*

まとめ割り機能をうまく使って客単価をアップさせる方法(1)

公開日: : 最終更新日:2016/10/31 ショップサーブ, 売上アップの方法

先月のショップサーブからのニュースレターに、まとめ割をうまく使っているウェディングドレスのネットショップが紹介されていました。早速、同店を訪問してみたところ「まとめ割」という文字が見当たらず、どのように使っているかわからず、気になっていました。

気になって気になって夜は8時間しか寝られず、ついに、その仕組みを暴いてやろうと、管理画面に突入したのであります。

が、よくわかりません・・・

マニュアルが悪いのか、こちらの頭が悪いのか、わかりませんが、よくわかりません。

奮闘しながら関係箇所をいじくり倒すこと20分。

なんとかわかりました(^。^)/

でも、正直、わかりにくいですが、まとめ割というちょっとテクニカルなワザだけに、システム上は複雑になってしまうのかもしれません。

では、本題です。

まとめ割とは!?

まとめ割り

ショップサーブのまとめ割は3タイプありますが、まずはこれからです。

「3足で1000円。」というお馴染みの割引方法(組み合わせ割引)です。「単品で買うと400円だけど、3足まとめて買うと1200円のところ1000に負けまっせ。」という客単価アップのためのテクニックです。

割引するので、一見、利益率が下がるような気がしますが、そこは「割引になる」と聞くと、つい、まとめて買ってしまうのが庶民の心理です。

本当は一足分400円だけで済むのに、「割引」と聞いて2倍以上の1000円もの大金を落としてくれる模範的なお客様たちを狙った常套手段です。

しくみの理解

このまとめ割ですが、最初は、「まとめ割専用のページを作って、バナーなどから誘導するのかな?」と思ったら、おおむね正解ですが、ちょっと違ってました。

まとめ割商品のカテゴリーページは自動的に作成されますが、ショップページから入れるようにするためには、手動で変更が必要です。ただし、まとめ割引の対象商品がカートに入れられると、商品名の下に誘導用のリンクが自動挿入されます。こりゃスゴイ。

こんな感じ。

まとめ割2

このリンクをクリックすると、自動的に作られたカテゴリーページに飛ばせることができるわけです。

設定方法

まずは、オリジナルの割引パターンを新規で作ります(まずは、どういった割引パターンを作るか考えるところから!)。管理画面は「まとめ割引設定」をクリックして「まとめ割引を新規登録する」を押してパターンを作っていきます。お店オリジナルの割引パターンなので、初期設定は何も入っていません。

上のサンプルパターンは次のように入力しています。数字がおかしなことになっていますが、気にしないでください。

まとめ割3

画像で一目瞭然だとは思いますが、一応説明します。

1.割引名・・・なんでも良いのですが、まとめ割専用商品のパンくずになります。一覧ページのタイトルと揃えるのがSEO的には望ましいでしょう。

2.まとめ割対象商品をカートに入れたときに表示されるアピール文です。11文字あたりで改行されるので11文字以内か、22文字以内ですっきり、わかりやすくしましょう。

3.URLコードは、半角英数字だけ気にしてください。キーワードを入れるのも良いでしょう。

4.今回は、固定価格、つまり、「3足1,000」パターンです。

5.価格は1足、あるいは、2足買ったときよりも利益が多くなるようにしましょう。というか、常識ですね。(2足買ったときの利益と3足かったときの利益が同じだと「1足プレゼント」ということになる!)

まとめ割対象専用ページの設定

まとめ割のパターン設定が終わったなら、「保存して次へ」を押します。

次のページでは、対象商品の一覧が表示させる専用カテゴリーページの設定です。ページそのものは自動的に作られますが、タイトルからキーワード、ヘッダーやフッターまで、ほとんどが編集可能なのでしっかり作り込みましょう。

そんな感じで、他の2パターンについては後日。



Adsense

関連記事

画像検索

商品写真だけの一覧ページを作りたい

店舗内の商品検索は、品名や品番など「テキスト(文字)検索」が基本。 でも、商品数が多いと、テキ

記事を読む

個人事業主の名刺

個人事業主、会社代表の名刺の作り方

名刺って営業ツールだと思うんですが、そういうことを考えて作っている人は少ないみたいです。そこで、どう

記事を読む

マネー

知らずに余計に払わされているお金

入会金ってよくわかりませんよね。スポーツジムの会員募集ポスターが貼ってあって、見ると、「入会金150

記事を読む

カウントダウン

世にも恐ろしい個人事業主受難の時代がまもなくやって来るのかも!?

2017年始まりましたね~ 「ネットショップをはじめたいけど・・・」という方で、まだ始めて

記事を読む

ECコンサルタント

ショップサーブのEストアーがECコンサルタントの求人中

ショップサーブはネットショップ開業に使えるか?でお馴染みのEストアーがECコンサルタントを募集してい

記事を読む

no image

プロスペクト理論ってどうよ

行動経済学というジャンルに「プロスペクト理論」というのがあるんですが、ちょっと疑問というか、すっきり

記事を読む

納品書

ショップサーブの納品書のフォントを明朝体に変更する方法

納品書のフォントの初期設定はゴシック体です。「このフォントを変えたい!」と思っている方もいるでしょう

記事を読む

売れない理由

ショップサーブ売れない3つの理由

ほぼ定番になった「ショップサーブ 売れない」 「ショップサーブに出店しているが売れない。」

記事を読む

検索されてる言葉

ヤフーショッピングで検索されている言葉を知るには?

という検索ワードでの当サイトご来店。 ヤフーショッピングで「腰痛」と検索してみました。すると「

記事を読む

実店舗

実店舗がなかったり小売経験がないのは不利か?

今日のよくある質問はこれ。 ネットショップ開業は、実店舗を持っていたり、小売経験がないと不利で

記事を読む

Adsense

Adsense

ニッポンの社訓はすごい
ニッポンの社訓はすごい!から8社

30分の時間つぶしのために、いつものコンビニの雑誌コーナー。さっと見渡

クレカ必須
ネットショップ運営者にクレジットカードは必須である2つの理由

現金主義の人も多いですが、ネットショップをやるとなれば、そのポリシ

消費者直送を嫌がるメーカー・消費者直送をすべきメーカー

個人宅への直送を嫌がるメーカーが口をそろえて言うのが「トラブルが嫌

勘違い
かっこいいと思っていたデザインは実は最悪だった

サイト開設時から使っていたブログ(今放置)のレイアウト・デザインですが

おてがる通販
おてがる通販を使いたいが評判やWindows10で使えるのか気になる

「おてがる通販」とは、なつかしいひびきですね。「おてがる通販」はネ

→もっと見る

PAGE TOP ↑