはタイミングが大事」で失敗した例

商売は「早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。タイミングが大事。」なんて言い

ドロワーメニュー
スマホランディングページに最適なドロワーメニュー

ショップサーブのスマホページにドロワーメニューを取り付けるために大奮闘

儲かりまっせ
ただで仕入れたモノを5万円で売る。

ITの世界は「ボロ儲けできる」というのが垣間見れるサービスが、ショップ

読みたくなる
つい読みたくなる、クリックしたくなるタイトルの作り方

捨てメアドの整理をしていたらキャッチコピー系のメルマガが気になってつい

→もっと見る

PAGE TOP ↑